「リッジウェー」

「リッジウェー」

リッジウェーのプロフィール

リッジウェーのプロフィール

– -リッジウェーのプロフィール-

リッジウェー(Robert Johnson Ridgway)は1850年7月2日にイリノイ州マウントキャロルで生まれました。若い頃から自然科学に興味を持ち、特に鳥類に興味を持っていました。1862年にイリノイ州立師範大学に入学し、1869年に卒業しました。その後、鳥類の研究を続け、1875年にスミソニアン博物館の鳥類学部門の学芸員に任命されました。

リッジウェーは、鳥類の分類と分布の研究に生涯を捧げました。1880年に「北米の鳥類の分類」(A Nomenclature of North American Birds)を出版し、1887年に「北米の鳥類」(The Birds of North and Middle America)を出版しました。これらの著作は、北米の鳥類の分類と分布の基本的な資料として、現在でも高い評価を受けています。

リッジウェーは、アメリカ鳥学会の創立メンバーの一人であり、1898年から1900年まで会長を務めました。また、国際鳥類学会の創立メンバーの一人であり、1905年から1907年まで会長を務めました。1929年に、ワシントンD.C.で亡くなりました。

リッジウェーは、北米の鳥類の分類と分布の研究に大きな貢献をした偉大な鳥類学者でした。彼の著作は、現在でも鳥類学の研究に欠かせない資料となっています。

リッジウェーの功績

リッジウェーの功績

-リッジウェーの功績-

リッジウェーは、朝鮮戦争において第8軍の司令官として、多くの戦功を挙げたことで知られている。

就任当初は、第8軍は劣勢に立たされていたが、リッジウェー指揮の下で、第8軍は立て直され、反攻を開始した。1951年4月、第8軍はソウルを奪還し、北朝鮮軍を38度線まで押し戻した。その後も、第8軍は北朝鮮軍を押し続け、1953年7月には、休戦協定が締結された。

リッジウェーの功績は、その軍事的な指揮能力だけでなく、外交交渉能力にもあった。彼は、韓国政府や国連軍と緊密に協力し、休戦協定の締結に尽力した。また、彼は、中国政府とも交渉を行い、中国軍の撤退を実現した。

リッジウェーの功績は、朝鮮戦争の終結に大きく貢献したと評価されており、米国では国民的英雄として称えられている。

リッジウェーは、朝鮮戦争後に、在欧米軍の最高司令官や、NATOの最高司令官を務めた。1962年に退役し、1981年に死去した。

リッジウェーの死

リッジウェーの死

-リッジウェーの死-

リッジウェーは1961年1月24日にピッツバーグの病院で亡くなり、アーリントン国立墓地に埋葬されました。彼は84歳でした。リッジウェーの死は、第二次世界大戦と朝鮮戦争で米国を勝利に導いた偉大な将軍の喪失として広く悼まれました。

リッジウェーの死の直接の原因は、心臓発作でした。しかし、彼の死は、長年患っていた癌にも起因すると考えられています。リッジウェーは、1950年代初めに肺癌と診断され、1958年には前立腺癌と診断されました。彼は両方のがんの治療を受けましたが、最終的には両方に屈しました。

リッジウェーの死は、米国にとって大きな損失でした。彼は、第二次世界大戦と朝鮮戦争の両方で米国軍を勝利に導いた偉大な将軍でした。また、リッジウェーは、NATOの初代最高司令官を務め、冷戦初期に西側の安全保障に重要な役割を果たしました。

リッジウェーの死は、世界中の指導者や軍事専門家らから哀悼の意が寄せられました。ジョン・F・ケネディ大統領は、リッジウェーを「偉大な将軍であり、真のアメリカの英雄」と呼びました。ドワイト・D・アイゼンハワー元大統領は、リッジウェーを「私の最も親しい友人の一人であり、最も信頼できる顧問の一人」と呼びました。

リッジウェーは、偉大な将軍であり、真の愛国者でした。彼の死は、米国にとって大きな損失でした。

タイトルとURLをコピーしました