美術分野の人

– 「大西浄元(2)」

-9代大西浄玄の弟子として活躍- 大西浄元(2)は、9代大西浄玄の弟子として活躍した。浄玄は、浄土宗の改革者であり、浄土宗の教義を広めるために各地を巡っていた。浄元は、浄玄の教えに感銘を受け、弟子入りを志願した。浄玄は、浄元の熱意を認め、弟子として受け入れた。 浄元は、浄玄の弟子として、浄土宗の教義を学び、浄土宗の布教活動に尽力した。浄元は、浄土宗の教えをわかりやすく説き、多くの人々から支持を得た。浄元は、浄土宗の布教活動を通じて、浄土宗の教義を広めることに貢献した。 浄元は、浄土宗の教学者としても活躍した。浄元は、浄土宗の教義について多くの著作を著し、浄土宗の教学の発展に貢献した。浄元の著作は、浄土宗の教学を学ぶ人々にとって貴重な資料となっている。 浄元は、浄土宗の改革者であり、浄土宗の教義を広めるために各地を巡っていた。浄元は、浄玄の教えに感銘を受け、弟子入りを志願した。浄玄は、浄元の熱意を認め、弟子として受け入れた。 浄元は、浄玄の弟子として、浄土宗の教義を学び、浄土宗の布教活動に尽力した。浄元は、浄土宗の教えをわかりやすく説き、多くの人々から支持を得た。浄元は、浄土宗の布教活動を通じて、浄土宗の教義を広めることに貢献した。 浄元は、浄土宗の教学者としても活躍した。浄元は、浄土宗の教義について多くの著作を著し、浄土宗の教学の発展に貢献した。浄元の著作は、浄土宗の教学を学ぶ人々にとって貴重な資料となっている。
文学分野の人

北条秀司ー劇画の世界

-北条秀司の人生と経歴- 北条秀司は、1935年2月15日、東京に生まれた。本名は北条登。 子供の頃から漫画が好きで、小学校の卒業文集には「漫画家になりたい」と将来の夢を書いた。 中学では美術部に所属し、漫画研究会を立ち上げた。 高校卒業後は、デザイン事務所に就職するが、漫画家になる夢を諦めきれず、退職して投稿を始める。 1956年、貸本誌「少年」に「鉄腕投手」が掲載され、漫画家デビューを果たす。 1959年、週刊少年誌「少年マガジン」に「豹の眼」を連載開始。これが大ヒットし、北条秀司の名を一躍有名にした。 その後も、「風雲児たち」「子連れ狼」「11人いる!」「人間交差点」「影の軍団」など、数々のヒット作を生み出した。 1991年に漫画家生活40周年を記念して、「北条秀司大全集」が全40巻で刊行された。 2002年、紫綬褒章を受章。 2010年、旭日小綬章を受章。 2017年、82歳で亡くなった。 北条秀司は、日本の漫画界を代表する漫画家の一人である。その作品は、時代劇、忍者、アクション、コメディなど、幅広いジャンルにわたり、多くの人々に愛された。
歴史上の人物

「本多猗蘭」とは?

