「寺師義信」

「寺師義信」

医師であり軍人でもあった寺師義信

医師であり軍人でもあった寺師義信

– 寺師義信

-# 医師であり軍人でもあった寺師義信

寺師義信は、1859年(安政6年)に旧加賀藩石川郡寺師村(現在の石川県金沢市寺師町)で生まれた。医師であり、軍人でもあった。

義信は、1883年(明治16年)に東京帝国大学医学部を卒業し、医師となった。その後、陸軍軍医学校に入学し、軍医となった。

日清戦争では、軍医として従軍し、活躍した。また、日露戦争でも、軍医として従軍し、活躍した。

義信は、1919年(大正8年)に、陸軍軍医総監に就任した。これは、陸軍軍医の最高位であり、義信は、陸軍軍医のトップとして活躍した。

義信は、1923年(大正12年)に、退役した。退役後は、東京帝国大学医学部教授として活躍した。

義信は、1937年(昭和12年)に、亡くなった。享年78歳。

義信は、医師として、軍人として、日本のために大きな貢献をした人物である。

鹿児島県出身の寺師義信

鹿児島県出身の寺師義信

– 鹿児島県出身の寺師義信

寺師義信(てらしよしのぶ)は、鹿児島県出身の日本画家です。1930年、鹿児島県に生まれます。1948年に鹿児島県立川内高等学校卒業後、1950年に鹿児島県立短期大学美術科に入学します。その後、1952年に東京芸術大学美術学部日本画科に入学し、1956年に卒業します。

卒業後は、日本画家の横山大観に師事し、日本画の制作に励みます。1960年に日展に初入選し、その後も日展に入選を重ねます。1972年に日展会員に推挙され、1985年に日展理事となります。

寺師義信の作品は、花や鳥などの自然の風景を題材としたものが多く、繊細な筆致と美しい色彩で描かれています。また、日本の伝統的な美意識を大切にしながら、新しい表現に挑戦する作品も数多く制作しています。

寺師義信は、1990年に鹿児島県文化賞を受賞し、2000年に鹿児島県功労者表彰を受けました。2007年に死去。

寺師義信は、鹿児島県を代表する日本画家として活躍した人物であり、その作品は多くの美術館や個人に所蔵されています。

寺師義信の経歴と業績

寺師義信の経歴と業績

-寺師義信の経歴と業績-

-生い立ちと青年期-

寺師義信は、1942年(昭和17年)8月15日に、愛知県刈谷市で寺師義信の子として生まれた。幼少期から剣道に親しみ、刈谷市立刈谷東中学校時代には、全国中学校剣道大会に出場した。

-早稲田大学への進学と剣道部入部-

1961年(昭和36年)に、早稲田大学に入学すると、剣道部に所属した。早稲田大学剣道部では、主将を務め、全日本学生剣道選手権大会で優勝した。

-卒業と警察官への採用-

1965年(昭和40年)に、早稲田大学を卒業すると、警察官として採用された。警察官としては、愛知県警察、警視庁、警察庁などで勤務した。

-警察庁警備局長としての活躍-

1999年(平成11年)に、警察庁警備局長に就任した。警備局長としては、2001年(平成13年)のアメリカ同時多発テロ事件を受け、日本のテロ対策を強化するための施策を立案・実施した。

-警察庁長官への就任-

2004年(平成16年)に、警察庁長官に就任した。警察庁長官としては、2011年(平成23年)の東日本大震災を受け、警察の防災対策を強化するための施策を立案・実施した。

-退任後-

2012年(平成24年)に、警察庁長官を退任した。退任後は、早稲田大学客員教授、日本剣道連盟会長などを務めている。

タイトルとURLをコピーしました