「工藤信一良」

「工藤信一良」

昭和時代後期の新聞経営者の生涯

昭和時代後期の新聞経営者の生涯

– 大見出し「工藤信一良」

-# 小見出し「昭和時代後期の新聞経営者の生涯」

工藤信一良は、1905年(明治38年)3月24日、愛媛県今治市に生まれた。旧姓は河野。父は河野常助、母はサダ。双子の弟がおり、弟の名は誠一。幼い頃に両親を亡くし、叔父に引き取られて育った。

旧制今治中学校(現・愛媛県立今治西高等学校)を卒業後、東京帝国大学法学部に進学。在学中に朝日新聞社に入社し、記者として働いた。1930年(昭和5年)に大学を卒業し、朝日新聞社に正式入社。地方記者として各地を回り、1941年(昭和16年)に本社編集局に異動。

1945年(昭和20年)に終戦を迎え、朝日新聞社は一時的にGHQに接収された。工藤信一良は、GHQの検閲官として働いた。1946年(昭和21年)にGHQの接収が解除され、朝日新聞社は元の姿を取り戻した。工藤信一良は、編集局次長に就任。1948年(昭和23年)に専務取締役に就任。1956年(昭和31年)に副社長に就任。1961年(昭和36年)に社長に就任した。

工藤信一良は、社長就任後、朝日新聞社の経営改革を進めた。1962年(昭和37年)に、朝日の夕刊を創刊。1964年(昭和39年)に、朝日新聞の海外版を創刊。1965年(昭和40年)には、朝日新聞の販売店を直営化。1966年(昭和41年)に、朝日新聞社の株式を上場。1967年(昭和42年)に、朝日新聞の大阪本社を新設した。

工藤信一良は、朝日新聞社の経営改革に成功し、朝日新聞社を日本最大の新聞社に育て上げた。1971年(昭和46年)に社長を退任し、会長に就任。1976年(昭和51年)に死去した。

工藤信一良は、朝日新聞社の経営者としてだけでなく、新聞界のリーダーとしても活躍した。1962年(昭和37年)から1964年(昭和39年)まで、日本新聞協会の会長を務めた。1965年(昭和40年)から1967年(昭和42年)まで、国際新聞編集者協会の会長を務めた。

工藤信一良は、昭和時代後期の新聞経営者の代表的人物である。朝日新聞社の経営改革に成功し、朝日新聞社を日本最大の新聞社に育て上げた。新聞界のリーダーとしても活躍し、新聞の自由と独立を守り抜いた。

毎日新聞社での活躍とスポーツニッポン新聞社会長

毎日新聞社での活躍とスポーツニッポン新聞社会長

# 「工藤信一良」

– 毎日新聞社での活躍とスポーツニッポン新聞社会長

工藤信一良(くどう・しんいちろう)は、日本のジャーナリストであり、毎日新聞社の名誉顧問を務めた。1926年(大正15年)8月27日、東京都に生まれる。東京帝国大学経済学部を卒業後、1951年(昭和26年)に毎日新聞社に入社する。

毎日新聞社では、政治部記者として活躍し、首相官邸や外務省を中心に取材した。また、三木武夫政権の時代には、首相秘書官として出向した。1978年(昭和53年)に毎日新聞編集局長に就任し、1982年(昭和57年)に同社社長に就任した。

社長就任後は、毎日新聞の朝刊の発行部数を伸ばし、同社を日本有数の新聞社に育て上げた。また、1985年(昭和60年)に開催された国際科学技術博覧会(つくば万博)の組織委員会会長を務め、博覧会の成功に貢献した。

1988年(昭和63年)に毎日新聞社社長を退任し、1990年(平成2年)にスポーツニッポン新聞社会長に就任した。同社では、スポーツ報道の強化を図り、読者数の増加に貢献した。

2000年(平成12年)にスポーツニッポン新聞社会長を退任し、毎日新聞社の名誉顧問を務めた。2015年(平成27年)12月23日、老衰のため死去した。享年89歳。

工藤信一良は、日本の新聞界の発展に大きく貢献した人物である。ジャーナリストとして、政治や経済の重要問題を鋭く取材し、国民に情報を提供した。また、新聞社の経営者として、部数拡大や新分野への進出に取り組み、同社を日本有数の新聞社に育て上げた。

NHK経営委員会委員長とプロ野球パリーグ会長

NHK経営委員会委員長とプロ野球パリーグ会長

– 「工藤信一良」

-# NHK経営委員会委員長とプロ野球パリーグ会長

工藤信一良氏は、NHK経営委員会委員長とプロ野球パリーグ会長を歴任した人物です。1929年に東京都に生まれ、1953年に東京大学法学部を卒業後、NHKに入局しました。

NHKでは、報道局長、放送総局長などを歴任し、1988年にNHK経営委員会委員長に就任しました。委員長在任中には、NHKの経営改革に取り組み、受信料制度の見直しや、放送事業の多様化などを推進しました。

1994年にNHK経営委員会委員長を退任後、プロ野球パリーグ会長に就任しました。会長在任中には、パリーグの活性化に取り組み、交流戦の導入や、球団の新規参入などを推進しました。

2001年にプロ野球パリーグ会長を退任後、東京大学名誉教授に就任しました。2006年に76歳で死去しました。

工藤信一良氏は、NHKの経営改革とプロ野球パリーグの活性化に貢献した人物として知られています。

タイトルとURLをコピーしました