-# 本多猗蘭の生涯 本多猗蘭は、1896年3月7日に静岡県浜松市で生まれました。本名は菊栄ですが、俳号である「猗蘭」の方が一般的にはよく知られています。本多は、幼い頃から文学に興味を持ち、短歌や俳句を詠んでいました。1913年には、東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)に入学し、国文学を学びました。在学中に、正岡子規の俳句に感銘を受け、俳句の創作を始めました。 1918年に東京女子高等師範学校を卒業した後、本多は母校で教職に就きました。同時に、俳句の創作を続け、1921年には第一句集『猗蘭句集』を出版しました。この句集は、多くの俳人から高い評価を受け、本多は俳人として認められるようになりました。 1926年に、本多は俳人の中村草田男と結婚しました。草田男は、本多の俳句の才能を高く評価しており、彼女の創作を支えました。本多は、草田男との間に一男一女をもうけ、俳句の創作と子育てを両立させながら精力的に活動しました。 1945年、本多は夫の草田男とともに戦火を避けて長野県小諸市に疎開しました。小諸では、本多は俳句の創作を続け、1948年には句集『小諸日記』を出版しました。この句集は、小諸での生活を詠んだもので、本多の俳句の新しい一面を垣間見ることができます。 1950年に、本多は東京に戻り、俳句の創作活動を再開しました。1954年には、句集『春潮』を出版し、翌1955年には俳人協会の会長に就任しました。本多は、俳句の普及と発展に尽力し、多くの俳人を育てました。 1978年、本多は俳句界の最高栄誉である文化勲章を受章しました。これは、女性俳人として初めてのことでした。本多は、1984年12月19日に88歳で亡くなりましたが、彼女の俳句は今もなお多くの人々に愛され続けています。
政治分野の人

自見庄三郎-政界で活躍した医師・政治家

-生い立ちと医師としてのキャリア- 自見庄三郎は、1865年(慶應元年)に現在の静岡県浜松市で生まれた。父は町医者の自見権太郎、母は四ツ谷氏である。幼い頃から漢学を学び、1881年(明治14年)に浜松中学校に入学。1885年(明治18年)に東京の私立医学校である順天堂医院に入学し、1890年(明治23年)に卒業した。 卒業後は、浜松市内の病院に勤務し、1895年(明治28年)に開業した。開業後は、浜松市内の医師会や衛生会の会長を務めるなど、地域医療に尽力。また、1899年(明治32年)には、浜松市議会議員に当選し、1903年(明治36年)には浜松市長に就任した。 浜松市長としては、上下水道や電気、ガスなどのインフラ整備に力を注ぎ、浜松市の近代化に貢献した。また、浜松市立図書館や浜松市立病院を設立するなど、文化や医療の振興にも尽力した。 1911年(明治44年)に浜松市長を退任後は、衆議院議員に当選し、政界入りした。衆議院議員としては、文部大臣や厚生大臣を務め、教育や医療の充実などに尽力した。 1946年(昭和21年)に政界を引退し、1948年(昭和23年)に浜松市で死去した。
文学分野の人

薬剤師,作詞家 林柳波について

-薬剤師として活躍した林柳波- 林柳波は、1893年(明治26年)に和歌山県で生まれました。1917年(大正6年)に大阪薬学校を卒業し、薬剤師として働き始めました。その後、1922年(大正11年)に東京帝国大学薬学部に進学し、1926年(大正15年)に卒業しました。 大学卒業後は、薬剤師として働きながら、作詞活動も始めました。1928年(昭和3年)に発表した「あゝそれなのに」が大ヒットし、作詞家として一躍有名になりました。その後も、「青い山脈」「長崎の鐘」「人生の並木路」など、数々のヒット曲を世に送り出しました。 林柳波は、作詞家としてだけでなく、薬剤師としても活躍しました。1936年(昭和11年)に、東京・日本橋に薬局を開業し、薬剤師として働きました。薬局では、薬の調剤や販売だけでなく、薬の相談にも応じ、地域の人々に親しまれていました。 1945年(昭和20年)、林柳波は52歳で亡くなりました。しかし、彼の作詞した曲は今もなお歌い継がれ、多くの人々に愛されています。また、薬剤師としての彼の功績も、人々の記憶にしっかりと刻まれています。 林柳波は、作詞家としても薬剤師としても、日本に多くの功績を残した偉人です。彼の業績は、これからも語り継がれていくでしょう。
学術分野の人

