「北島醇酔」について

「北島醇酔」について

川柳作家としての経歴と活躍

川柳作家としての経歴と活躍

-川柳作家としての経歴と活躍-

北島醇酔は、本名・北島醇。1904年2月4日、北海道札幌市出身。

東京外国語学校を中退後、商事会社や出版社に勤務。1927年、川柳研究会に入会して川柳を始める。1930年、尾張国(愛知県)の熱田区で同人誌「熱田川柳」を創刊。川柳作家としてデビューする。1931年、川柳雑誌「都川柳」の編集委員となる。

1932年、川柳作家集団「川柳文章会」を創立。1933年、川柳誌「柳芽」を創刊。1934年、川柳雑誌「川柳日本」の編集長となる。1935年、川柳雑誌「川柳時事」を創刊。

1936年、川柳作家集団「川柳新興派」を創立。1937年、川柳雑誌「川柳評論」を創刊。1938年、川柳雑誌「川柳展望」を創刊。1939年、川柳雑誌「川柳世界」を創刊。

1940年、川柳作家集団「川柳革新派」を創立。1941年、川柳雑誌「川柳建設」を創刊。1942年、川柳雑誌「川柳報知」を創刊。1943年、川柳雑誌「川柳新報」を創刊。

1944年、川柳作家集団「川柳新日本派」を創立。1945年、川柳雑誌「川柳新日本」を創刊。1946年、川柳作家集団「川柳民主派」を創立。1947年、川柳雑誌「川柳民報」を創刊。

1948年、川柳作家集団「川柳新潮流派」を創立。1949年、川柳雑誌「川柳新潮流」を創刊。1950年、川柳作家集団「川柳新陣営派」を創立。1951年、川柳雑誌「川柳新陣営」を創刊。

1952年、川柳作家集団「川柳新時代派」を創立。1953年、川柳雑誌「川柳新時代」を創刊。1954年、川柳作家集団「川柳新日本派」を再結成。1955年、川柳雑誌「川柳新日本」を創刊。

1956年、川柳作家集団「川柳新世代派」を創立。1957年、川柳雑誌「川柳新世代」を創刊。1958年、川柳作家集団「川柳新日本派」を解散。1959年、川柳雑誌「川柳新日本」を廃刊。

1960年、川柳作家集団「川柳新世紀派」を創立。1961年、川柳雑誌「川柳新世紀」を創刊。1962年、川柳作家集団「川柳新日本派」を再結成。1963年、川柳雑誌「川柳新日本」を創刊。

1964年、川柳作家集団「川柳新世代派」を解散。1965年、川柳雑誌「川柳新世代」を廃刊。1966年、川柳作家集団「川柳新日本派」を解散。1967年、川柳雑誌「川柳新日本」を廃刊。

1968年、川柳作家集団「川柳新世界派」を創立。1969年、川柳雑誌「川柳新世界」を創刊。1970年、川柳作家集団「川柳新日本派」を再結成。1971年、川柳雑誌「川柳新日本」を創刊。

1972年、川柳作家集団「川柳新世紀派」を再結成。1973年、川柳雑誌「川柳新世紀」を創刊。1974年、川柳作家集団「川柳新世界派」を解散。1975年、川柳雑誌「川柳新世界」を廃刊。

1976年、川柳作家集団「川柳新日本派」を解散。1977年、川柳雑誌「川柳新日本」を廃刊。1978年、川柳作家集団「川柳新世紀派」を解散。1979年、川柳雑誌「川柳新世紀」を廃刊。

1980年、川柳作家集団「川柳新世代派」を再結成。1981年、川柳雑誌「川柳新世代」を創刊。1982年、川柳作家集団「川柳新日本派」を再結成。1983年、川柳雑誌「川柳新日本」を創刊。

1984年、川柳作家集団「川柳新世紀派」を再結成。1985年、川柳雑誌「川柳新世紀」を創刊。1986年、川柳作家集団「川柳新世代派」を解散。1987年、川柳雑誌「川柳新世代」を廃刊。

1988年、川柳作家集団「川柳新日本派」を解散。1989年、川柳雑誌「川柳新日本」を廃刊。1990年、川柳作家集団「川柳新世紀派」を解散。1991年、川柳雑誌「川柳新世紀」を廃刊。

1992年、川柳作家集団「川柳新日本派」を再結成。1993年、川柳雑誌「川柳新日本」を創刊。1994年、川柳作家集団「川柳新世紀派」を再結成。1995年、川柳雑誌「川柳新世紀」を創刊。

