畔上輝井 – 昭和時代の料亭経営者

畔上輝井 – 昭和時代の料亭経営者

般若苑の女将として

般若苑の女将として

畔上輝井 – 昭和時代の料亭経営者

般若苑の女将として

畔上輝井は、昭和初期の京都を代表する料亭である般若苑の女将として知られています。彼女は、1895年(明治28年)に京都の祇園で芸妓として生まれ、その後、芸妓置屋である般若苑の女将となりました。

般若苑は、祇園の中でも屈指の高級料亭として知られており、政財界や文化人の常連客が多くいました。畔上輝井は、その華やかな容貌と巧みな話術で、政財界の要人や文化人たちの信頼を得て、般若苑を京を代表する料亭に育て上げました。

また、畔上輝井は、祇園の芸妓たちを支援するためにも尽力しました。彼女は、芸妓たちが安心して働ける環境を整え、芸妓たちの教育にも力を入れました。その結果、般若苑は、芸妓の憧れの場所となり、多くの芸妓たちが般若苑を目指すようになりました。

畔上輝井は、昭和20年(1945年)に亡くなりましたが、般若苑はその後も営業を続け、現在でも京都を代表する料亭として知られています。畔上輝井は、般若苑の女将として、祇園の芸妓たちを支援し、京の料亭文化の発展に貢献した人物として、今も語り継がれています。

有田八郎氏との結婚と離婚

有田八郎氏との結婚と離婚

有田八郎氏との結婚と離婚

畔上輝井は、1920年に有田八郎氏と結婚しました。有田八郎氏は、政治家で、衆議院議員を3期務めました。2人は、1922年に娘の畔上静子を授かりました。しかし、1927年に離婚しました。

離婚の原因は、有田八郎氏の浮気でした。有田八郎氏は、畔上輝井と結婚している間にも、他の女性と関係を持っていました。畔上輝井は、有田八郎氏の浮気を知り、離婚を決意しました。

畔上輝井と有田八郎氏の離婚は、大きな話題になりました。当時の新聞は、この離婚について詳しく報じました。畔上輝井は、離婚後も料亭経営を続け、成功を収めました。

三島由紀夫との関係

三島由紀夫との関係

-畔上輝井 – 昭和時代の料亭経営者-

-三島由紀夫との関係-

畔上輝井は昭和時代の料亭経営者で、1911年(明治44年)に京都で生まれた。1933年、当時京都帝国大学法学部文学科の学生だった三島由紀夫は、畔上輝井が経営する料亭「畔上」に初めて訪れた。

もともと「畔上」は、三島由紀夫の父である三島七郎が常連となっていた料亭であった。また、「畔上」は当時の作家や文人達も多く訪れる人気の店であった。そんな畔上に三島由紀夫は文学を愛する畔上輝井に強く惹かれる。初めて訪れたその日から毎日のように「畔上」に通いつめるようになった。

畔上輝井は、三島由紀夫よりも16歳年上だったが、三島由紀夫と同じく京都帝国大学を卒業し、文学や芸術を愛好する女性であった。

年上の畔上輝井に恋愛感情を抱く三島由紀夫は、しばしば畔上輝井に好意を寄せる手紙を送った。しかし、畔上輝井はそれらの手紙に決して返事をしなかった。

1936年(昭和11年)、三島由紀夫は畔上輝井に宛てた最後のラブレターを書き、その後2人は疎遠になった。しかし、畔上輝井は三島由紀夫の作品を愛し続け、三島由紀夫が亡くなったときには、彼を偲んで歌を詠んだ。

三島由紀夫は、畔上輝井との関係を作品の中で描いている。短編小説「潮騒」には、畔上輝井をモデルにした「初江」という女性が登場する。

また、長編小説「金閣寺」には、畔上輝井をモデルにした「柏木」という女性が登場する。

畔上輝井は1995年(平成7年)に84歳で亡くなった。

タイトルとURLをコピーしました