沢崎順之助:アメリカ文学者、詩人、翻訳家

沢崎順之助の生い立ちと経歴 沢崎順之助は、1928年11月13日、東京市淀橋区(現・東京都新宿区)で生まれた。父は沢崎寛十、母は沢崎八重。1935年に成城尋常小学校に入学し、1941年に成城中学校に進学した。成城中学校では、英語科の教師であった西脇順三郎の影響を受け、詩を書き始める。 1947年に東京大学文学部英文科に入学し、1951年に卒業した。大学卒業後は、東京大学の助手として働きながら、詩の創作を続けた。1954年に詩集「花束」を刊行し、詩壇にデビューした。 1956年にアメリカ合衆国に留学し、ハーバード大学で比較文学を専攻した。1959年に帰国し、東京大学の助教授に就任した。1964年に詩集「影」を刊行し、第13回読売文学賞を受賞した。 1966年に東京大学の教授に昇進し、1973年に定年退官した。退官後は、詩の創作や翻訳、評論活動を続けた。1986年に詩集「人生」を刊行し、第29回読売文学賞を受賞した。1992年に詩集「死」を刊行し、第3回鮎川信夫賞を受賞した。 沢崎順之助は、2009年11月13日に死去した。享年81歳。
文学分野の人

菊池渓琴(⇒菊池海荘)-

- 菊池渓琴の生涯 菊池渓琴(1912-1995)は、日本の洋画家である。本名菊池海荘、長野県飯田市生まれ。 渓琴は幼い頃から絵画に興味を持ち、1930年に東京美術学校に入学した。在学中は、恩地孝四郎や郷土色の濃い絵を描いていたが、次第に抽象絵画に興味を持ち始め、1938年に卒業後は主に抽象絵画を制作するようになる。 1940年に渡欧し、フランス、イタリア、スペインを歴訪した。1942年に帰国し、翌1943年に第1回サンパウロ・ビエンナーレに《空間感》を出品して入選した。1946年には、民主美術協会の結成に参加し、その後は同協会の運営に携わった。 1950年に渡米し、ニューヨークとロサンゼルスに住んだ。1954年に帰国後は、東京藝術大学教授に就任した。1965年には、サンパウロ・ビエンナーレで大賞を受賞した。1973年に東京藝術大学を退官し、1977年に文化勲章を受章した。1995年に没した。 渓琴は、日本の抽象絵画の発展に大きな貢献をした画家である。また、教育者として多くの後進を育てた。彼の作品は、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、広島県立美術館などに所蔵されている。
文学分野の人

生方敏郎 – 明治-昭和時代の随筆家と評論家

生方敏郎の生涯と経歴 生方敏郎は、1888年(明治21年)12月15日、東京府東京市麹町区(現・東京都千代田区)で生まれた。父は海軍軍医、母は華族の娘である。生家は裕福で、幼少期は恵まれた環境で育った。 生方敏郎は、1901年(明治34年)に東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)に入学した。同校在学中に文学に興味を持ち、夏目漱石や森鷗外などの作品を読みふけるようになった。 1907年(明治40年)に第一中学校を卒業後、東京帝国大学(現・東京大学)英文科に入学した。同大学在学中に、内村鑑三や島崎藤村などの影響を受け、キリスト教や社会主義思想に傾倒した。 1912年(明治45年)に東京帝国大学を卒業後、朝日新聞社に入社した。同社では、記者として活躍し、主に社会問題や文学に関する記事を担当した。 1919年(大正8年)に朝日新聞社を退社し、フリーランスの作家として活動を開始した。同年、評論集『現代のイデオロギー』を出版し、文壇デビューを果たした。 1923年(大正12年)に、関東大震災が発生した。生方敏郎は、震災で被災し、妻子を亡くした。この悲劇的な体験をきっかけに、生方は人生観を一変させ、社会正義の実現に向けて活動するようになった。 1924年(大正13年)に、左翼系の雑誌『ナップ』の創刊に参加した。同誌で、生方はマルクスの社会理論を日本に紹介し、プロレタリア文学運動を推進した。 1928年(昭和3年)に、治安維持法違反の容疑で逮捕され、懲役2年の刑を言い渡された。生方は、獄中でキリスト教信仰に目覚め、社会主義運動から距離を置くようになった。 1930年(昭和5年)に出所後、生方敏郎は、随筆家として活動を開始した。1931年(昭和6年)に、随筆集『生きていること』を出版し、ベストセラーとなった。 生方は、その後も多くの随筆集や評論集を出版し、国民的人気を博した。1956年(昭和31年)には、文化勲章を受章した。 1966年(昭和41年)1月19日、生方敏郎は、東京都渋谷区の自宅で死去した。享年77。
歴史上の人物

