尾崎陞

尾崎陞

司法官赤化事件

司法官赤化事件

-尾崎陞-

-司法官赤化事件-

尾崎陞は、1933年に司法省に入省した。1945年に法務大臣に就任し、翌年の1946年に退任した。尾崎陞は、法務大臣在任中に司法官赤化事件に関与した。

司法官赤化事件は、1946年に発覚した事件である。この事件は、東京地方裁判所の判事2名が共産党員であることが発覚し、逮捕されたことから始まった。この事件は、日本の司法界に大きな衝撃を与え、尾崎陞は法務大臣を辞任した。

司法官赤化事件は、日本の司法界に大きな影響を与えた。この事件をきっかけに、日本の司法界は共産主義に対して厳格な姿勢をとるようになった。また、この事件は日本の司法界の民主化を遅らせる要因となった。

尾崎陞は、司法官赤化事件に関与したことを理由に、法務大臣を辞任した。尾崎陞は、司法官赤化事件を「司法界の恥」と呼び、この事件の責任を負うべきだと述べた。尾崎陞は、法務大臣を辞任した後も、日本の司法界の民主化に尽力した。

司法官赤化事件は、日本の司法界にとって重要な事件である。この事件は、日本の司法界に大きな影響を与え、日本の司法界の民主化を遅らせる要因となった。また、この事件は尾崎陞の辞任にもつながった。

免田事件

免田事件

尾崎陞(おざき しょう、1858年1月13日 – 1937年1月25日)は、日本の政治家。衆議院議員を11期務めた。族籍は茨城県平民。

尾崎は茨城県真壁郡大谷村(現・桜川市)で生まれた。1880年(明治13年)、上京して東京専門学校(現・早稲田大学)に入学。1884年(明治17年)に卒業した。

1890年(明治23年)、第1回衆議院議員総選挙に茨城県第1区から立候補し、当選。以後、11期連続当選を果たした。

尾崎は、立憲政友会に所属し、寺内正毅内閣、原敬内閣、高橋是清内閣、濱口雄幸内閣で文部大臣を歴任した。

1927年(昭和2年)、濱口雄幸内閣で文部大臣に就任。1929年(昭和4年)、免田事件が発覚し、尾崎は責任を問われて辞任した。

免田事件とは、1927年に東京帝国大学教授の免田栄が、学長選挙に際して学生に投票を依頼した事件である。尾崎は、免田の行為を知りながら黙認したとして非難された。

免田事件により、尾崎は文部大臣を辞任。1932年(昭和7年)、政界を引退した。

尾崎は、1937年(昭和12年)1月25日に死去した。享年79。

弁護士として活躍

弁護士として活躍

-弁護士として活躍-

尾崎陞は、1880年(明治13年)に東京で生まれました。父は東京帝国大学法科大学教授の尾崎三良であり、母は石川県士族の娘である小柳つね子でした。尾崎陞は、東京府立第一中学校、第一高等学校を経て、1905年(明治38年)に東京帝国大学法科大学を卒業しました。卒業後は、弁護士を開業し、東京地方裁判所や東京控訴院で活躍しました。

尾崎陞は、弁護士として活躍する傍ら、東京市会議員や衆議院議員も務めました。東京市会議員としては、1912年(大正元年)から1915年(大正4年)まで議員を務め、衆議院議員としては、1915年(大正4年)から1924年(大正13年)まで議員を務めました。尾崎陞は、衆議院議員としては、司法大臣や文部大臣も歴任しました。

尾崎陞は、弁護士や政治家として活躍する傍ら、法律の研究にも熱心でした。尾崎陞は、1922年(大正11年)に『民法総論』を出版し、民法の体系を初めてまとめ上げました。また、尾崎陞は、1924年(大正13年)に『憲法総論』を出版し、憲法の体系を初めてまとめ上げました。

尾崎陞は、1925年(大正14年)に死去しました。尾崎陞は、弁護士や政治家、法律研究者として活躍し、日本の法律の発展に大きく貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました