赤尾好夫 – 出版人、放送事業家

赤尾好夫 – 出版人、放送事業家

生涯と功績

生涯と功績

-生涯-

赤尾好夫は、1922年(大正11年)に広島県呉市で生まれました。1941年(昭和16年)に早稲田大学専門部政経科を卒業後、1942年(昭和17年)に海軍主計少尉として入隊。1945年(昭和20年)に復員しました。

-功績-

赤尾好夫は、戦後、実業界に転じ、1950年(昭和25年)に出版社「赤尾好夫事務所」を設立しました。1954年(昭和29年)に雑誌『週刊文春』を創刊し、1956年(昭和31年)には日本初の週刊誌『週刊新潮』を創刊しました。

1960年(昭和35年)には、放送局「株式会社ラジオ東京」(現株式会社TBSホールディングス)の社長に就任しました。赤尾好夫は、ラジオ東京を日本有数の放送局に育て上げ、1968年(昭和43年)にはテレビ局「株式会社東京放送」(現株式会社TBSテレビ)を設立しました。

赤尾好夫は、1977年(昭和52年)にTBSの社長を退任し、1981年(昭和56年)に死去しました。

赤尾好夫は、日本の出版界と放送界に大きな功績を残した人物です。『週刊文春』と『週刊新潮』の創刊により、日本の週刊誌業界の発展に貢献しました。また、TBSの社長として、同局を日本有数の放送局に育て上げました。

戦後の活躍

戦後の活躍

戦後の活躍

赤尾好夫は、戦後も精力的に活躍しました。1946年に、彼は日本放送協会(NHK)の会長に就任し、ラジオ放送の復興に尽力しました。また、1948年には、日本出版協会の会長に就任し、出版業界の発展に努めました。

赤尾好夫は、1950年に、日本テレビ放送網(NTV)を開局しました。民放テレビ局の草分け的存在であり、日本のテレビ放送の発展に大きく貢献しました。NTVは、その後、TBSテレビと合併し、現在ではTBSホールディングスの一員となっています。

赤尾好夫は、1961年に、日本民間放送連盟(民放連)の会長に就任し、民放放送業界の発展に努めました。また、1964年には、東京オリンピック組織委員会の委員長に就任し、東京オリンピックの成功に貢献しました。

赤尾好夫は、1970年に、勲一等旭日大綬章を受章し、1973年には、文化功労者として表彰されました。彼は、1981年に83歳で亡くなりましたが、その功績は今日でも高く評価されています。

赤尾好夫は、戦後日本の放送業界と出版業界の発展に大きく貢献した偉大な人物です。

名言「転んだら起きてまた歩けばいいじゃないか」

名言「転んだら起きてまた歩けばいいじゃないか」

-赤尾好夫 – 出版人、放送事業家-

-名言「転んだら起きてまた歩けばいいじゃないか」-

赤尾好夫は、日本の出版人、放送事業家、元編集者。かつて、日本放送協会(NHK)のプロデューサー、ディレクター、アナウンサーを務め、テレビ番組の制作に携わった。また、雑誌『週刊文春』の初代編集長としても知られている。

赤尾は、1921年に東京都に生まれる。早稲田大学卒業後、NHKに入局。テレビ番組の制作に携わり、数多くのヒット番組を手がける。その後、週刊文春の初代編集長に就任。同誌を日本を代表する週刊誌に育て上げた。

赤尾は、仕事に対して非常に熱心で、妥協を許さない姿勢だった。また、常に新しいことにチャレンジする精神を持ち、時代の先を行くような番組や雑誌を作り出した。

赤尾は、1997年に死去したが、その功績は今もなお語り継がれている。彼の名言「転んだら起きてまた歩けばいいじゃないか」は、多くの人々に勇気を与えている。

ここでは、赤尾好夫の生涯と名言について紹介する。

-赤尾好夫の生涯-

赤尾好夫は、1921年4月11日に東京都に生まれた。早稲田大学を卒業後、1943年にNHKに入局した。テレビ番組の制作に携わり、数多くのヒット番組を手がけた。

1956年、週刊文春の初代編集長に就任した。同誌を日本を代表する週刊誌に育て上げた。

1969年、NHKを退職し、フリーランスのジャーナリストとなる。その後、テレビ朝日、フジテレビ、TBSなどで番組の制作に携わった。

1997年2月1日、東京都内の病院で死去した。享年75。

-赤尾好夫の名言「転んだら起きてまた歩けばいいじゃないか」-

赤尾好夫は、仕事に対して非常に熱心で、妥協を許さない姿勢だった。また、常に新しいことにチャレンジする精神を持ち、時代の先を行くような番組や雑誌を作り出した。

そんな赤尾が、よく口にしていたのが「転んだら起きてまた歩けばいいじゃないか」という言葉だった。

この言葉は、赤尾の仕事に対する姿勢を反映している。赤尾は、失敗を恐れない。むしろ、失敗を糧にして、さらに大きく成長していくことを信じていた。

また、この言葉は、赤尾の楽天的な性格を表している。赤尾は、物事をあまり深刻に考えず、常に前向きに生きていた。

この言葉は、多くの人々に勇気を与えている。失敗を恐れて何もできないでいる人や、困難に直面してくじけそうになっている人に対して、この言葉は背中を押してくれる。

「転んだら起きてまた歩けばいいじゃないか」。これは、赤尾好夫が私たちに残してくれた大切なメッセージである。

タイトルとURLをコピーしました