竹村鷺庵 – 江戸時代中期の茶人

竹村鷺庵の生涯と功績 竹村鷺庵は、江戸時代中期の茶人。松尾芭蕉に師事し、蕉門十哲の一人に数えられた。京都の生まれで、本名は竹村玄仲。父は京都の豪商である竹村与右衛門。鷺庵は、幼い頃から茶道に親しみ、16歳のときに松尾芭蕉に入門した。 芭蕉のもとで茶道と俳諧を学び、1689年に芭蕉の弟子たちとともに「野晒布(のさらし)」の俳諧行脚に参加した。このときに、曾良とともに芭蕉の没後まで同行し、芭蕉の最期を看取った。 芭蕉の死後、鷺庵は芭蕉の遺志を継いで俳諧の普及に努めた。芭蕉が亡くなった翌年の1695年に、門弟たちとともに蕉門の最初の俳諧集『猿蓑』を刊行した。また、1701年には『奥の細道』を出版し、芭蕉の知名度を一気に高めた。 俳諧の普及とともに、鷺庵は茶道にも力を入れ、1705年に京都に茶室「鷺庵」を建てた。鷺庵の茶室は、数寄屋造りの茶室の中でも特に優れたものとして知られ、現在も京都市の重要文化財に指定されている。 鷺庵は、茶道と俳諧の両方で優れた業績を残した江戸時代中期の代表的な文化人である。鷺庵の功績は、今日でも日本の茶道と俳諧の発展に大きな影響を与えている。
文学分野の人

佐々木宇喬 – 江戸後期俳人

- 佐々木宇喬の生涯 佐々木宇喬は、江戸後期に活躍した俳人です。1770年(明和7年)に、越後国新潟県に生まれました。本名は、佐々木正徳。字は、潤山、臥龍。号は、春秋園、百花園、臥園など。 宇喬は、幼い頃から俳句に親しみ、14歳の頃には、俳諧師の横寺千秋に入門しました。17歳の時には、江戸に出て、俳諧師の菅野白華に入門しました。白華の門下で、宇喬は俳諧の基礎を学び、頭角を現しました。 19歳の時には、宇喬は、白華の推薦で、俳諧師の与謝蕪村に入門しました。蕪村の門下で、宇喬は俳諧の真髄を学び、俳人としての才能をさらに開花させました。 蕪村の死後、宇喬は、俳諧師として独立し、俳諧の普及に努めました。1801年(享和元年)には、俳諧雑誌「俳諧歳時記」を創刊し、俳諧の知識の普及に貢献しました。また、1806年(文化3年)には、俳諧の教科書「俳諧指南」を出版し、俳諧の普及に努めました。 宇喬は、俳人としてだけでなく、歌人としても活躍しました。1792年(寛政4年)には、歌集「露沾集」を出版し、歌人としての地位を確立しました。 宇喬は、1845年(弘化2年)に、76歳で亡くなりました。宇喬の俳句は、写生を重視しており、自然の美しさや四季の移ろいを巧みに表現した作品が多く、今もなお愛され続けています。
歴史上の人物

