片柳真吉―昭和時代の官僚

片柳真吉―昭和時代の官僚

農林省での官僚としての経歴

農林省での官僚としての経歴

-農林省での官僚としての経歴-

片柳真吉は、1922年に農林省に入省した。入省後は、農林省の様々な部署を歴任し、1963年には農林事務次官に就任した。農林事務次官在任中は、日本の食料自給率の向上や農業の近代化に尽力した。

片柳は、日本の農業政策において、農民を保護し、農業の近代化を推進することが重要だと考えていた。そのため、農民への価格支持政策や農業機械の導入を推進した。また、片柳は、農林省と農家との関係を重視しており、農家の意見を積極的に取り入れて農林政策を立案した。

片柳の農林政策は、日本の農業生産の向上に貢献した。また、片柳は、農民の生活の安定にも貢献した。そのため、片柳は、農民からの人望が厚かった。

片柳は、1966年に農林事務次官を退任した。退任後は、日本穀物協会会長や日本食料協会会長などを歴任した。2008年に、92歳で死去した。

参議院議員としての活動

参議院議員としての活動

-参議院議員としての活動-

片柳真吉は、1977年に参議院議員に当選し、1983年まで1期務め、参議院議員としての活動を開始しました。

議員として、片柳真吉は農林水産委員会や経済産業委員会に所属し、農業政策や経済産業政策について積極的に発言しました。特に、農業政策については、農家の所得向上や農村地域の活性化に取り組み、農業基本法の改正や農業者年金制度の創設など多くの成果を上げました。

また、経済産業政策については、中小企業の振興や産業構造の転換を推進し、日本の産業発展に貢献しました。

片柳真吉は、参議院議員として、農業政策や経済産業政策について積極的な活動を行い、日本の社会や経済の発展に貢献しました。

特に、農業政策については、農家の所得向上や農村地域の活性化に取り組むと共に、農業者年金制度を創設するなど、多くの成果を残しました。

また、経済産業政策については、中小企業の振興や産業構造の転換を推進し、日本の産業発展に貢献しました。

農林中央金庫理事長としての功績

農林中央金庫理事長としての功績

-片柳真吉―昭和時代の官僚-

-農林中央金庫理事長としての功績-

片柳真吉は、1937年から1945年まで農林中央金庫の理事長を務め、その間、日本の農業金融制度の確立に貢献した。

片柳は、1884年、山形県に生まれた。東北帝国大学経済学部を卒業後、1910年に農商務省に入省した。農林局農事課長、農務局長などを歴任し、1937年に農林中央金庫の理事長に就任した。

片柳は、農林中央金庫の理事長として、以下の功績を残した。

* 農業金融制度の確立片柳は、農林中央金庫の資金調達力を強化し、農業協同組合に対する貸付を増やした。また、農業金融制度の整備・拡充を図り、日本の農業金融制度の確立に貢献した。
* 農業協同組合の育成片柳は、農業協同組合の重要性を認識しており、農業協同組合の育成を支援した。農林中央金庫は、農業協同組合に対して資金を融資し、農業協同組合の経営を支援した。
* 農業生産性の向上片柳は、農業生産性の向上を図るため、農業協同組合を通じて、農家に資金を融資し、農業機械の導入や農地の整備を支援した。また、農林中央金庫は、農業技術の普及や農産物の流通を支援した。

片柳は、1945年に農林中央金庫の理事長を退任した。その後、1953年に参議院議員に当選し、1963年まで参議院議員を務めた。1972年に死去した。

タイトルとURLをコピーしました