大伴金村:大和朝廷をリードした古代豪族

大伴金村:大和朝廷をリードした古代豪族

大伴金村の生い立ちと家族

大伴金村の生い立ちと家族

-大伴金村の生い立ちと家族-

大伴金村は、飛鳥時代前期の豪族であり、物部守屋を滅ぼしたことで知られています。物部守屋は、欽明天皇の即位に深く関わり、権勢を握っていた人物であり、金村は、守屋を滅ぼすことで、蘇我氏を率いて、大和朝廷の中心人物となりました。

金村は、物部守屋の嫡子であり、大伴氏の本家筋に属していました。大伴氏は、物部氏、蘇我氏と並んで、古代豪族の三大家の一つであり、金村は、大伴氏の中でも、特に高い地位を占めていました。金村の父である物部守屋は、527年に欽明天皇の即位を助け、585年には、蘇我氏と戦い、勝利しました。守屋は、非常に権勢を握っており、欽明天皇の死後も、物部氏の勢力基盤を維持していました。

金村は、守屋の死後、大伴氏の家督を継ぎました。金村は、物部守屋と同様に、蘇我氏の勢力拡大に反対し、587年に、蘇我馬子と戦いました。しかし、金村は、馬子に敗れ、滅亡しました。

金村は、2人の息子と1人の娘を有していました。息子の1人は大伴長徳であり、長徳は、金村の死後、大伴氏の家督を継ぎました。長徳は、物部氏と蘇我氏の両方の血を引いており、大伴氏の名門意識を継承していました。長徳は、603年に推古天皇の即位に深く関わり、推古天皇の信任を得て、大伴氏の一層の発展に貢献しました。

金村の娘は、蘇我馬子の長男である蘇我蝦夷に嫁ぎました。蝦夷は、628年に、聖徳太子の死後、蘇我氏の家督を継ぎ、大和朝廷の権力を握りました。蝦夷は、金村の娘を妻に迎えたことで、大伴氏との関係を強化しました。蝦夷と金村の娘の間に生まれた息子が蘇我入鹿であり、入鹿は、蝦夷の死後、蘇我氏の家督を継ぎました。入鹿は、645年に、中大兄皇子と中臣鎌足によって滅ぼされ、苏我氏は滅亡しました。

大伴金村は、物部守屋を滅ぼし、蘇我氏を率いて、大和朝廷の権力を握った人物です。金村の死後、大伴氏は衰退しましたが、その子孫は、その後も、朝廷の中で重要な役割を果たしました。

武烈天皇・継体天皇の即位実現への貢献

武烈天皇・継体天皇の即位実現への貢献

-武烈天皇・継体天皇の即位実現への貢献-

大伴金村は、武烈天皇と継体天皇の即位に重要な役割を果たした。『日本書紀』によると、金村は武烈天皇の皇后であった手白香皇女の父であり、武烈天皇が崩御した際には、皇太子である菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)を皇位に就けることを主張した。しかし、金村は同時に、志向氏(しじょううじ)の長である大宅臣(おおやけのおみ)と仲が悪く、大宅臣は欽明天皇の皇子である他田皇子(おさだのおうじ)を皇位に就けることを主張した。

両者の対立は激化し、金村は他田皇子を誅殺することを決意した。金村は、他田皇子を捕らえて絞殺し、その後、菟道稚郎子を皇位に就かせた。これが武烈天皇である。

武烈天皇は、在位わずか3年で崩御した。金村は、武烈天皇の死後、継体天皇を皇位に就かせるために奔走した。金村は、継体天皇の父である男大迹王(おほおとのものおおきみ)と親交があり、男大迹王の死後は継体天皇を養育した。

継体天皇の即位後、金村は朝廷内で大きな権力を握った。金村は、大連(おおむらじ)に任命され、外交や軍事などの重要な政策を決定した。金村は、継体天皇の治世に重要な役割を果たし、大和朝廷の繁栄に貢献した。

筑紫国造磐井の乱の鎮圧と失脚

筑紫国造磐井の乱の鎮圧と失脚

筑紫国造磐井の乱の鎮圧と失脚

大見出し「大伴金村大和朝廷をリードした古代豪族」の下に作られた小見出しの「筑紫国造磐井の乱の鎮圧と失脚」は、大伴金村が筑紫国造磐井の反乱を鎮圧し、失脚した事件について取り扱っています。

筑紫国造磐井は、九州北部を支配していた豪族で、大和朝廷に服属していました。しかし、磐井は次第に大和朝廷に対する不満を募らせ、反乱を起こしました。反乱は、磐井が大和朝廷の使者を殺害し、九州北部一帯を占領したことから始まりました。

大和朝廷は、磐井の反乱を鎮圧するために、大伴金村を派遣しました。金村は、磐井の軍勢を破り、磐井を降伏させました。磐井は、大和朝廷に降伏した後、失脚しました。

磐井の乱の鎮圧は、大伴金村にとって大きな功績となりました。金村は、この戦いで、大和朝廷のために戦った武功を上げ、大和朝廷の中でさらに権力を強めました。

筑紫国造磐井の乱の鎮圧と失脚は、古代日本の歴史において重要な事件です。この事件は、大和朝廷が九州北部を支配し、全国を統一するきっかけとなりました。また、この事件は、大伴金村が大和朝廷の中で権力を強めるきっかけにもなりました。

大伴金村は、磐井の乱の鎮圧後、大和朝廷の中でさらに重きをなし、蘇我氏と並ぶ有力豪族となりました。金村は、舒明天皇の時代には、左大臣を務め、大化の改新にも参与しました。金村は、天智天皇の時代にも、右大臣を務め、国政を主導しました。大伴金村は、天武天皇の時代には、左大臣を務め、壬申の乱にも参戦しました。金村は、壬申の乱で戦死しましたが、その子の大伴安麻呂が、後に大納言に任命され、大伴氏を繁栄させました。

大伴金村は、大和朝廷をリードした古代豪族であり、その功績は、日本の歴史に大きく影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました