青木保(1) ~近代兵器から時計まで、精密機械工学の開拓者

青木保(1) ~近代兵器から時計まで、精密機械工学の開拓者

青木保の生い立ちと経歴

青木保の生い立ちと経歴

-青木保の生い立ちと経歴-

青木保は、1887年(明治20年)10月30日、愛知県名古屋市に生まれた。1910年(明治43年)に東京工業大学(旧東京高等工業学校)機械工学科を卒業し、1913年(大正2年)には同大学の助教授に就任した。1916年(大正5年)にアメリカ合衆国に留学し、1919年(大正8年)に帰国した。

帰国後は、東京高等工業学校教授に就任し、1928年(昭和3年)には同大学の学長に就任した。1933年(昭和8年)には、東京帝国大学の教授に就任し、1937年(昭和12年)には工学部長に就任した。1941年(昭和16年)には、東京帝国大学の総長に就任し、1945年(昭和20年)まで務めた。

青木保は、精密機械工学の分野において多くの業績を残した。その中でも、特に有名なのは、1920年(大正9年)に開発した「青木式無段変速機」である。この変速機は、自動車や工作機械に使用されており、現在でも広く使用されている。また、青木保は、時計の研究にも熱心に取り組み、1930年(昭和5年)には「青木式腕時計」を開発した。この腕時計は、日本初の国産腕時計であり、現在の日本の時計産業の発展に大きく貢献した。

青木保は、1966年(昭和41年)10月30日に死去した。享年79歳であった。

精密機械工学への貢献

精密機械工学への貢献

精密機械工学への貢献

青木保は、精密機械工学の分野において多くの功績を残した。その中でも特筆すべきは、近代兵器の開発と時計の製造である。

青木保が近代兵器の開発に携わったのは、日露戦争の頃のことである。当時、日本の軍隊は武器の性能が劣っており、青木保はこれを憂慮して近代兵器の開発に乗り出した。青木保は、最新の科学技術を駆使して、当時としては画期的な近代兵器を次々と開発した。例えば、青木保は、日本初の自動小銃である「三八式歩兵銃」を開発した。三八式歩兵銃は、その優れた性能で日露戦争で大きな活躍を見せた。また、青木保は、日本初の機関銃である「大正十一年式軽機関銃」も開発した。大正十一年式軽機関銃は、その軽量さと扱いやすさで、日中戦争や太平洋戦争で活躍した。

青木保は、近代兵器の開発以外にも、時計の製造にも大きな功績を残した。青木保は、1930年に、日本初の腕時計である「シチズン ポケットウォッチ」を開発した。シチズン ポケットウォッチは、そのシンプルなデザインと高精度な性能で、多くの人々に愛された。また、青木保は、1939年に、日本初の国産腕時計である「シチズン クリスタル」を開発した。シチズン クリスタルは、その優れた性能とデザインで、世界中で高い評価を受けた。

青木保は、精密機械工学の分野において、近代兵器の開発と時計の製造の2つの分野で大きな功績を残した。青木保の功績は、日本の近代化に大きく貢献した。

時計研究の功績

時計研究の功績

時計研究の功績

青木保は、時計研究の分野でも大きな功績を残している。1894年、東京大学理学部物理学科を卒業した青木は、時計の研究を志して渡欧し、ドイツのドレスデン工科大学で時計製造を学んだ。そして、1897年に帰国後、東京時計製造所の技師として採用される。

青木は、東京時計製造所において、日本初の懐中時計の製造に成功した。この懐中時計は、1901年に開催された第5回内国勧業博覧会で一等賞を受賞し、青木の名を一躍有名にした。その後、青木は東京時計製造所の技師長に昇進し、時計の研究をさらに深めた。

青木は、時計の研究において、特にテンプの研究に力を注いだ。テンプとは、時計の心臓部とも呼ばれる部品であり、時計の正確性を決める重要な役割を担っている。青木は、テンプの形状や材質を研究し、テンプの精度を向上させることに成功した。

また、青木は時計の脱進機についても研究を行い、脱進機の効率を向上させることに成功した。脱進機とは、時計の振り子を一定の速度で振動させるための部品である。脱進機の効率が向上することで、時計の精度が向上する。

青木は、時計の研究において多くの功績を残し、日本の時計産業の発展に大きく貢献した。青木が開発した時計は、日本の近代化に欠かせないものであり、日本の経済発展に寄与した。

タイトルとURLをコピーしました