「岸本賀昌」

「岸本賀昌」

県費留学生として上京

県費留学生として上京

-県費留学生として上京-

岸本賀昌は、1842年(天保13年)に、肥後国(現在の熊本県)に生まれました。幼い頃から聡明で、12歳の時に藩校「時習館」に入学しました。時習館では、儒学や兵学を学び、頭角を現しました。

1863年(文久3年)、岸本は藩主・細川慶順の命により、県費留学生として上京しました。上京後は、昌平黌や蕃書調所などで、洋学を学びました。また、勝海舟や吉田松陰ら、多くの志士と交流を深めました。

1867年(慶応3年)、岸本は薩摩藩の西郷隆盛や大久保利通と出会い、倒幕運動に参加しました。戊辰戦争では、薩摩藩軍の参謀として活躍し、官軍の勝利に貢献しました。

1868年(明治元年)、戊辰戦争が終結すると、岸本は新政府に出仕しました。明治政府では、大蔵省や司法省などで要職を歴任しました。また、1871年(明治4年)には、日本初の近代的刑法である「新律綱領」の起草にも携わりました。

1873年(明治6年)、岸本は司法卿に就任しました。司法卿として、裁判所の整備や法律の制定に尽力しました。また、1875年(明治8年)には、日本初の弁護士制度である「代言人法」を制定しました。

1880年(明治13年)、岸本は司法卿を辞任し、元老院議官に就任しました。元老院議官として、憲法の制定や国の重要政策について審議しました。

1896年(明治29年)、岸本は死去しました。享年54。岸本は、日本の近代化に多大な貢献をした人物として、現在でも高く評価されています。

政界へ

政界へ

– 「岸本賀昌」
-政界へ-

岸本賀昌は、1964年、兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、株式会社電通に入社しました。電通では営業職として働き、数多くの企業の広告を手がけました。2000年に電通を退社し、同年、神戸市会議員選挙に立候補して初当選を果たしました。

2003年に兵庫県議会議員選挙に立候補して当選し、2007年には兵庫県議会議長に就任しました。2011年に兵庫県知事に立候補しましたが、現職の井戸敏三に敗れ、落選しました。2012年に参議院議員通常選挙に立候補して当選し、国会議員となりました。

岸本賀昌は、自民党に所属しており、現在は参議院財政金融委員長を務めています。また、自由民主党青年局長や、自由民主党兵庫県連会長などの要職を歴任しています。

岸本賀昌は、穏健なリベラル派として知られており、経済政策や社会政策では比較的自由主義的な考えを持っています。また、外交政策では日米同盟の強化を主張しています。岸本賀昌は、将来の首相候補の一人と目されており、今後の活躍が期待されています。

那覇市長となる

那覇市長となる

-大見出し 岸本賀昌-

-小見出し 那覇市長となる-

岸本賀昌(きしもと かしょう、1980年10月7日 – )は、日本の政治家。第43代・44代那覇市長。

-経歴-

1980年、那覇市生まれ。那覇市立寄宮中学校、県立那覇国際高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部卒業。卒業後は、東京や大阪で民間企業に勤務。

2010年、那覇市議会議員選挙に立候補し、初当選。2014年、再選。

2018年、那覇市長選挙に立候補。現職の城間幹子市長を破り、初当選を果たした。2022年、再選。

-市長として-

岸本市長は、子育て支援や教育、福祉、環境分野に力を入れ、那覇市を住みやすい街にするために様々な施策を打ち出している。

子育て支援では、小中学校の給食費完全無償化や妊婦・乳幼児医療費助成金の拡充を実施。また、待機児童解消のため、保育園の増設や保育士の確保にも取り組んでいる。

教育分野では、小中学校の教育環境の整備や、少人数学級の導入を実施。また、英語教育の強化や、プログラミング教育の導入にも取り組んでいる。

福祉分野では、高齢者や障がい者への支援を拡充。また、生活困窮者への支援や、多重債務者への支援にも取り組んでいる。

環境分野では、再生可能エネルギーの導入や、省エネ対策を実施。また、ごみ減量や、リサイクルの促進にも取り組んでいる。

岸本市長は、これらの施策を通じて、那覇市を住みやすい街にするために全力を尽くしている。

タイトルとURLをコピーしました