臼倉甲子造 – 明治-大正時代の社会主義者

臼倉甲子造 – 明治-大正時代の社会主義者

社会主義青年団への参加と「平民の友」の出版

社会主義青年団への参加と「平民の友」の出版

-社会主義青年団への参加と「平民の友」の出版-

臼倉甲子造は、1887年(明治20年)に社会主義青年団に参加し、機関紙「平民の友」の発行に携わりました。社会主義青年団は、1886年(明治19年)に片山潜、幸徳秋水、安部磯雄らによって結成された団体で、日本の社会主義運動の草分け的存在でした。

臼倉は、社会主義青年団の中で積極的な活動を行い、機関紙「平民の友」の発行にも尽力しました。「平民の友」は、1887年(明治20年)に創刊された月刊誌で、社会主義思想の普及に大きな役割を果たしました。臼倉は、「平民の友」に多くの記事を寄稿し、社会主義思想の普及に努めました。

しかし、1890年(明治23年)に社会主義青年団が分裂すると、臼倉は幸徳秋水らと行動を共にして、新団体「社会民主党」を結成しました。社会民主党は、日本の最初の政党であり、臼倉は党の機関紙「社会民主党機関誌」の発行に携わりました。

1892年(明治25年)に社会民主党が弾圧を受けると、臼倉は幸徳秋水らとともに投獄されました。臼倉は、獄中で社会主義思想の研究を続け、出獄後も社会主義運動を続けました。

1901年(明治34年)に社会民主党が再建されると、臼倉は党の書記長に選出されました。臼倉は、書記長として党の運営に尽力し、社会主義思想の普及に努めました。

1903年(明治36年)に社会民主党が解散すると、臼倉は社会主義運動から身を引きました。臼倉は、その後、社会問題の研究に専念し、1933年(昭和8年)に72歳で死去しました。

微光の発行

微光の発行

-微光の発行-

臼倉甲子造は、明治・大正時代の社会主義者である。彼は、1872年(明治5年)に長野県上伊那郡飯島村(現・飯島町)に生まれた。1895年(明治28年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、司法官僚となった。しかし、1902年(明治35年)に社会主義思想に目覚め、司法省を辞職した。

臼倉甲子造は、1903年(明治36年)に社会主義政党である日本社会党を結成した。しかし、日本社会党はすぐに当局に弾圧され、解散に追い込まれた。その後、臼倉甲子造は、1905年(明治38年)に社会主義雑誌「微光」を創刊した。

「微光」は、社会主義思想を普及することを目的とした雑誌であり、臼倉甲子造が主筆を務めた。雑誌には、臼倉甲子造の論文や他の社会主義者の寄稿などが掲載された。また、雑誌には、社会主義に関する書籍の紹介や、労働者運動の動向に関する記事なども掲載された。

「微光」は、社会主義思想を普及する上で大きな役割を果たした。雑誌は、当時の知識人や労働者たちに広く読まれ、社会主義運動の発展に貢献した。しかし、「微光」は当局の弾圧を受け、1907年(明治40年)に廃刊に追い込まれた。

臼倉甲子造は、「微光」の廃刊後も社会主義運動を続け、1922年(大正11年)には、社会主義政党である労働農民党を結成した。しかし、労働農民党もすぐに当局に弾圧され、解散に追い込まれた。その後、臼倉甲子造は、1924年(大正13年)に死去した。

運動からの離脱と晩年

運動からの離脱と晩年

運動からの離脱と晩年

1919年、臼倉甲子造は日本社会主義同盟を離れ、社会運動から身を引きました。その理由は、当時の社会運動が政府の弾圧に遭い、活動が困難になっていたこと、また、臼倉自身が社会主義運動のあり方に疑問を抱き始めたことなどがあります。

臼倉は、社会主義運動から身を引いた後も、社会問題への関心を持ち続けました。1922年には、資本主義による社会問題を研究する「社会問題研究会」を創設し、社会問題の解決に向けて活動しました。

臼倉は、1928年に57歳で亡くなりました。晩年は、社会運動から身を引いていましたが、社会問題への関心を持ち続け、社会問題の解決に向けて活動していました。

臼倉甲子造は、明治-大正時代の社会主義者として、日本の社会運動の発展に貢献しました。また、社会問題への関心を持ち続け、社会問題の解決に向けて活動したことは、彼の社会運動への熱意と、社会問題に対する強い問題意識を示しています。

タイトルとURLをコピーしました