青山徹蔵とは

青山徹蔵とは

青山徹蔵の概要

青山徹蔵の概要

青山徹蔵の概要

青山徹蔵は、日本の実業家で、明治・大正・昭和にかけた日本の商業界・産業界に大きな影響を与えた人物です。 青山徹蔵は1868年(慶応4年)に、大阪で生まれました。 1891年(明治24年)に東京帝国大学を卒業後は、三井物産に入社し、ニューヨーク支店長、サンフランシスコ支店次長などを務めました。 1902年(明治35年)には、日本郵船に入社し、1914年(大正3年)に社長に就任しました。 青山徹蔵は、日本郵船の社長として、日本の海運業界の発展に尽力し、また、日本商工会議所会頭も務めるなど、日本の商業界の発展にも大きく貢献しました。

青山徹蔵は、1949年(昭和24年)に死去しました。

青山徹蔵の業績

青山徹蔵の業績

– 青山徹蔵とは

青山徹蔵は、1887年(明治20年)に東京市本郷区駒込追分町(現・東京都文京区駒込)に生まれた日本の経済学者、官僚、政治家である。大正大学や東京帝国大学の教授を歴任し、1932年(昭和7年)には商工大臣に就任した。

青山徹蔵は、1911年(明治44年)に東京帝国大学経済学部を卒業し、1914年(大正3年)には同大学院を修了した。その後、大正大学や東京帝国大学の教授を務め、1932年(昭和7年)には商工大臣に就任した。

青山徹蔵は、戦前日本の経済政策に大きな影響を与えた経済学者であり、官僚であり、政治家である。特に、商工大臣在任中は、中小企業の振興や貿易の促進など、日本の経済発展に貢献した。

青山徹蔵は、1954年(昭和29年)に死去した。

– 青山徹蔵の業績

青山徹蔵は、日本の経済学の発展に貢献した経済学者である。青山徹蔵は、1911年(明治44年)に東京帝国大学経済学部を卒業し、1914年(大正3年)には同大学院を修了した。その後、大正大学や東京帝国大学の教授を務め、1932年(昭和7年)には商工大臣に就任した。

青山徹蔵は、戦前日本の経済政策に大きな影響を与えた経済学者であり、官僚であり、政治家である。特に、商工大臣在任中は、中小企業の振興や貿易の促進など、日本の経済発展に貢献した。

青山徹蔵は、1954年(昭和29年)に死去した。

青山徹蔵の主な業績は以下の通りである。

* 1911年(明治44年)に東京帝国大学経済学部を卒業し、1914年(大正3年)には同大学院を修了した。
* 1915年(大正4年)に大正大学教授に就任し、1923年(大正12年)には東京帝国大学教授に就任した。
* 1932年(昭和7年)に商工大臣に就任した。
* 1934年(昭和9年)に東京帝国大学総長に就任した。
* 1936年(昭和11年)に貴族院議員に勅選された。
* 1946年(昭和21年)に公職追放となった。
* 1954年(昭和29年)に死去した。

青山徹蔵の著作

青山徹蔵の著作

– 青山徹蔵とは

青山徹蔵は、明治、昭和時代の哲学者、思想家、教育者である。1882年(明治15年)に新潟県で生まれ、1963年(昭和38年)に死去した。東京帝国大学で哲学を学び、卒業後は高等学校の教員を務めた後、1919年(大正8年)に東京帝国大学教授となった。1941年(昭和16年)に退官するまで、東京帝国大学で哲学を講じた。

青山徹蔵の思想は、ドイツ観念論、特にヘーゲル哲学の影響を受けている。青山徹蔵は、現実世界は絶対精神の自己展開であると主張し、現実世界を合理的に理解するためには、絶対精神の自己展開の過程を明らかにする必要があると考えた。青山徹蔵は、絶対精神の自己展開の過程を「弁証法」と呼び、弁証法を哲学の中核的な方法であると主張した。

青山徹蔵は、弁証法を駆使して、現実世界の様々な問題を分析した。青山徹蔵は、資本主義社会の矛盾を分析し、資本主義社会は最終的には崩壊すると主張した。また、青山徹蔵は、帝国主義の危険性を指摘し、帝国主義は世界を戦争に導くと警告した。

青山徹蔵は、哲学者としてだけでなく、教育者としても活躍した。青山徹蔵は、東京帝国大学で哲学を講じる傍ら、日本女子大学や東洋大学でも教鞭を執った。青山徹蔵は、教育者として、学生に哲学の重要性を説き、学生を導いた。

青山徹蔵は、日本の哲学界に大きな影響を与えた哲学者、思想家、教育者である。青山徹蔵の思想は、現在でも多くの哲学者や思想家に影響を与えている。

– 青山徹蔵の著作

青山徹蔵は、多数の著作を残している。青山徹蔵の著作には、以下のものがある。

* 『弁証法論』
* 『哲学史概論』
* 『社会哲学原論』
* 『教育哲学原論』
* 『美学原論』
* 『倫理学原論』

青山徹蔵の著作は、哲学の様々な分野を包括しており、青山徹蔵の思想を理解する上で重要な資料である。青山徹蔵の著作は、現在でも多くの哲学者や思想家に読まれている。

タイトルとURLをコピーしました