―大須賀康高

―大須賀康高

大須賀康高の生涯

大須賀康高の生涯

-大須賀康高-

-大須賀康高の生涯-

大須賀康高は、日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。美濃国斉藤氏の家臣。

康高は、永禄11年(1568年)に美濃国斉藤氏の家臣・大須賀政康の長男として生まれる。

天正元年(1573年)、父・政康が織田信長の侵攻により美濃国を追放された後、康高は織田信長に仕える。

天正10年(1582年)、本能寺の変が起こり、織田信長が明智光秀によって殺害されると、康高は羽柴秀吉に仕える。

天正13年(1585年)の賤ヶ岳の戦いで功績を挙げ、後に近江国内に5,000石を与えられる。

天正18年(1590年)、小田原征伐に参加し、後北条氏を滅ぼす。

文禄元年(1592年)、文禄の役に出陣し、朝鮮半島に渡る。

文禄3年(1594年)、病のため朝鮮半島から帰国する。

慶長元年(1596年)、伏見城の普請奉行を務める。

慶長3年(1598年)、豊臣秀吉の死後、徳川家康に仕える。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで東軍に属して戦い、功績を挙げる。

慶長7年(1602年)、肥後国に32,000石を与えられ、熊本藩主となる。

康高は、名君として知られ、熊本藩の基礎を固めた。

慶長15年(1610年)、死去。享年43。

大須賀康高の功績

大須賀康高の功績

-大須賀康高の功績-

大須賀康高は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・大名です。徳川家康の家臣として活躍し、数々の戦功を挙げました。豊臣秀吉による小田原征伐では、北条氏政を降伏させることに貢献し、関東地方の制圧に大きく寄与しました。また、江戸城を改築し、徳川幕府の拠点としての整備に尽力しました。

大須賀康高の功績の中でも特筆すべきは、家康の江戸入府を支えたことです。康高は、家康の東国支配を確固たるものとするため、江戸城を拡張し、城下町の整備を行いました。また、家康の政策を支えるため、家臣団の統制や財政の管理にも尽力しました。

康高は、家康の信頼が厚く、江戸幕府の初期には老中として幕政を支えました。康高は、幕府の職制や法令の整備に努め、幕府の基礎固めに大きく貢献しました。また、朝鮮出兵では、水軍を率いて参陣し、数々の戦功を挙げました。

康高は、家康の死後も、徳川秀忠の家臣として幕政に参画し、徳川幕府の安定に貢献しました。康高は、生涯を通じて徳川家に忠誠を尽くし、幕府の礎を築いた功臣として知られています。

大須賀康高の人物像

大須賀康高の人物像

-大須賀康高の人物像-

大須賀康高は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将です。武田信玄の重臣として多くの合戦で活躍し、その勇猛果敢な姿は「甲斐の虎」と称されました。しかし、信玄の死後は武田家を離れ、徳川家康に仕えました。徳川四天王の一人として江戸幕府の創設に貢献し、徳川十六神将にも名を連ねています。

大須賀康高は、武勇に優れていただけでなく、知勇兼備の武将でもありました。戦場での活躍はもちろんのこと、政治や外交の面でも高い能力を発揮しました。また、和歌や茶の湯にも通じ、文化人としても知られています。

大須賀康高の性格は、豪放磊落で、義理人情に厚い人物でした。そのため、多くの家臣や領民から慕われていました。しかし、一方で、短気で激情しやすい一面もあり、そのことがトラブルを招くこともありました。

大須賀康高は、65歳で生涯を閉じました。その死は、徳川家康に大きな衝撃を与え、徳川幕府の初期を支えた大功臣を失ったことを惜しみました。

大須賀康高は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した名将であり、その武勇と知勇は現在でも語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました