加藤閲男:昭和時代後期の労働運動家

加藤閲男:昭和時代後期の労働運動家

加藤閲男の生い立ちと経歴

加藤閲男の生い立ちと経歴

-加藤閲男の生い立ちと経歴-

加藤閲男は、1909年(明治42年)11月11日に、石川県石川郡野々市町(現在の野々市市)に生まれた。父は加藤乙之、母はせい。乙之は酒造業を営む傍ら、野々市町議会議員や石川県議会議員を務めた。閲男は、5人兄弟の末っ子として育った。

閲男は、野々市尋常小学校、石川県立工業学校を卒業後、1930年(昭和5年)に上京し、東京帝国大学法学部に入学した。大学在学中は、社会主義運動に関心を持ち、労働組合運動にも参加した。

1935年(昭和10年)に大学を卒業後、閲男は、日本労働組合全国評議会(全評)の書記となり、労働組合運動に本格的に取り組んだ。全評は、1936年(昭和11年)に日本労働組合総同盟(総同盟)と合同し、日本労働組合総同盟総評議会(総同盟総評)が結成された。閲男は、総同盟総評の書記となり、労働組合運動の指導者として活躍した。

1940年(昭和15年)に、閲男は治安維持法違反の容疑で逮捕され、投獄された。終戦後の1945年(昭和20年)に釈放され、労働組合運動に復帰した。閲男は、総同盟総評の委員長に就任し、労働組合の再建に尽力した。

1946年(昭和21年)に、閲男は日本社会党に入党した。1947年(昭和22年)に、衆議院議員総選挙に立候補し、当選した。閲男は、衆議院議員として、労働組合の権利を擁護するための法律の制定などに尽力した。

1950年(昭和25年)に、閲男は総同盟総評の委員長を辞任した。1951年(昭和26年)に、日本社会党を離党し、社会党右派を結成した。社会党右派は、1955年(昭和30年)に日本民主党と合同し、自由民主党が結成された。閲男は、自由民主党の党員となり、労働問題担当の政務次官を務めた。

1958年(昭和33年)に、閲男は衆議院議員を引退した。その後は、労働組合の顧問や、労働問題に関する著作活動などを行った。閲男は、1985年(昭和60年)に75歳で死去した。

国鉄東京地方労組委員長としての大活躍

国鉄東京地方労組委員長としての大活躍

– 国鉄東京地方労組委員長としての大活躍

加藤閲男は、国鉄東京地方労組委員長として活躍しました。国鉄東京地方労組は、国鉄の東京地域にある労働組合で、加藤は1969年から1973年まで委員長を務めました。

加藤は、委員長就任後、国鉄の合理化に反対する運動を積極的に推進しました。1970年には、国鉄の合理化計画を撤回させるために、国鉄労働組合をストライキに導きました。このストライキは、国鉄史上初のストライキであり、加藤はストライキのリーダーとして大きな役割を果たしました。

加藤はまた、国鉄の労働条件の改善にも尽力しました。1971年には、国鉄労働者の賃金を大幅に引き上げる交渉を成功させました。この交渉は、加藤の粘り強い交渉術によって実現したもので、加藤は国鉄労働者から大きな支持を集めました。

加藤は、国鉄東京地方労組委員長として大活躍し、国鉄の合理化に反対し、国鉄労働者の労働条件を改善するために大きな貢献をしました。加藤の活動は、国鉄労働組合の強化と国鉄の労働運動の発展に大きな影響を与えました。

加藤閲男の晩年と影響

加藤閲男の晩年と影響

-加藤閲男の晩年と影響-

加藤閲男氏は、1978年に日本労働組合総評議会の議長を辞任し、政界に転身しました。

1979年に参議院議員に当選し、参議院議員を4期務めました。政界では、主に労働問題や平和問題に取り組み、労働組合法の改正や、核兵器廃絶に向けての取り組みなどを行いました。

1996年に参議院議員を引退し、その後は、労働組合運動や平和運動に関わり続けました。2007年に、勲一等瑞宝章を受章しました。

加藤閲男氏は、戦後日本の労働運動を牽引した指導者の一人でした。

総評議長の時代に、春闘やストライキなどの労働運動を積極的に展開し、労働者の権利向上に貢献しました。また、社会党の政権獲得を目指して、社会主義政党との連携を深めました。

加藤閲男氏の労働運動への取り組みは、日本社会に大きな影響を与えました。

春闘やストライキなどの労働運動によって、労働者の賃金や労働条件が改善され、労働者の生活水準が向上しました。

また、社会党の政権獲得を目指して、社会主義政党との連携を深めたことで、社会党の影響力が拡大し、日本の政治に大きな影響を与えるようになりました。

加藤閲男氏は、戦後日本の労働運動を牽引した指導者の一人として、後世に語り継がれることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました