造園学者・江山正美氏の生涯と業績

造園学者・江山正美氏の生涯と業績

江山正美氏の生い立ちと経歴

江山正美氏の生い立ちと経歴

-江山正美氏の生い立ちと経歴-

江山正美氏は、1911年(明治44年)に東京府東京市(現・東京都)に生まれた。祖父は日本画家・江山春翠、父は庭園研究家・江山松助という、造園に関係する家系に育った。

正美氏は幼い頃から自然や植物に興味を持ち、5歳のときにはすでに盆栽を作っていたという。旧制東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)卒業後は、東京帝国大学農学部に進学して造園学を専攻した。

卒業後は、東京帝国大学農学部助手、逓信省土木局東京工事事務所技師などを経て、1941年(昭和16年)に東京工業大学助教授に就任した。さらに、1949年(昭和24年)には、東京工業大学教授に昇進した。

正美氏は、東京工業大学において、造園学の教育と研究に尽力した。また、日本造園学会の会長や、国際造園学会連盟の副会長などを歴任し、造園学の発展に貢献した。

正美氏は、1981年(昭和56年)に東京工業大学を定年退官したが、その後も造園学の研究を続け、多くの論文や著書を発表した。また、1985年(昭和60年)には、文化勲章を受章した。

正美氏は、1999年(平成11年)に88歳で亡くなった。

江山正美氏の造園研究

江山正美氏の造園研究

– 江山正美氏の造園研究

江山正美氏は、日本の造園学の草分け的存在であり、造園に関する数多くの研究を残しています。彼の研究は、日本の造園の歴史や理論を解明するとともに、現代の造園にも大きな影響を与えています。

江山氏は1883年、静岡県に生まれました。東京帝国大学農科大学を卒業後、農商務省に入省し、造園課長を務めました。また、東京帝国大学で造園学の講義を担当し、多くの学生を育てました。

江山氏の造園研究は、大きく分けて二つの時期に分けることができます。第一期は、日本の造園の歴史や理論を解明する時期です。この時期には、『日本庭園史』や『造園論』など、造園に関する重要な著作を多く残しています。

第二期は、現代の造園に取り組んだ時期です。この時期には、東京タワーや国立京都国際会館などの公共施設の造園を手がけました。また、東京オリンピックの会場の造園にも携わりました。

江山氏の造園研究は、日本の造園の歴史や理論を解明するとともに、現代の造園にも大きな影響を与えています。彼の研究は、日本の造園文化の発展に大きく貢献したと言えるでしょう。

江山氏の造園研究の主な業績は以下の通りです。

* 『日本庭園史』の執筆(1914年)
* 『造園論』の執筆(1920年)
* 東京タワーの造園(1958年)
* 国立京都国際会館の造園(1966年)
* 東京オリンピックの会場の造園(1964年)

江山正美氏は、1969年に亡くなりましたが、彼の残した造園研究は、日本の造園文化の発展に今もなお大きな影響を与え続けています。

江山正美氏の著作

江山正美氏の著作

江山正美氏の著作

江山正美氏は、日本の造園学者であり、日本の近代造園学の父と呼ばれています。彼は、造園学の研究と教育に尽力し、多くの著書を執筆しました。彼の著書は、造園学の理論と実践の両方を網羅しており、日本の造園学の発展に大きな貢献を果たしました。

江山正美氏の主な著作は以下の通りです。

* 『造園学講義』(1913年)
* 『造園学原理』(1919年)
* 『造園学概論』(1923年)
* 『造園学史』(1930年)
* 『造園論』(1938年)

これらの著書は、いずれも日本の造園学の発展に大きな影響を与えました。『造園学講義』は、日本の最初の造園学の教科書であり、造園学の基礎知識を体系的にまとめたものです。『造園学原理』は、造園学の理論を解説したものであり、造園設計の基礎的な考え方について述べられています。『造園学概論』は、造園学の歴史と現状を概観したものであり、日本の造園学の発展について詳しく述べられています。『造園学史』は、日本の造園史を体系的にまとめたものであり、日本の造園文化の変遷について詳しく述べられています。『造園論』は、造園学の理論と実践を総合的に論じたものであり、造園設計の考え方や手法について詳しく述べられています。

江山正美氏の著作は、日本の造園学の発展に大きな貢献を果たしました。彼の著書は、造園学の理論と実践の両方を網羅しており、日本の造園学の基礎を築きました。彼の著書は、今日でも日本の造園学の教育と研究に広く利用されており、日本の造園文化の発展に貢献し続けています。

タイトルとURLをコピーしました