横田実-大正-昭和時代の新聞記者,新聞経営者

横田実-大正-昭和時代の新聞記者,新聞経営者

横田実の生い立ちと経歴

横田実の生い立ちと経歴

-横田実の生い立ちと経歴-

横田実は、1873年(明治6年)に、現在の東京都世田谷区砧に生まれました。父は横田五郎兵衛、母はまつです。五郎兵衛は、1868年(明治元年)に世田谷宿の戸長に任命され、1871年(明治4年)には世田谷区の助役を務めました。

実の幼少期について、詳しくは分かっていません。おそらく、世田谷の小学校に通い、その後、東京の専門学校に進学したと思われます。1893年(明治26年)に、実業之日本社に入社し、新聞記者としてのキャリアをスタートさせました。

1898年(明治31年)に、実業之日本社の社長に就任します。そして、1900年(明治33年)には、「日本」という新聞を創刊しました。「日本」は、自由主義を標榜する新聞で、政治や社会問題について、鋭い論陣を張りました。

1912年(明治45年)に、実業之日本社と「日本」を売却し、新聞界から引退します。その後、実業界で活躍し、多くの企業の役員を務めました。

1940年(昭和15年)に、実業之日本社を再び買収し、「日本」を復刊します。しかし、太平洋戦争の激化に伴い、1942年(昭和17年)に、「日本」は廃刊を余儀なくされます。

1945年(昭和20年)に、実業之日本社と「日本」を再び売却し、新聞界から完全に引退します。そして、1951年(昭和26年)に、81歳で亡くなりました。

新聞記者として活躍した横田実

新聞記者として活躍した横田実

-新聞記者として活躍した横田実-

横田実氏は、大正から昭和にかけて活躍した新聞記者であり、新聞経営者でもあった。

横田氏は、1884年(明治17年)に東京都に生まれた。早稲田大学を卒業後、1908年(明治41年)に読売新聞社に入社した。読売新聞社では、政治部記者として活躍し、政界の裏側を暴く記事を多く書いた。1918年(大正7年)には、読売新聞社の編集局長に就任した。

1924年(大正13年)に、横田氏は読売新聞社を退社し、新聞経営に乗り出した。1925年(大正14年)に、東京日日新聞社を創立し、社長に就任した。東京日日新聞は、政界や経済界の情報を中心とした新聞であり、政財界に大きな影響を与えた。1934年(昭和9年)には、東京日日新聞社を、毎日新聞社と合併し、毎日新聞社を創立した。毎日新聞社は、現在の毎日新聞の前身であり、日本を代表する新聞社の一つである。

横田氏は、新聞記者として、 政界の裏側を暴く記事を多く書き、新聞経営者として、毎日新聞社を創立し、日本を代表する新聞社の一つに育て上げた。日本のジャーナリズムの発展に大きく貢献した人物である。

新聞経営者として手腕を発揮した横田実

新聞経営者として手腕を発揮した横田実

-新聞経営者として手腕を発揮した横田実-

横田実は、大正時代から昭和時代にかけて活躍した新聞記者であり、新聞経営者である。彼は、新聞の近代化や発展に貢献し、日本のジャーナリズムの発展に大きな役割を果たした。

横田実は、1910年に京都に生まれる。1933年に早稲田大学を卒業後、大阪毎日新聞社に入社する。新聞記者として、社会部や経済部に在籍し、精力的に取材活動を行った。1943年に大阪毎日新聞社の社長に就任し、その後、戦時下における新聞統制を機に、東京に進出して読売新聞社を創設した。

読売新聞社は、横田実の経営手腕によって、瞬く間に日本の大手新聞社へと成長した。横田実は、新聞の発行部数を伸ばすために、新聞の販売網を整え、読者にアピールするような記事を積極的に掲載した。また、彼は、読売新聞社にラジオ局やテレビ局を設立し、読売新聞社を日本有数の大手マスメディア企業へと成長させた。

横田実は、新聞経営者として、数々の功績を残した。彼は、新聞の近代化や発展に貢献し、日本のジャーナリズムの発展に大きな役割を果たした。また、彼は、日本のマスメディア業界の発展に貢献し、日本の社会や文化の発展にも大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました