「大伴郎女」

「大伴郎女」

旅人が郎女を思う歌

旅人が郎女を思う歌

-「大伴郎女」-

-旅人が郎女を思う歌-

大伴郎女とは、奈良時代前半に活躍した歌人で、大伴旅人の娘である。旅人は、郎女を深く愛しており、彼女が亡くなった後も、その死を悼み、多くの歌を詠んだ。

郎女が亡くなったのは、天平15年(743年)のことであった。郎女は、旅人とともに、九州に旅をしていたが、その途中で病にかかり、亡くなった。旅人は、郎女の死を深く悲しみ、その死を悼んで、多くの歌を詠んだ。

旅人が郎女を思う歌の中で、最も有名なのは、「旅人が郎女を思う歌」である。この歌は、旅人が、郎女の死を悼んで詠んだもので、郎女への深い愛と悲しみがあふれている。

-旅人が郎女を思う歌-

大嬢子 貴き身にして貧しきわが家に 来ませりし君 大伴の郎女

君にまこと 恋ひ死にせむと思へども 人言を怖み つつまざる時も

運命の緒が尽き 崩れ果ててしまえば 遂に逢ふよしも名告るすべもなし

 旅人は、郎女を「大嬢子」と呼び、彼女の貴族としての高貴な身分を称えている。そして、旅人は、自分の家が貧しかったにもかかわらず、郎女が自分の家に来てくれたことを感謝している。

 旅人は、郎女を深く愛しており、彼女と一緒に死のうと思ったこともあったが、世間の噂を恐れて、そうすることはできなかった。旅人は、郎女への愛と世間の噂の間で、苦悩していた。

 旅人は、郎女の死後、彼女に会うことも、彼女の死を悼むこともできないと嘆いている。旅人は、郎女の死を深く悲しみ、その死を受け入れることができなかった。

 旅人は、郎女を思う歌の中で、郎女への深い愛と悲しみを表現している。この歌は、旅人の郎女への愛の深さと、その死を悼む悲しみの深さを伝える名歌である。

筑紫で没した悲劇の生涯

筑紫で没した悲劇の生涯

-「大伴郎女」筑紫で没した悲劇の生涯-

大伴郎女は、奈良時代初期の女流歌人です。天平7年(735年)に、筑紫に赴いた大伴旅人の子として生まれ、天平12年(740年)に筑紫で没しました。わずか6歳の生涯でしたが、その短い人生に数多くの歌を残し、万葉集に22首の歌が残されています。

大伴郎女の歌は、自然を詠んだものが多く、その澄んだ感性が特徴です。また、父である大伴旅人の死を悼んだ歌もあり、その悲しみを率直に表現しています。

大伴郎女は、天平12年(740年)に筑紫で没しました。その死因は不明ですが、マラリアにかかったのではないかと推測されています。大伴郎女の死は、父である大伴旅人を深く悲しませ、旅人は郎女を偲んで多くの歌を残しています。

大伴郎女は、その短い生涯に数多くの歌を残し、万葉集に22首の歌が残されています。その歌は、自然を詠んだものが多く、その澄んだ感性が特徴です。また、父である大伴旅人の死を悼んだ歌もあり、その悲しみを率直に表現しています。

大伴郎女の死は、父である大伴旅人を深く悲しませ、旅人は郎女を偲んで多くの歌を残しています。大伴郎女の歌は、万葉集の中で最も有名な歌の一つであり、その悲劇的な生涯は今も多くの人々に語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました