– 赤堀四郎

– 赤堀四郎

昭和時代の生化学者 赤堀四郎について

昭和時代の生化学者 赤堀四郎について

-昭和時代の生化学者 赤堀四郎について-

赤堀四郎は、1903年(明治36年)1月11日に東京市神田区に生まれ、1970年(昭和45年)9月19日に亡くなった日本の生化学者です。ビタミンB1の化学構造を決定し、その合成に成功したことで知られています。

赤堀は、1925年(大正14年)に東京帝国大学理学部化学科を卒業後、同大学大学院に進学しました。1928年(昭和3年)には、ビタミンB1の化学構造を決定し、1936年(昭和11年)には、その合成に成功しました。この功績により、1940年(昭和15年)に日本学士院賞を受賞しました。

赤堀は、1946年(昭和21年)に東京大学教授に就任し、1953年(昭和28年)には、日本生化学会会長に就任しました。1963年(昭和38年)には、文化勲章を受章しました。

赤堀は、ビタミンB1の研究以外にも、アミノ酸の研究やタンパク質の研究など、多くの業績を残しました。また、生化学の普及にも努め、多くの著書や論文を発表しました。

赤堀は、日本の生化学の発展に大きく貢献した偉大な生化学者でした。その功績は、今もなお高く評価されています。

アミノ酸の研究と原始たんぱく質の生成に関する新理論

アミノ酸の研究と原始たんぱく質の生成に関する新理論

-アミノ酸の研究と原始たんぱく質の生成に関する新理論-

赤堀四郎は、アミノ酸の研究と原始たんぱく質の生成に関する新理論を提唱した日本の生化学者である。

-生い立ちと教育-

赤堀四郎は、1897年に三重県に生まれた。東京帝国大学で化学を学び、1920年に卒業した。卒業後は、同大学の助教授として勤務し、1925年に教授に昇進した。

-アミノ酸の研究と新理論-

赤堀は、アミノ酸の研究を主軸に、科学分野の幅広い研究に精力的に取り組んだ。アミノ酸は、たんぱく質の構成要素であり、生命の根幹を担う分子である。1920年代に、赤堀はアミノ酸の合成法を開発し、アミノ酸を大量に生産することが可能となった。これにより、アミノ酸の性質や機能に関する研究が飛躍的に進歩した。

1940年代に、赤堀はアミノ酸の生成に関する新理論を提唱した。この理論によると、アミノ酸は、地球誕生初期に、無機物から生成されたという。この理論は、生命の起源を探る研究において重要な役割を果たしている。

-晩年と死-

赤堀は、1971年に東京で亡くなった。享年74歳。赤堀の研究は、アミノ酸の研究と原始たんぱく質の生成に関する新理論の提唱など、生命の起源を探る研究に大きな貢献をした。

-赤堀四郎の功績-

赤堀四郎は、アミノ酸の研究と原始たんぱく質の生成に関する新理論の提唱など、生命の起源を探る研究に大きな貢献をした。赤堀の研究は、生命の起源に関する理解を深め、生命科学の発展に大きく寄与した。

学術賞の受賞と学士院会員への選出

学術賞の受賞と学士院会員への選出

-赤堀四郎-

-学術賞の受賞と学士院会員への選出-

赤堀四郎は、日本の化学者、東京教育大学教授。日本学士院賞受賞。脂質の研究で著名。

赤堀四郎は、1903年(明治36年)に北海道函館市に生まれた。1927年(昭和2年)に東京帝国大学理学部化学科を卒業し、1930年(昭和5年)に同大学院を修了した。その後、東京文理科大学助教授、教授を歴任し、1949年(昭和24年)に東京教育大学教授に就任した。

赤堀四郎は、脂質の研究で大きな功績を上げた。1936年(昭和11年)に、天然脂肪酸の立体構造を決定し、1939年(昭和14年)には、脂肪酸の生合成経路を明らかにした。また、1942年(昭和17年)には、脂質の酸化反応を研究し、過酸化物の生成メカニズムを解明した。

赤堀四郎は、脂質の研究で多くの学術賞を受賞している。1943年(昭和18年)には、日本化学会賞を受賞し、1949年(昭和24年)には、日本学士院賞を受賞した。また、1953年(昭和28年)には、学士院会員に選出された。

赤堀四郎は、1991年(平成3年)に88歳で亡くなった。

タイトルとURLをコピーしました