 「木下慎之助」

尊王攘夷に捧げた短い生涯 木下慎之助は、短い生涯を尊王攘夷に捧げた幕末の志士です。1834 (天保5) 年に江戸に生まれ、1864 (元治1) 年に暗殺されました。わずか30歳でした。 慎之助は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。特に、儒学を学び、尊皇攘夷思想に傾倒していきました。1853年 (嘉永6) 年、ペリーが浦賀に来航すると、慎之助は、攘夷運動に参加し、幕府を倒そうとしました。 1860年 (万延元年) 年、慎之助は、水戸藩の尊攘派志士、梅田雲浜と知り合い、尊攘運動の中心人物の一人となりました。1862年 (文久2) 年、慎之助は、梅田雲浜らとともに、薩摩藩の島津久光を擁して、京都に上洛し、幕府に攘夷を迫りました。 1863年 (文久3) 年、慎之助は、梅田雲浜らとともに、薩摩藩の寺田屋に潜伏しました。しかし、幕府の追っ手に捕らえられ、投獄されました。1864年 (元治1) 年、慎之助は、獄中で暗殺されました。 慎之助は、尊王攘夷運動の中で、幕府の弾圧に遭い、命を落としましたが、その志は、明治維新に大きな影響を与えました。慎之助は、尊王攘夷運動の殉難者として、現在でも多くの人々に敬愛されています。
美術分野の人

森谷南人子 – 孤高の日本画家

大正から昭和にかけての孤高の日本画家 森谷南人子は、大正から昭和にかけて活躍した日本画家です。1894年に東京に生まれ、1938年に亡くなりました。南人子は、幼い頃から絵の才能を発揮し、12歳の時に東京美術学校に入学しました。東京美術学校では、横山大観や下村観山に師事し、日本画の基礎を学びました。 南人子は、1915年に東京美術学校を卒業した後、すぐに日本画壇で頭角を現しました。1920年に文展に入選し、1926年には帝展に入選しました。南人子の作品は、伝統的な日本画の技法を踏襲しながらも、独自の画風を確立しています。南人子の作品は、静謐な美しさと高い精神性が特徴です。南人子は、人物画、風景画、花鳥画など、幅広いジャンルの作品を制作しましたが、特に人物画に優れていました。 南人子は、1938年に43歳の若さで亡くなりましたが、その作品は現在でも高い評価を受けています。南人子の作品は、東京国立近代美術館や京都国立近代美術館、奈良国立博物館などの美術館に所蔵されています。 南人子は、大正から昭和にかけて活躍した孤高の日本画家です。南人子の作品は、静謐な美しさと高い精神性が特徴であり、現在でも多くの人々に愛されています。
政治分野の人

「山村豊次郎」について

-山村豊次郎の生誕から経歴まで- 山村豊次郎は、明治13年(1880年)1月31日に、愛媛県伊予郡に生まれました。父は山村豊兵衛、母は山村キクです。豊次郎は、幼い頃から大変頭が良く、勉強熱心でした。10歳の時には、当時としてはかなり珍しかった中学校に入学し、優秀な成績で卒業しました。 卒業後、豊次郎は上京して東京帝国大学に入学し、経済学を専攻しました。大学卒業後は、大蔵省に入省し、税務畑を歩みました。その後、大蔵省を退官し、実業界に転身しました。 大正12年(1923年)、豊次郎は、日本商工会議所会頭になりました。また、昭和15年(1940年)には、貴族院議員に勅選され、昭和21年(1946年)には、商工大臣に就任しました。 豊次郎は、戦後も政界で活躍し、昭和24年(1949年)には、衆議院議員に当選しました。昭和27年(1952年)には、吉田内閣で経済企画庁長官に就任しました。 豊次郎は、昭和31年(1956年)に、81歳の生涯を閉じました。豊次郎は、経済学の権威としてだけでなく、政治家としても活躍した人物でした。
歴史上の人物

