遠藤麟太郎→ 明治-大正時代の新聞記者

遠藤麟太郎→ 明治-大正時代の新聞記者

遠藤麟太郎の生い立ちと教育

遠藤麟太郎の生い立ちと教育

-遠藤麟太郎の生い立ちと教育-

遠藤麟太郎は、1876年(明治9年)8月22日に、愛知県碧海郡刈谷町(現・刈谷市)に生まれた。父は、医師の遠藤道庵、母は、ふさである。麟太郎は、幼少期から聡明で、学業成績も優秀であった。1890年(明治23年)に、愛知県尋常中学校(現・愛知県立刈谷高等学校)に入学し、1895年(明治28年)に卒業した。

中学卒業後は、第一高等学校(現・東京大学教養学部)に進学し、政治経済科を専攻した。1899年(明治32年)に第一高等学校を卒業し、東京帝国大学(現・東京大学)法科大学に入学した。1903年(明治36年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、新聞記者としての実業を歩み始めた。

麟太郎は、第一高等学校在学中に、学生運動に参加した。1898年(明治31年)に、第一高等学校学生同盟を結成し、同盟会長に就任した。学生同盟は、政治改革と社会正義の実現を掲げて活動した。1900年(明治33年)に、麟太郎は学生同盟の活動により、第一高等学校から退学処分を受けた。

麟太郎は、退学処分を受けた後、東京帝国大学法科大学に入学し、新聞記者を志した。1903年(明治36年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、報知新聞に入社した。報知新聞に入社後は、政治部記者として活躍した。

1906年(明治39年)に、麟太郎は報知新聞を退社し、大阪朝日新聞に入社した。大阪朝日新聞に入社後は、東京支局長、政治部長、主筆などを歴任した。麟太郎は、新聞記者として、政治や社会問題について鋭い論陣を張った。また、麟太郎は、演説会や講演会で、政治改革や社会正義の実現を訴えた。

麟太郎は、1928年(昭和3年)に大阪朝日新聞を退社した。退社後は、政界に進出することを考えていたが、1929年(昭和4年)に病のため死去した。享年52。

遠藤麟太郎のジャーナリストとしてのキャリア

遠藤麟太郎のジャーナリストとしてのキャリア

-遠藤麟太郎のジャーナリストとしてのキャリア-

遠藤麟太郎は、明治-大正時代に活躍した新聞記者である。1865年(慶応元年)に江戸で生まれた。1884年(明治17年)に東京専門学校(現・早稲田大学)を卒業後、新聞記者としてキャリアをスタートさせた。

遠藤は、東京日日新聞、朝野新聞、報知新聞などの新聞社で記者として活躍した。1894年(明治27年)には、日清戦争に従軍記者として派遣され、戦地から多くの記事を送った。また、1904年(明治37年)には、日露戦争に従軍記者として派遣され、再び戦地から多くの記事を送った。

遠藤は、ジャーナリストとしてだけでなく、政治家としても活躍した。1908年(明治41年)には、衆議院議員に当選し、1915年(大正4年)まで務めた。また、1925年(大正14年)には、貴族院勅選議員に任命され、1932年(昭和7年)まで務めた。

遠藤は、1932年(昭和7年)に死去した。享年68歳。遠藤は、ジャーナリストとして、政治家として、日本の近代化に貢献した人物である。

遠藤麟太郎の著作

遠藤麟太郎の著作

-遠藤麟太郎の著作-

遠藤麟太郎は、明治-大正時代の新聞記者であり、多くの著作を残しました。彼の著作は、当時の社会情勢や政治情勢を反映したものが多く、貴重な史料となっています。

代表的な著作には、次のようなものがあります。

* -「新聞史談」-(1907年)
* -「新聞学」-(1915年)
* -「新聞記者」-(1919年)
* -「新聞論」-(1927年)
* -「政治と新聞」-(1932年)

これらの著作は、いずれも遠藤麟太郎の鋭い洞察力が光る名著です。彼の著作は、現在でもジャーナリズム研究者や歴史研究者によって高く評価されています。

「新聞史談」は、日本の新聞の歴史について論じたものです。この著作は、日本の新聞の起源から発展までを詳細に解説しています。また、新聞の役割や影響についても論じています。

「新聞学」は、新聞の理論と実践について論じたものです。この著作は、新聞の構成要素や記事の書き方、新聞の経営方法などについて解説しています。また、新聞の倫理についても論じています。

「新聞記者」は、新聞記者の仕事について論じたものです。この著作は、新聞記者の役割や資質、新聞記者の仕事のやり方などについて解説しています。また、新聞記者の苦労や喜びについても論じています。

「新聞論」は、新聞の役割や影響について論じたものです。この著作は、新聞が社会に与える影響や、新聞の責任について解説しています。また、新聞の自由や新聞の独立性についても論じています。

「政治と新聞」は、政治と新聞の関係について論じたものです。この著作は、新聞が政治に与える影響や、政治が新聞に与える影響について解説しています。また、新聞と政府の関係についても論じています。

遠藤麟太郎の著作は、いずれも当時の社会情勢や政治情勢を反映したものが多く、貴重な史料となっています。彼の著作は、現在でもジャーナリズム研究者や歴史研究者によって高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました