藤間身加栄 – 昭和時代の医師・平和運動家

藤間身加栄 – 昭和時代の医師・平和運動家

医師としての人生

医師としての人生

-医師としての人生-

藤間身加栄は、1924年に東京で生まれた。1948年に東京慈恵会医科大学を卒業し、医師となった。その後、東京大学医学部で学び、1953年に医学博士号を取得した。

1954年に、藤間は東京慈恵会医科大学の助手を務めた。1958年に、東京医科歯科大学の講師に就任し、1964年に、同大学の助教授に昇進した。1969年に、藤間は東京医科歯科大学の教授に就任した。

藤間は、内科学を専門とし、特に、血液疾患の研究に力を注いだ。藤間は、赤血球の生成と破壊のメカニズムを解明し、貧血の治療法の開発に貢献した。また、藤間は、白血病の治療法の開発にも貢献した。

藤間は、1977年に東京医科歯科大学の学長に就任した。藤間は、学長として、大学の研究活動を促進し、新しい教育プログラムを導入した。藤間は、1981年に東京医科歯科大学の学長を退任した。

藤間は、医師としてだけでなく、平和運動家としても活躍した。藤間は、1954年に、原水爆禁止運動に参加した。藤間は、原水爆禁止運動の全国組織である原水爆禁止日本協議会の委員長を歴任した。藤間は、原水爆禁止運動を通じて、核兵器の廃絶を訴え続けた。

藤間身加栄は、1993年に亡くなった。藤間は、医師として、平和運動家として、大きな功績を残した。

被爆事件や南京大虐殺の視察をきっかけに平和運動を始める

被爆事件や南京大虐殺の視察をきっかけに平和運動を始める

-藤間身加栄 – 昭和時代の医師・平和運動家-

-被爆事件や南京大虐殺の視察をきっかけに平和運動を始める-

昭和時代の医師であり、平和運動家である藤間身加栄は、1891年(明治24年)に京都府で生まれました。京都帝国大学医学部を卒業後、1924年(大正13年)には京都府立医科大学(現京都府立医科大学)の講師に就任しました。

1945年(昭和20年)8月6日、藤間は広島で原爆の被爆に遭いました。被爆後、藤間は広島赤十字病院で被爆者の治療に当たり、その惨状を目の当たりにしました。この経験をきっかけに、藤間は平和運動を始める決意をしました。

1946年(昭和21年)には、藤間は日本医師会平和委員会の委員長に就任し、原爆の被害を訴えるとともに、核兵器廃絶運動に取り組みました。また、藤間は同年、南京大虐殺の視察も行い、その残虐さに衝撃を受けました。

藤間は、平和運動において、核兵器廃絶と南京大虐殺の真実を世界に訴えることを重点的に行いました。藤間は、世界各地で講演を行い、原爆の被害と南京大虐殺の真実を訴えました。また、藤間は、核兵器廃絶を求める署名運動にも取り組むなど、積極的に平和運動に取り組みました。

藤間の平和運動は、国内外で大きな影響を与えました。藤間の運動は、核兵器廃絶と南京大虐殺の真実を世界に広めることに貢献し、平和運動の発展に大きく寄与しました。

藤間は、1978年(昭和53年)に87歳で亡くなりました。藤間の平和運動は、彼の死後も引き継がれ、現在に至るまで続いています。

全日本婦人団体連合会会長や日本女性同盟理事長として活躍

全日本婦人団体連合会会長や日本女性同盟理事長として活躍

全日本婦人団体連合会会長や日本女性同盟理事長として活躍

藤間身加栄は、昭和時代の医師・平和運動家であり、全日本婦人団体連合会会長や日本女性同盟理事長を務め、女性と平和運動に尽力しました。

藤間身加栄は、1894年に長野県で生まれました。父は医師で、母は教師でした。藤間身加栄は、東京女子医学校に入学し、1919年に卒業しました。その後、東京帝国大学医学部に入学し、1925年に卒業しました。

藤間身加栄は、卒業後は、東京大学医学部産婦人科に入局し、助教授を務めました。また、日本医師会や全日本婦人団体連合会などの婦人運動団体にも参加しました。

1937年に日中戦争が勃発すると、藤間身加栄は、反戦運動に参加しました。そして、1941年に太平洋戦争が勃発すると、藤間身加栄は、戦争反対運動を展開しました。

1945年に戦争が終結すると、藤間身加栄は、日本女性同盟の設立に参加し、理事長に就任しました。日本女性同盟は、女性解放運動と平和運動を行う団体であり、藤間身加栄は、そのリーダーとして活躍しました。

藤間身加栄は、1967年に亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました