→「青山播磨」とは

→「青山播磨」とは

青山播磨とは?

青山播磨とは?

-青山播磨とは?-

青山播磨とは、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した日本の武将、大名。播磨国姫路城主。播磨国の戦国大名として独立し、後に豊臣秀吉に臣従した。

-青山播磨の出生-

青山播磨は、永禄7年(1564年)、播磨国姫路城で青山宗勝の長男として生まれた。父・宗勝は、播磨国の国衆であり、姫路城を居城とした。青山氏は、桓武平氏良文流の一族であり、平安時代から播磨国に土着していた。播磨国国内では赤松氏の支流である浦上氏と抗争を繰り返していた。

-青山播磨の生涯-

青山播磨は、元亀2年(1571年)、父・宗勝の死により家督を継いだ。播磨国内は、浦上氏と小寺氏、別所氏による争いが続いており、播磨播磨の三木合戦が勃発した。青山播磨は、浦上氏と同盟し、小寺氏、別所氏と戦った。

天正10年(1582年)、播磨播磨の三木合戦が終結し、青山播磨は織田信長の家臣となった。天正13年(1585年)、豊臣秀吉が四国を平定すると、青山播磨は秀吉に臣従した。秀吉は、青山播磨に播磨国のうち1万石を与えた。

青山播磨は、豊臣政権下で活躍し、朝鮮出兵にも従軍した。しかし、慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍に属したため、所領を没収された。関ヶ原の戦い後、青山播磨は浪人となった。

青山播磨は、浪人となってからも各地を流浪し、豊臣秀頼に仕えた。大坂冬の陣では、豊臣秀頼の命で徳川家康と交渉したが、失敗に終わった。

大坂夏の陣が始まると、青山播磨は豊臣秀頼に味方して参戦した。しかし、青山播磨は、大坂城落城前に徳川家康に降伏した。青山播磨は、徳川家康から所領を安堵され、播磨国姫路藩の初代藩主となった。

青山播磨は、元和6年(1620年)、姫路藩で死去した。享年57。

青山播磨のモデルとなった人物

青山播磨のモデルとなった人物

青山播磨のモデルとなった人物

青山播磨は、日本の小説家、劇作家、映画監督、俳優である。本名は青山圭。1928年1月1日、東京都に生まれる。1945年、東京府立第二中学校を卒業。1949年、東京大学文学部国文学科を卒業。1950年、劇団「四季」に入団。1953年、劇団「俳優座」に入団。1956年、映画「太陽の季節」でデビュー。1957年、映画「不毛地帯」で主演を務める。1958年、映画「青い山脈」に出演。1959年、映画「裸の太陽」に出演。1960年、映画「人間の条件」に出演。1961年、映画「切腹」に出演。1962年、映画「椿三十郎」に出演。1963年、映画「天国と地獄」に出演。1964年、映画「赤ひげ」に出演。1965年、映画「沈黙」に出演。1966年、映画「飢餓海峡」に出演。1967年、映画「乱」に出演。1968年、映画「黒部の太陽」に出演。1969年、映画「砂の女」に出演。1970年、映画「どですかでん」に出演。1971年、映画「楢山節考」に出演。1972年、映画「影武者」に出演。1973年、映画「日本沈没」に出演。1974年、映画「犬神家の一族」に出演。1975年、映画「鬼龍院花子の生涯」に出演。1976年、映画「八甲田山」に出演。1977年、映画「人間の証明」に出演。1978年、映画「華麗なる一族」に出演。1979年、映画「乱世の恋」に出演。1980年、映画「影武者」に出演。1981年、映画「駅 STATION」に出演。1982年、映画「鬼龍院花子の生涯」に出演。1983年、映画「日本海大海戦」に出演。1984年、映画「乱」に出演。1985年、映画「黒部の太陽」に出演。1986年、映画「さびしんぼう」に出演。1987年、映画「竹取物語」に出演。1988年、映画「利休」に出演。1989年、映画「黒部の太陽」に出演。1990年、映画「乱」に出演。1991年、映画「影武者」に出演。1992年、映画「日本海大海戦」に出演。1993年、映画「乱世の恋」に出演。1994年、映画「黒部の太陽」に出演。1995年、映画「さびしんぼう」に出演。1996年、映画「竹取物語」に出演。1997年、映画「利休」に出演。1998年、映画「黒部の太陽」に出演。1999年、映画「乱」に出演。2000年、映画「影武者」に出演。2001年、映画「日本海大海戦」に出演。2002年、映画「乱世の恋」に出演。2003年、映画「黒部の太陽」に出演。2004年、映画「さびしんぼう」に出演。2005年、映画「竹取物語」に出演。2006年、映画「利休」に出演。2007年、映画「黒部の太陽」に出演。2008年、映画「乱」に出演。2009年、映画「影武者」に出演。2010年、映画「日本海大海戦」に出演。2011年、映画「乱世の恋」に出演。2012年、映画「黒部の太陽」に出演。2013年、映画「さびしんぼう」に出演。2014年、映画「竹取物語」に出演。2015年、映画「利休」に出演。2016年、映画「黒部の太陽」に出演。2017年、映画「乱」に出演。2018年、映画「影武者」に出演。2019年、映画「日本海大海戦」に出演。2020年、映画「乱世の恋」に出演。2021年、映画「黒部の太陽」に出演。2022年、映画「さびしんぼう」に出演。

青山播磨が登場する作品

青山播磨が登場する作品

-青山播磨が登場する作品-

青山播磨は、司馬遼太郎の小説『燃えよ剣』の登場人物であり、新選組の参謀を務めた人物です。

青山播磨が登場する作品は、以下の通りです。

* 小説『燃えよ剣』(司馬遼太郎)
* 映画『燃えよ剣』(1966年、主演三船敏郎)
* 映画『燃えよ剣』(1990年、主演渡辺謙)
* 映画『燃えよ剣』(2020年、主演岡田准一)
* テレビドラマ『燃えよ剣』(1964年、主演長門勇)
* テレビドラマ『燃えよ剣』(1990年、主演津嘉山正種)
* テレビドラマ『新選組!』(2004年、主演香取慎吾)

青山播磨は、新選組の参謀として活躍した人物であり、その生涯は多くの小説や映画、テレビドラマで描かれています。

青山播磨が新選組に入隊したのは、1863年のことです。青山播磨は、新選組の参謀として、池田屋事件や禁門の変など、多くの戦いで活躍しました。

青山播磨は、1867年の鳥羽・伏見の戦いで戦死しました。青山播磨の死は、新選組にとって大きな損失となりました。

青山播磨は、新選組の参謀として活躍した人物であり、その生涯は多くの小説や映画、テレビドラマで描かれています。青山播磨は、新選組の代表的な人物の一人であり、その名は今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました