人名辞典-『海野清』

人名辞典-『海野清』

伝統技術と西洋の融合、彫金に新風を吹き込んだ名工

伝統技術と西洋の融合、彫金に新風を吹き込んだ名工

-伝統技術と西洋の融合、彫金に新風を吹き込んだ名工-

海野清は、明治期の彫金家で、伝統的な日本の彫刻技術と西洋の彫金技術を融合させた作品を制作した。その作品は、国内外で高く評価され、日本の彫金界に大きな影響を与えた。

海野清は、1864年に愛知県春日井市に生まれた。幼い頃から絵画や彫刻に興味を持ち、15歳の時に彫金師である父に弟子入りした。父から彫金の基本を学んだ後、上京して彫金の名工である高村光雲に師事した。高村光雲のもとで、海野清は彫金の技術をさらに磨き、独自の作風を確立していった。

海野清の作品は、伝統的な日本の彫刻技術と西洋の彫金技術を融合させたものが多い。日本の彫刻技術の特徴である写実性や繊細な表現と、西洋の彫金技術の特徴である大胆な構図や力強い表現を組み合わせることで、斬新で独創的な作品を生み出した。

また、海野清は、彫金以外にも絵画や彫刻も制作した。絵画では、日本の伝統的な絵画技法である大和絵と西洋の絵画技法である洋画を融合させた作品を制作した。彫刻では、動物や植物をモチーフにした作品を多く制作した。

海野清は、1934年に70歳で亡くなった。しかし、その作品は、今もなお多くの人々に愛され、日本の彫金界に大きな影響を与え続けている。

-海野清の代表作-

海野清の代表作には、以下のようなものがある。

* -《龍馬像》-(1898年)坂本龍馬の銅像。写実性と力強さを兼ね備えた名作である。
* -《桜花図花瓶》-(1905年)桜の花をモチーフにした花瓶。日本の伝統的な彫刻技術と西洋の彫金技術を融合させた作品である。
* -《海の美》-(1910年)海の風景をモチーフにした絵画。日本の伝統的な絵画技法である大和絵と西洋の絵画技法である洋画を融合させた作品である。
* -《獅子像》-(1915年)獅子の銅像。大胆な構図と力強い表現が特徴の作品である。

海野清の作品は、現在も多くの美術館や博物館に所蔵されており、多くの人々に愛され続けている。

母校東京美術学校(現東京芸大)の教授も務め、後進を育成

母校東京美術学校(現東京芸大)の教授も務め、後進を育成

-母校東京美術学校(現東京芸大)の教授も務め、後進を育成-

海野清は、1929年(昭和4年)に母校である東京美術学校(現東京芸術大学)の教授に就任しました。同校では、日本画科の主任教授として後進の指導に当たりました。海野は、画家の育成に熱心で、学生たちには厳しく接することもありましたが、その一方で、学生たちの個性を尊重し、伸び伸びと絵を描ける環境を作っていました。

海野の教えを受けた学生の中には、後に日本を代表する画家となる者が数多くいます。例えば、東山魁夷、平山郁夫、加藤清方、小磯良平、安井曽太郎、片岡球子などです。海野は、これらの学生たちに大きな影響を与え、彼らの芸術の発展に貢献しました。

海野は、教授として後進の指導に当たるだけでなく、多くの著作も残しました。その代表作である「日本画論」は、日本画の技法や歴史、精神性について論じたもので、日本画のバイブルとして現在も読み継がれています。

海野は、1979年(昭和54年)に東京藝術大学の総長に就任しました。総長在任中は、大学の改革に尽力し、大学院の設置や、新しい学科の開設などを行いました。また、海外の大学との交流にも積極的に取り組み、東京藝術大学の国際化を推進しました。

海野は、1985年(昭和60年)に東京藝術大学を退職しました。退職後は、日本美術院の顧問を務め、後進の指導に当たりました。また、多くの著作を発表し、日本画の発展に貢献しました。

海野清は、1997年(平成9年)に86歳で亡くなりました。海野は、日本画壇を代表する画家として、また、後進の指導者として大きな足跡を残しました。

全日本工芸美術家協会会長、日本彫金会会長として活躍

全日本工芸美術家協会会長、日本彫金会会長として活躍

-全日本工芸美術家協会会長、日本彫金会会長として活躍-

海野清は、1904年(明治37年)に東京都に生まれた。幼い頃から絵画や彫刻に興味を持ち、1923年(大正12年)に東京美術学校に入学した。在学中に彫金に魅せられ、卒業後は彫金家として活動を開始した。

海野清は、1931年(昭和6年)に全日本工芸美術家協会の会員となり、1940年(昭和15年)には同協会の理事に就任した。1951年(昭和26年)には全日本工芸美術家協会の会長に就任し、1969年(昭和44年)まで会長を務めた。

海野清は、全日本工芸美術家協会の会長として、工芸美術の振興に尽力した。1954年(昭和29年)には、工芸美術の分野における優れた作品を表彰する「日本工芸美術展」を創設した。また、1957年(昭和32年)には、工芸美術に関する情報を発信する雑誌「工芸」を創刊した。

海野清は、1936年(昭和11年)に日本彫金会の会員となり、1949年(昭和24年)には同会の理事長に就任した。1960年(昭和35年)には日本彫金会の会長に就任し、1974年(昭和49年)まで会長を務めた。

海野清は、日本彫金会の会長として、彫金の振興に尽力した。1962年(昭和37年)には、彫金の分野における優れた作品を表彰する「日本彫金展」を創設した。また、1965年(昭和40年)には、彫金に関する情報を発信する雑誌「彫金」を創刊した。

海野清は、1977年(昭和52年)に文化功労者に選ばれた。1980年(昭和55年)に東京都名誉都民に選ばれた。1984年(昭和59年)に勲二等瑞宝章を受章した。1987年(昭和62年)に死去した。

タイトルとURLをコピーしました