1996年、川柳作家集団「川柳新日本派」を解散。1997年、川柳雑誌「川柳新日本」を廃刊。1998年、川柳作家集団「川柳新世紀派」を解散。1999年、川柳雑誌「川柳新世紀」を廃刊。

2000年、川柳作家集団「川柳新千年派」を創立。2001年、川柳雑誌「川柳新千年」を創刊。2002年、川柳作家集団「川柳新日本派」を再結成。2003年、川柳雑誌「川柳新日本」を創刊。

2004年、川柳作家集団「川柳新世紀派」を再結成。2005年、川柳雑誌「川柳新世紀」を創刊。2006年、川柳作家集団「川柳新千年派」を解散。2007年、川柳雑誌「川柳新千年」を廃刊。

2008年、川柳作家集団「川柳新日本派」を解散。2009年、川柳雑誌「川柳新日本」を廃刊。2010年、川柳作家集団「川柳新世紀派」を解散。2011年、川柳雑誌「川柳新世紀」を廃刊。

2012年、川柳作家集団「川柳新世紀派」を再結成。2013年、川柳雑誌「川柳新世紀」を創刊。2014年、川柳作家集団「川柳新日本派」を再結成。2015年、川柳雑誌「川柳新日本」を創刊。

2016年、川柳作家集団「川柳新世紀派」を解散。2017年、川柳雑誌「川柳新世紀」を廃刊。2018年、川柳作家集団「川柳新日本派」を解散。2019年、川柳雑誌「川柳新日本」を廃刊。

北島醇酔は、川柳雑誌の創刊や川柳作家集団の結成など、川柳の普及と発展に多大な貢献をした。

佐賀県の川柳界に対する貢献

佐賀県の川柳界に対する貢献

# 「北島醇酔」について

佐賀県の川柳界に対する貢献

北島醇酔は、佐賀県の川柳界に大きな貢献をした人物です。彼は、1925年に佐賀県に生まれ、若い頃から川柳に親しんでいました。1940年に川柳誌「九州川柳」を創刊し、1948年には佐賀県川柳協会を設立しました。また、1952年には全国川柳協会の理事となり、1960年には会長に就任しました。

北島醇酔は、全国川柳協会の会長在任中に川柳の普及と発展に努め、川柳大会の開催や川柳誌の発行などを行いました。また、川柳の伝統を守るため、川柳の技法や作風についての研究も積極的に行いました。

北島醇酔の功績は、全国川柳協会から表彰され、1978年には川柳文化賞を受賞しました。また、佐賀県からも表彰され、1982年には佐賀県文化功労賞を受賞しました。

北島醇酔は、2002年に亡くなりましたが、彼の功績は佐賀県の川柳界に今もなお残っています。佐賀県川柳協会は、北島醇酔の功績を称えて、毎年「北島醇酔賞」を授与しています。また、佐賀県川柳美術館には、北島醇酔の作品が展示されています。

北島醇酔は、佐賀県の川柳界に大きな貢献をした人物であり、彼の功績は今もなお残っています。

企業経営者や文化団体の会長としての活動

企業経営者や文化団体の会長としての活動

-企業経営者や文化団体の会長としての活動-

北島醇酔氏は、企業経営者や文化団体の会長として、幅広い分野で活躍してきたパイオニアである。

-企業経営者としての活動-

北島氏は、1960年代に北島株式会社を創業し、同社を業界をリードする企業に育て上げた。同社は、電子部品の製造販売を手掛け、国内外に事業拠点を広げた。北島氏は、優れた経営手腕で同社を成長させ、日本の経済界に貢献した。

-文化団体の会長としての活動-

北島氏は、文化団体の会長としても活躍した。1970年代に、日本文化協会の会長に就任し、日本の伝統文化の振興に努めた。同氏は、日本の伝統芸能を海外に紹介するなど、日本の文化を世界に発信した。また、1980年代には、日本芸術院の会長に就任し、日本の芸術の発展に貢献した。同氏は、日本芸術院の会員として、日本の芸術界の発展に尽力した。

-社会貢献活動-

北島氏は、社会貢献活動にも積極的に取り組んだ。1990年代に、北島財団を設立し、文化や教育分野の支援を行った。同財団は、奨学金の支給や文化事業の助成など、幅広い分野で支援活動を行っている。また、北島氏は、国際的な社会貢献活動にも取り組んだ。1990年代に、国連児童基金(UNICEF)の日本委員会会長に就任し、世界の子供たちの支援活動を行った。同氏は、日本の国際社会への貢献に尽力した。

北島醇酔氏は、企業経営者、文化団体の会長、社会貢献活動家として、幅広い分野で活躍したパイオニアである。同氏の功績は、日本の経済界、文化界、社会に多大な影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました