・「大久保さわ子(1926~)について」

・「大久保さわ子(1926~)について」

大久保さわ子の生涯と功績

大久保さわ子の生涯と功績

大久保さわ子の生涯と功績

大久保さわ子(1926~2018)は、日本の看護師、助産師、保健師、政治家です。参議院議員を5期務め、厚生労働大臣、法務大臣を歴任しました。

1926年、福井県に生まれる。1945年、京都府立看護専門学校を卒業し、看護師となる。1946年、助産師となる。1949年、保健師となる。

1955年、参議院議員に初当選する。1960年、厚生労働大臣に就任する。1962年、法務大臣に就任する。1963年、参議院議員を辞職する。

1964年、参議院議員に再選される。1968年、参議院議員を辞職する。1971年、参議院議員に再選される。1975年、参議院議員を辞職する。

1979年、参議院議員に再選される。1983年、参議院議員を辞職する。1986年、参議院議員に再選される。1990年、参議院議員を辞職する。

1991年、勲一等旭日大綬章を受章する。2018年、老衰のため死去する。享年92歳。

大久保さわ子は、日本の看護師、助産師、保健師、政治家として、日本の医療と福祉の発展に貢献しました。

独身婦人連盟の結成と活動

独身婦人連盟の結成と活動

-独身婦人連盟の結成と活動-

大久保さわ子は1966年、独身婦人連盟を結成した。これは、当時社会問題となっていた独身女性の問題に取り組むために設立された団体である。独身婦人連盟は、独身女性の社会的地位向上、結婚・出産に関する権利の拡大、経済的自立の促進などを目指して活動した。

独身婦人連盟は、1966年に開催された「独身女性と社会」と題したシンポジウムを皮切りに、さまざまな活動を行った。シンポジウムでは、独身女性の置かれている状況や問題点が議論され、独身婦人連盟の設立が決定された。

独身婦人連盟は、その後、独身女性の権利拡大を求める署名活動や、独身女性のための相談窓口の開設などを行った。また、独身女性に関する調査研究を行い、その成果を政府や社会に提言した。

独身婦人連盟の活動は、独身女性の社会的地位向上に大きく貢献した。独身女性は、それまでの社会では結婚・出産が当たり前とされ、独身であることはネガティブに捉えられることが多かった。しかし、独身婦人連盟の活動により、独身女性は一人ひとりの人生を自由に選択できる存在であることが認識されるようになった。

独身婦人連盟は、1990年に解散した。しかし、その活動は、今日の独身女性の権利保障に大きな影響を与えている。

著作と影響

著作と影響

-著作と影響-
大久保さわ子は、多数の著作を残した。その中で最も有名なのは、1956年に発表された「女工哀史」である。この作品は、大久保さわ子が女工として働いていた時代の経験を基に書かれたもので、女工の過酷な労働条件や、貧困と差別の中で生きる女工たちの姿を描いている。

「女工哀史」は、大きな反響を呼び、多くの読者に衝撃を与えた。この作品は、女工の労働条件の改善や、女性解放運動の発展に大きな影響を与えたと言われている。

大久保さわ子は、他にも「女工の生活」「女工の闘い」「女工の解放」など、女工に関する著作を多数発表している。また、労働運動や女性運動にも積極的に参加し、女性たちの権利向上に尽力した。

大久保さわ子は、女性の労働運動や女性解放運動の発展に大きな貢献をした人物であり、その著作は、今日でも多くの読者に読み継がれている。

タイトルとURLをコピーしました