– 「大村徳敏」(1876-1923)

– 「大村徳敏」(1876-1923)

明治-大正時代の社会事業家、大村徳敏とは?

明治-大正時代の社会事業家、大村徳敏とは?

– 明治-大正時代の社会事業家、大村徳敏とは?

大村徳敏は、1876年に静岡県に生まれた社会事業家です。

大村徳敏は、1906年に東京に社会事業調査会を設立し、社会事業の調査や研究を行いました。

1911年には、社会事業の振興を目的とした「社会事業協会」を設立しました。

また、1918年には、社会事業の専門家を養成するための「社会事業学校」を創設しました。

大村徳敏は、社会事業のパイオニアとして、日本における社会事業の発展に大きく貢献しました。

– 大村徳敏の功績

大村徳敏は、社会事業の分野で数多くの功績を残しました。

その一つは、社会事業の調査や研究を行ったことです。

大村徳敏は、貧困や犯罪、児童福祉など、当時の日本社会が抱えていた様々な問題を調査し、その結果を公表しました。

これにより、社会問題に対する国民の関心を高めることに成功しました。

もう一つの功績は、社会事業の振興を目的とした「社会事業協会」を設立したことでしょう。

社会事業協会は、社会事業の普及啓発や、社会事業に関する調査研究を行う機関として設立されました。

社会事業協会の設立は、日本における社会事業の発展に大きな影響を与えました。

また、大村徳敏は、社会事業の専門家を養成するための「社会事業学校」を創設しました。

社会事業学校は、社会事業の理論と実践を学ぶことができる学校として設立されました。

社会事業学校の卒業生は、社会事業の現場で活躍し、日本の社会福祉の発展に貢献しました。

大村徳敏は、社会事業のパイオニアとして、日本における社会事業の発展に大きく貢献しました。

大村徳敏の功績は、今日でも高く評価されています。

大村徳敏の経歴と業績

大村徳敏の経歴と業績

大村徳敏の経歴と業績

大村徳敏は、1876年(明治9年)に神奈川県横浜市に生まれました。東京帝国大学工科大学を卒業後、1902年(明治35年)に海軍造船所に技師として入所しました。その後、1915年(大正4年)には呉海軍工廠の技師長に就任し、1918年(大正7年)には海軍造船少将に昇進しました。

大村徳敏は、海軍造船所の技師として、多くの軍艦の設計や建造に携わりました。その中でも、特に有名なのが戦艦「大和」です。大和は、第二次世界大戦中に日本海軍が建造した戦艦であり、世界最大の戦艦として知られています。大村徳敏は、大和の設計に大きく貢献し、その功績を称えられて海軍造船中将に昇進しました。

大村徳敏は、海軍造船所の技師長として、海軍の造船技術の向上にも貢献しました。彼は、海軍工廠の近代化を推進し、造船技術の研究開発を支援しました。その結果、日本海軍は世界有数の造船技術を有するようになりました。

大村徳敏は、1923年(大正12年)に死去しました。享年47歳でした。彼は、日本の造船技術の発展に大きく貢献した人物として、現在でもその功績を称えられています。

大村徳敏の社会貢献

大村徳敏の社会貢献

-大村徳敏の社会貢献-

大村徳敏は、1876年(明治9年)に長崎県に生まれ、1923年(大正12年)に亡くなった実業家です。日本でのソーダ工業の確立に貢献し、また、社会福祉事業にも尽力しました。

大村徳敏は、1899年(明治32年)に東京帝国大学工学部を卒業後、三菱合資会社に入社しました。その後、1909年(明治42年)に日本ソーダ株式会社を設立し、ソーダ工業の確立に尽力しました。日本ソーダ株式会社は、1918年(大正7年)に東洋曹達株式会社と合併して、東洋曹達工業株式会社となりました。

大村徳敏は、実業家として成功する一方で、社会福祉事業にも力を入れました。1911年(明治44年)には、社会事業協会を設立し、貧困や病気で苦しむ人々を救済する活動を行いました。また、社会事業協会は、1920年(大正9年)に社会事業大学を開設し、社会福祉の専門家を育成する教育事業にも取り組んでいました。

大村徳敏は、1923年(大正12年)に47歳で亡くなりましたが、社会福祉事業への貢献は高く評価されています。社会事業協会は、その後も社会福祉事業を継続し、社会事業大学は、1951年(昭和26年)に日本社会事業大学と改称され、現在も社会福祉の専門家を育成する教育事業を行っています。

タイトルとURLをコピーしました