野田卯一: 岐阜県出身の政治家

野田卯一: 岐阜県出身の政治家

大蔵省官僚から政治家へ

大蔵省官僚から政治家へ

-# 大蔵省官僚から政治家へ

野田卯一氏は、1932年岐阜県出身の政治家です。

野田氏は、東京大学卒業後、大蔵省に入省し、主に税務畑を歩みました。1972年には、名古屋国税局長に就任し、1976年には、主税局参事官に就任しました。

その後、野田氏は、1979年に政界に転身し、第35回衆議院議員総選挙に岐阜1区から出馬し、初当選を果たしました。野田氏は、当選後は、自由民主党に入党し、党内では、竹下派に参加しました。

1982年には、中曽根内閣で、総理府総務長官に任命されました。野田氏は、総理府総務長官として、税制改革や行政改革に取り組みました。1984年には、第2次中曽根内閣で、大蔵政務次官に任命されました。

1986年には、野田氏は、第38回衆議院議員総選挙で、落選し、政界を引退しました。

野田氏は、大蔵省官僚として、税務畑を歩み、その後、政界に転身し、総理府総務長官や大蔵政務次官などの要職を歴任しました。

建設大臣、経済企画庁長官を歴任

建設大臣、経済企画庁長官を歴任

-建設大臣、経済企画庁長官を歴任-

野田卯一は、岐阜県出身の政治家です。1906年に岐阜県大垣市に生まれ、1929年に東京帝国大学法学部を卒業しました。卒業後は、内務省に入省し、地方自治分野で活躍しました。1947年に岐阜県知事に当選し、4期16年間務めました。在任中は、岐阜県庁舎の新築や、県内各地の道路・橋梁の建設に尽力しました。また、1960年には、第2次池田内閣で建設大臣に任命されました。建設大臣としては、全国総合開発計画の策定や、首都高速道路の整備に携わりました。1962年には、第2次池田内閣で経済企画庁長官に任命されました。経済企画庁長官としては、国民所得倍増計画の策定や、経済成長政策の推進に尽力しました。1963年に政界を引退し、1989年に死去しました。

岐阜県と東京帝国大学出身

岐阜県と東京帝国大学出身

-岐阜県と東京帝国大学出身-

野田卯一は、1872年に岐阜県に生まれ、東京帝国大学を卒業した。岐阜県は、古くから繊維産業が盛んな地域であり、野田卯一もまた、繊維産業に従事していた。しかし、野田卯一は、繊維産業での成功に満足することなく、政治の世界を目指した。

東京帝国大学卒業後は、司法省に入省し、検察官として活躍した。しかし、野田卯一は、政治の世界への憧れを捨てきれず、1912年に政界入りを果たした。野田卯一は、衆議院議員に当選し、憲政会に所属した。憲政会は、当時の政界で最も有力な政党の一つであり、野田卯一は、憲政会の中で頭角を現していった。

1924年に、野田卯一は憲政会の総裁に就任した。憲政会総裁として、野田卯一は、政界で大きな影響力を発揮した。しかし、1925年に、野田卯一は急死した。野田卯一の死は、政界に大きな衝撃を与え、憲政会は大きく衰退した。

野田卯一は、岐阜県出身の政治家として、政界で活躍した。野田卯一は、東京帝国大学を卒業し、司法省に入省した。その後、政界入りを果たし、憲政会の総裁に就任した。野田卯一は、政界で大きな影響力を発揮したが、1925年に急死した。野田卯一の死は、政界に大きな衝撃を与え、憲政会は大きく衰退した。

タイトルとURLをコピーしました