– 木村甚弥

– 木村甚弥

青森県の園芸技術者

青森県の園芸技術者

– 木村甚弥

-# 青森県の園芸技術者

木村甚弥(きむらじんや)は、青森県の園芸技術者である。1898年(明治31年)に青森県弘前市に生まれる。1916年(大正5年)に弘前農林学校を卒業し、1918年(大正7年)に青森県農事試験場に勤務する。1925年(大正14年)に園芸担当技師となり、1932年(昭和7年)に青森県園芸試験場長に就任する。1946年(昭和21年)に退任し、1948年(昭和23年)に青森県園芸協会会長に就任する。1954年(昭和29年)に勲五等双光旭日章を受章し、1974年(昭和49年)に死去する。

木村甚弥は、青森県の園芸振興に貢献した人物である。1925年(大正14年)に青森県園芸試験場が設立されると、木村甚弥は園芸担当技師として赴任し、りんごやさくらんぼなどの果樹の栽培技術の研究開発に尽力した。また、1932年(昭和7年)に青森県園芸試験場長に就任すると、試験場の運営を統括し、園芸振興のための様々な事業を推進した。木村甚弥の功績により、青森県は日本有数のりんごの産地となり、さくらんぼなどの果樹の栽培も盛んになった。

木村甚弥は、園芸技術の研究開発だけでなく、園芸振興のための普及活動にも尽力した。1948年(昭和23年)に青森県園芸協会会長に就任すると、園芸に関する講演会や講習会を開催したり、園芸雑誌を発行したりして、園芸に関する知識の普及に努めた。また、木村甚弥は園芸振興のための政策にも携わり、1954年(昭和29年)には勲五等双光旭日章を受章した。

木村甚弥は、青森県の園芸振興に貢献した人物であり、その功績は今日でも高く評価されている。

リンゴの病害研究

リンゴの病害研究

– 木村甚弥

木村甚弥(1891-1973)は、日本の農学者、林学博士。青森県出身。主に、農学、林学、土壌学、作物学、病理学を研究。1915年東京帝国大学農科大学卒業後、農林省青森県農事試験場に勤務。1923年東京帝国大学農学博士。1934年北海道大学教授。1939年北海道大学総長。

-# リンゴの病害研究

木村甚弥は、リンゴの病害研究で大きな功績を挙げた。1915年、青森県農事試験場に勤務して以来、リンゴの病害に関する調査研究を続け、1923年には「リンゴ黒星病に関する研究」で東京帝国大学農学博士の学位を取得した。その後も、リンゴの赤星病、黒腐病、さび病など、さまざまな病害の研究を進め、その成果を数多くの論文で発表した。

木村甚弥の研究により、リンゴの病害の原因や発病条件が明らかにされ、防除法の開発につながった。また、リンゴの品種改良にも貢献し、病害に強い品種の育成に成功した。木村甚弥の研究は、リンゴ産業の発展に大きく貢献した。

木村甚弥のリンゴの病害研究は、世界各国でも高く評価され、1958年には国際果樹学会からゴールドメダルを授与された。木村甚弥は、リンゴの病害研究の第一人者として、世界的に知られるようになった。

木村甚弥の研究は、リンゴ産業の発展に大きく貢献し、世界各国でも高く評価されている。木村甚弥は、リンゴの病害研究の第一人者として、世界的に知られるようになった。

モニリア病の防除法を確立

モニリア病の防除法を確立

-モニリア病の防除法を確立-

木村甚弥は、1861年(文久元年)に越後国頸城郡高田町(現在の新潟県上越市)に生まれた。1884年(明治17年)に東京帝国大学農科大学を卒業し、農商務省農事試験場(現在の農研機構)に入所した。1892年(明治25年)には、アメリカ合衆国に留学し、カリフォルニア大学バークレー校で植物病理学を学んだ。

1895年(明治28年)に帰国した木村は、農商務省農事試験場でモニリア病の研究を開始した。モニリア病は、モモやウメなどの果樹に発生する病気で、果実が腐敗して商品価値が失われる。木村は、モニリア病の病原菌であるモモモニリア菌の生態を解明し、防除法の開発に取り組んだ。

木村は、モモモニリア菌が果実の傷口から侵入することを突き止め、果実の傷口を保護することがモニリア病の防除に有効であることを明らかにした。また、木村は、モニリア病の発生を抑制するために、果樹園内の衛生管理を行うことの重要性を説いた。

木村の研究成果は、モニリア病の防除に大きく貢献した。木村の防除法は、現在でも実践されており、モモやウメなどの果樹の生産に大きな影響を与えている。

木村は、モニリア病の研究以外にも、果樹の栽培方法や果樹病害の研究に取り組み、日本の果樹栽培の発展に貢献した。木村は、1928年(昭和3年)に東京帝国大学農学部教授に就任し、1930年(昭和5年)に農学博士の学位を取得した。木村は、1934年(昭和9年)に死去した。

タイトルとURLをコピーしました