「大水口宿禰」

「大水口宿禰」

崇神天皇7年の夢

崇神天皇7年の夢

大見出し「「大水口宿禰」」の下に作られた小見出しの「崇神天皇7年の夢」

崇神天皇7年の夢

崇神天皇7年の春、天皇は夢を見た。夢の中で、一人の老人が現れ、「私は天照大神の御子、素戔嗚尊である。この国の荒ぶる神々を鎮めるため、私の御魂を祀る社を建てよ」と言った。

天皇は目が覚めて、すぐさま社を建てることを決めた。そして、大水口宿禰を召し出して、社の建設を命じた。大水口宿禰は、天皇の命を受け、社を建てるための場所を探した。

大水口宿禰は、大和国葛城郡の石の上という地に、社を建てることにした。そして、社を「石上神宮」と名付けた。石上神宮は、天照大神の御子である素戔嗚尊を祀る神社として、現在も崇敬を集めている。

崇神天皇7年の夢は、石上神宮の創建にまつわる伝説である。この伝説は、石上神宮の由緒を伝えるとともに、素戔嗚尊の荒ぶる神々を鎮める力についても物語っている。

崇神天皇7年の夢は、日本神話の中で重要な位置を占める伝説である。それは、石上神宮の創建にまつわる伝説であるとともに、素戔嗚尊の荒ぶる神々を鎮める力についても物語っている。また、この伝説は、朝廷と氏族との関係についても示唆している。

崇神天皇7年の夢は、日本神話の中でも特に有名な伝説のひとつである。それは、石上神宮の創建にまつわる伝説であるとともに、素戔嗚尊の荒ぶる神々を鎮める力についても物語っている。また、この伝説は、朝廷と氏族との関係についても示唆している。

大田田根子と市磯長尾市

大田田根子と市磯長尾市

– 「大水口宿禰」の下に作られた小見出しの「大田田根子と市磯長尾市」

「大水口宿禰」は、古代日本の豪族であり、崇神天皇の時代に活躍したとされる人物です。崇神天皇の時代に、天皇の命を受けて九州に遠征し、熊襲を討伐したと伝えられています。大水口宿禰は、その功績により、大田田根子(おおたたらねこ)の称号を授けられ、市磯長尾市(いちしのながおおし)を立てたとされています。

大田田根子は、大水口宿禰の孫にあたる人物です。崇神天皇の孫である誉田別命(ほんだわけのみこと)と、大水口宿禰の娘である同母妹との間に生まれたとされます。大田田根子は、崇神天皇の死後、即位した垂仁天皇に仕え、その信任を得て、大納言に任命されました。大納言は、天皇を補佐する最高位の官職であり、大田田根子は、垂仁天皇の治世において、重要な役割を果たしたものと考えられています。

市磯長尾市は、大水口宿禰が立てたとされる豪族の集まりです。市磯長尾市は、大和国(現在の奈良県)に存在したとされ、大水口宿禰の子孫である市磯長尾造(いちしのながおのみやつこ)がその長を務めていました。市磯長尾市は、崇神天皇の時代から垂仁天皇の時代にかけて、大和国で大きな勢力を持っていた豪族の集まりであったと考えられています。

大水口宿禰、大田田根子、市磯長尾市は、いずれも古代日本の豪族として知られる人物や集団です。これらの豪族は、崇神天皇や垂仁天皇の時代に活躍し、大和国で大きな勢力を持っていました。これらの豪族の活躍は、古代日本の歴史を理解する上で重要な意味を持っています。

穂積臣の祖

穂積臣の祖

– 大見出し「「大水口宿禰」」の下に作られた小見出しの「穂積臣の祖」-

大水口宿禰は、古代日本の豪族で、穂積臣の祖と伝えられています。

大水口宿禰は、景行天皇の時代に活躍したとされ、天皇の東国巡幸に随行して、常陸国で乱を起こしていた鹿島神を平定した功績を上げました。

その後、大水口宿禰は朝廷に仕え、越後国に封じられました。

大水口宿禰の子孫は、穂積臣を称し、代々朝廷に仕えました。

穂積臣は、律令制下で内務官僚として活躍し、多くの高官を輩出しました。

平安時代には、穂積忠見が藤原道長の娘である彰子と結婚し、摂関政治の中枢に参画しました。

また、穂積重房は、源頼朝の側近として仕え、鎌倉幕府の草創期に活躍しました。

穂積臣は、日本の歴史に大きな足跡を残した豪族であり、その子孫は、代々朝廷や幕府に仕えて活躍しました。

タイトルとURLをコピーしました