「児玉源太郎」- 明治の軍人、参謀総長

-児玉源太郎の生涯と功績- 児玉源太郎は、1852年(嘉永5年)に肥後国熊本藩(現在の熊本市)で生まれた。同藩の藩校である時習館で学び、1873年(明治6年)に陸軍士官学校に入学。1877年(明治10年)に西南戦争が起こると、西郷隆盛率いる薩摩軍と戦い、功績を挙げた。 日清戦争では、第5軍司令官として遼東半島に上陸。旅順攻略戦で活躍し、清国軍を降伏させた。また、日露戦争では、満州軍総参謀長として、ロシア軍と戦った。旅順攻略戦では、ロシア軍の堅固な要塞を陥落させることに成功し、日本の勝利に大きく貢献した。 児玉源太郎は、日本陸軍の近代化に尽力した人物としても知られている。陸軍士官学校の教官を務め、教育制度の改革に携わった。また、日清戦争と日露戦争で得た経験を活かして、陸軍の組織や戦術を整備した。 児玉源太郎は、1912年(明治45年)に、参謀総長に就任。しかし、翌1913年(大正2年)に病のためこの世を去った。享年62歳であった。 児玉源太郎は、明治維新後の日本の近代化に大きく貢献した人物である。その功績は、今日でも高く評価されている。
学術分野の人

魚返善雄 – 昭和時代の言語学者,中国文学者

-魚返善雄 生涯と業績- -早年期と学歴- 魚返善雄は1908年10月10日に宮城県仙台市で生まれました。仙台一中、第一高等学校を経て1928年に東京帝国大学文学部中国文学科に入学しました。1931年に卒業後は、東京帝国大学大学院に進学し、1933年に博士課程を修了しました。 -学究生活と業績- 1934年、魚返善雄は東京帝国大学文学部助教授に就任しました。1942年に教授に昇進し、1969年に定年退官するまでその職に就きました。在職中は、中国文学、中国語学、日本語学の分野で幅広く研究を行い、多くの優れた業績を残しています。 魚返善雄の主な業績としては、以下のものが挙げられます。 - 『中国語学史』(1941年) - 『日本語学概説』(1950年) - 『中国歴史文法研究』(1953年) - 『中国語の歴史』(1960年) - 『中国語概説』(1966年) これらの著作は、いずれも中国語学と日本語学の分野で重要な業績として評価されており、現在でも多くの研究者に引用されています。 -晩年と死- 魚返善雄は1969年に東京帝国大学を定年退官した後も、研究活動を続けました。1977年には、勲三等瑞宝章を受章しています。1982年10月28日に東京都で亡くなりました。享年74歳でした。 魚返善雄は、中国語学と日本語学の分野で大きな足跡を残した偉大な言語学者でした。その業績は、現在でも多くの研究者に影響を与え続けています。
文学分野の人

佐々木久子 – 昭和後期から平成時代にかけて活躍した随筆家

昭和5年生まれの佐々木久子が晩年まで歩んだ人生 佐々木久子は、昭和5年(1930年)11月22日に、東京都で生まれた随筆家です。昭和28年(1953年)に、短歌誌「アララギ」に歌を投稿し、高浜虚子に認められます。昭和31年(1956年)に、東京大学文学部を卒業し、出版社に入社。編集者として働きながら、歌や随筆を執筆しました。昭和40年(1965年)に、歌集「恋歌」を出版し、短歌作家としてデビューしました。昭和45年(1970年)には、随筆集「女の四季」を出版し、随筆家としてデビューしました。 佐々木久子は、昭和後期から平成時代にかけて、随筆家として活躍しました。その随筆は、日常の出来事や自然の美しさなどを、温かくユーモアのある文体で綴ったもので、多くの読者から愛されました。また、佐々木久子は、短歌作家としても活躍し、数多くの歌集を出版しました。 佐々木久子は、平成24年(2012年)に、82歳で亡くなりました。最後まで、随筆や短歌の執筆を続け、その死は多くの読者から惜しまれました。 佐々木久子は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した、随筆家として短歌作家の先駆者であり、その作品は、多くの読者から愛されました。 佐々木久子の作品は、現在でも多くの人に読まれ、その温かくユーモアのある文体は、多くの人に癒しを与えています。また、佐々木久子の作品は、日本の文化や風習を知るための貴重な資料としても高く評価されています。