三好達 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍した裁判官

三好達 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍した裁判官

東京地裁や東京高裁で民事裁判を担当

東京地裁や東京高裁で民事裁判を担当

-東京地裁や東京高裁で民事裁判を担当-

三好達は、東京地方裁判所や東京高等裁判所で民事裁判を担当した裁判官である。民事裁判とは、個人の利益に関する裁判であり、主に財産や債務の問題を扱う。

三好達は、裁判官として、公正な裁判を行うことを第一に考えていた。彼は、常に証拠を丁寧に調べ、法律を正しく解釈し、公正な判決を下すように努めていた。

三好達の裁判には、多くの国民が注目していた。彼は、裁判官としての実力と、人柄の良さで、国民から敬愛されていた。

三好達は、裁判官としてだけでなく、法学者としても活躍した。彼は、民法や民事訴訟法に関する著書を執筆し、法学の発展に貢献した。

三好達は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した、日本の代表的な裁判官である。彼は、公正な裁判を行うことを第一に考えていた裁判官であり、国民から敬愛されていた。

最高裁判事として活躍

最高裁判事として活躍

最高裁判事として活躍

三好達は、1985年に最高裁判事に任命されました。最高裁判事として、三好達は数多くの重要な判決に関与しました。その中には、薬害エイズ訴訟、オウム真理教事件、そして永山基準違憲判決などがあります。

薬害エイズ訴訟では、三好達を含む最高裁判所は、国と厚生省の責任を認めて、原告側に損害賠償を支払うよう命じました。この判決は、薬害被害者の救済に大きな意義を持ちました。

オウム真理教事件では、三好達を含む最高裁判所は、麻原彰晃死刑囚の上告を棄却し、死刑判決を確定させました。この判決は、オウム真理教事件の終結に大きく貢献しました。

永山基準違憲判決では、三好達を含む最高裁判所は、永山則夫死刑囚の死刑判決を破棄しました。この判決は、未成年者の死刑を認めていた永山基準を違憲とし、大きな注目を集めました。

三好達が高い裁判官として人々から信頼を得られたのは、単に裁判官として高い能力を有していただけでなく、真面目な人柄、公平さ、高潔な人柄を有していたことによるものであった。まさに民衆の番人としての役割を果たしたと評価されている。

三好達は、2003年に最高裁判事を退官しました。退官後は、立命館大学で客員教授を務めていました。2018年に85歳で亡くなりました。

香川県出身、東大卒

香川県出身、東大卒

-香川県出身、東大卒-

三好達は、1931年5月31日に香川県に生まれた。香川県立高松高等学校卒業後、東京大学法学部に入学。1955年に東京大学法学部を卒業し、司法修習生となる。司法修習修了後は、裁判官として大阪地方裁判所、東京地方裁判所に勤務した。1976年に東京高等裁判所判事に昇進し、1984年に最高裁判所判事に任命された。2001年に最高裁判所判事を退官した。

三好達は、最高裁判所判事として多くの重要な判決に関与した。その中には、1987年の「名古屋学院大学事件」や、1990年の「豊田商事事件」などがある。三好達は、これらの判決において、企業の社会的責任や消費者保護を重視した判決を下した。

三好達は、最高裁判所判事退官後も、司法制度改革や法学教育などに携わった。2012年に81歳で死去した。

三好達は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した裁判官として、日本の司法制度の発展に貢献した。三好達の判決は、企業の社会的責任や消費者保護を重視するものであり、日本の社会に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました