大伴坂上郎女 – 美しき歌人、万葉集に77首を残した女性

大伴坂上郎女 – 美しき歌人、万葉集に77首を残した女性

大伴坂上郎女の波乱に満ちた人生

大伴坂上郎女の波乱に満ちた人生

-大伴坂上郎女の波乱に満ちた人生-

大伴坂上郎女は、奈良時代の女流歌人で、夫の夭折、失恋、娘の早逝など、数々の困難に直面した波乱に満ちた人生を送りました。

郎女は、天平5年(733年)に大伴家持の長女として生まれ、幼い頃から聡明で歌才に恵まれていました。18歳のとき、藤原麻呂の四男・藤原広嗣と結婚しますが、わずか3年後に広嗣は反乱を起こして敗死。郎女は夫を亡くし、一人娘の坂上大嬢を連れて実家に戻りました。

その後、郎女は夫の親友だった大伴家持と親しくなり、20首以上の熱烈な恋歌を贈られますが、家持は後に藤原古麻呂の娘と結婚。郎女は失恋の悲しみを歌に託しました。

天平19年(747年)、郎女は35歳の若さで娘の大嬢を亡くします。大嬢は、家持の弟である大伴古麻呂との間に生まれた娘で、郎女にとって唯一の子どもでした。大嬢の死は郎女に大きな悲しみを与え、その悲しみは彼女の歌にも表れています。

天平20年(748年)、郎女は46歳で亡くなりました。彼女の歌は、万葉集に77首が収められており、その多くは夫や娘を悼む哀切な歌です。郎女の歌は、優美な言葉遣いと繊細な感情表現で知られており、万葉集の中でも屈指の歌人として評価されています。

郎女は、波乱に満ちた人生を送りながらも、数々の名歌を残しました。彼女の歌は、現代でも多くの人々に愛され続けています。

万葉集に詠まれた彼女の歌

万葉集に詠まれた彼女の歌

-万葉集に詠まれた彼女の歌-

大伴坂上郎女は、万葉集に77首を残した女性歌人です。その歌は、叙情的なものから、恋の歌、挽歌まで幅広く、彼女の繊細な感性と、豊かな表現力が伝わってきます。

彼女の歌の中で、最も有名なのは、夫である大伴家持との贈答歌でしょう。二人は、互いに歌を贈り合い、その中で、愛の喜びや悲しみを表現しています。

例えば、家持が郎女に送った歌の中に、次のようなものがあります。

> あなたが恋しく、寝られぬ夜が続きます。
あなたに会いたい、一日千秋です。

また、郎女が家持に送った歌の中には、次のようなものがあります。

> あなたを思うと、胸がいっぱいになります。
あなたに会えないと、涙が止まりません。

二人の歌からは、互いに深く愛し合っていたことが伝わってきます。しかし、二人は、不幸にも死別してしまいます。

家持が亡くなった後、郎女は、家持を偲んで、多くの歌を残しました。その中には、次のようなものがあります。

> あなたが亡くなって、世の中が暗く感じます。
あなたに会いたい、夢にでも会いたい。

郎女の歌からは、家持を亡くした悲しみと、彼への深い愛が伝わってきます。

大伴坂上郎女の歌は、万葉集の中でも、特に優れたものとされています。その歌は、彼女の繊細な感性と、豊かな表現力が光り、後世の人々にも愛され続けています。

平安時代の歌人に与えた影響

平安時代の歌人に与えた影響

平安時代の歌人に与えた影響

大伴坂上郎女の歌は、平安時代の歌人に大きな影響を与えました。彼女が用いた比喩や和歌の形式は、平安時代の歌人の作品に取り入れられました。また、彼女が詠んだ恋の歌は、平安時代の人々が恋愛について考える方法に影響を与えました。

例えば、平安時代の歌人である小野小町は、大伴坂上郎女の歌をモデルにして、多くの恋の歌を詠みました。小野小町は、大伴坂上郎女の比喩や和歌の形式を真似して、自分の歌をより美しく表現しました。また、小野小町は、大伴坂上郎女が詠んだ恋の歌を読んで、恋愛について考えるようになりました。小野小町は、大伴坂上郎女の歌から、恋愛は美しく悲しいものであることを学びました。

平安時代の歌人である藤原定家も、大伴坂上郎女の歌に影響を受けました。藤原定家は、大伴坂上郎女の歌を、万葉集の中でも特に優れた歌として選びました。また、藤原定家は、大伴坂上郎女の歌を参考にして、自分の歌を詠みました。藤原定家は、大伴坂上郎女の歌から、和歌の美しさについて学びました。

大伴坂上郎女の歌は、平安時代の歌人に大きな影響を与えました。彼女の歌は、平安時代の歌人の作品に取り入れられ、平安時代の人々の恋愛について考える方法に影響を与えました。大伴坂上郎女の歌は、万葉集の中でも特に優れた歌であり、平安時代の歌人の手本となりました。

タイトルとURLをコピーしました