ー青木保

ー青木保

青木保の略歴

青木保の略歴

-青木保の略歴-

青木保は、1951年10月20日に東京都新宿区に生まれた。成蹊大学経済学部を卒業後、1975年に日本経済新聞社に入社した。記者として政治部、経済部を歴任し、2003年に経済部次長に就任した。2006年に編集局次長に昇格し、2008年に取締役編集局長に就任した。2012年に代表取締役社長に就任し、2016年まで務めた。

青木保は、日本経済新聞在職中に数々のスクープを報じた。その中でも、2000年に報じた「ライブドア・ショック」は特に有名である。ライブドア・ショックとは、ライブドアという企業が粉飾決算を行い、そのことが発覚して株価が暴落した事件である。青木保は、ライブドアの粉飾決算をいち早くスクープし、世間に衝撃を与えた。

青木保は、日本経済新聞を退社した後も、評論家として活躍している。テレビや新聞にコメンテーターとして出演し、経済や政治について鋭い分析を行っている。また、著書も多数執筆しており、その中には「日本経済の正体」「アベノミクスの真実」「日本の未来をどうするのか」などがある。

青木保は、経済や政治に精通したジャーナリストであり評論家である。その鋭い分析と歯に衣着せぬ物言いで、多くの読者や視聴者から支持されている。

青木保の研究分野

青木保の研究分野

– 青木保の研究分野

青木保は、1938年に東京府に生まれ、1961年に東京大学工学部を卒業した日本の工学者である。東京大学工学部助手、講師、助教授を経て、1975年に東京大学工学部教授に就任した。1999年に東京大学を定年退職し、名誉教授となった。

青木保の研究分野は、情報工学、電子工学、半導体工学である。情報工学の分野では、人工知能、機械学習、パターン認識、画像処理、音声処理、自然言語処理などの研究を行った。電子工学の分野では、半導体デバイス、半導体プロセス、半導体集積回路、半導体メモリ、半導体レーザーなどの研究を行った。半導体工学の分野では、半導体材料、半導体プロセス、半導体デバイス、半導体集積回路、半導体メモリ、半導体レーザーなどの研究を行った。

青木保は、情報工学、電子工学、半導体工学の分野で多くの業績をあげた。情報工学の分野では、人工知能の分野で、ニューラルネットワークの学習アルゴリズムを開発し、機械学習の分野で、サポートベクターマシンの理論を確立した。電子工学の分野では、半導体デバイスの分野で、MOSFETの構造を解析し、半導体プロセス

タイトルとURLをコピーしました