大久保利武

大久保利武

大久保利武のプロフィール

大久保利武のプロフィール

大久保利武のプロフィール

大久保利武(おおくぼ としたけ)は、豊後国岡藩の初代藩主。大久保利通の異母弟である。

1830年(文政13年)9月21日、薩摩藩士・大久保利世の次男として鹿児島に生まれる。母は妾・富田モリ。異母兄に大久保利通、同母姉に大久保満寿子がいる。
1858年(安政5年)、兄の利通は薩摩藩主・島津斉彬の命を受けて江戸に上り、安政の大獄に巻き込まれる。利武も兄の支援のために江戸に上り、薩摩藩邸に身を寄せる。

1860年(万延元年)、兄の利通が薩摩藩から勘当される。利武も兄に従って薩摩藩を離れ、京都に滞在する。

1862年(文久2年)、薩摩藩が朝廷に接近して倒幕運動に参加すると、利武も兄の利通に従って薩摩藩に戻り、倒幕派の中心人物として活動する。

1866年(慶応2年)、坂本龍馬の紹介で中岡慎太郎と知り合い、倒幕運動に協力する。

1867年(慶応3年)、薩摩藩が倒幕のために挙兵すると、利武も兄の利通に従って薩摩軍に参加する。
戊辰戦争では、東征軍の一員として東北地方を転戦し、奥羽越列藩同盟を破って明治維新を達成した。

明治維新後は、新政府に出仕して大蔵省に出仕し、大蔵大輔に任命される。

1869年(明治2年)、兄の利通が暗殺されると、利武は兄の後を継いで大蔵卿に就任する。

1871年(明治4年)、征韓論争で西郷隆盛らと共に下野し、鹿児島に帰る。

1877年(明治10年)、西南戦争で西郷軍に加わり、政府軍と戦う。
しかし、西南戦争は政府軍の勝利に終わり、利武は戦死した。

大久保利武の官僚としての経歴

大久保利武の官僚としての経歴

-大久保利武の官僚としての経歴-

大久保利武は、日本の政治家、官僚。明治維新後の内閣制度発足に伴い、初代内務卿に就任。その後、文部卿、司法卿、農商務卿、外務卿を歴任し、日本の近代化に尽力した。

利武は、1830年(文政13年)に、肥前国(現在の佐賀県)佐賀藩士の家に生まれる。藩校である弘道館で学び、1853年(嘉永6年)に藩主の鍋島直正に従って江戸に上る。1858年(安政5年)には、日米修好通商条約の批准書をアメリカに運ぶ使節団の一員として渡米した。

1860年(万延元年)に帰国後は、藩の軍制改革に尽力。慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、新政府軍の総督として奥羽越列藩同盟と戦った。明治維新後は、新政府の要職を歴任。1869年(明治2年)に初代内務卿に就任し、地方行政制度の整備や警察制度の確立などに尽力した。

1871年(明治4年)に文部卿に転任し、学制の発布や東京大学の設立などに尽力した。1873年(明治6年)には司法卿に転任し、日本の近代司法制度の確立に尽力した。その後、農商務卿、外務卿を歴任し、日本の近代化に貢献した。

1889年(明治22年)に元老院議長に就任。1898年(明治31年)に死去するまで、日本の政治に大きな影響力を与えた。

大久保利武の家族について

大久保利武の家族について

-大久保利武の家族について-

大久保利武は、戦国時代から江戸時代初期の武将・大名です。徳川家康の側近として活躍し、江戸幕府の基礎を築いた人物として知られています。

大久保利武の家族については、以下のことがわかっています。

-妻-

大久保利武の妻は、小笠原信之の娘・お清の方です。お清の方との間に、以下の子どもをもうけました。

* 大久保忠隣
* 大久保忠世
* 大久保忠常
* 大久保忠秋
* 大久保忠次

-子ども-

大久保利武の子どもは、上記の5人の男子に加えて、以下の女子がいました。

* 大久保局(徳川家光の乳母)
* お勝の方(前田利長の側室)
* お初の方(堀直政の正室)
* お咲の方(土井利勝の側室)

-親族-

大久保利武の親族には、以下の著名人がいます。

* 大久保忠教(弟)
* 大久保忠真(甥)
* 大久保忠英(曾孫)

大久保利武の家族は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した名門の一族です。大久保利武の子孫は、江戸幕府の重臣として仕え、明治維新まで活躍を続けました。

タイトルとURLをコピーしました