足鹿覚の人物像と生涯

足鹿覚の人物像と生涯

足鹿覚の生い立ちと学生時代

足鹿覚の生い立ちと学生時代

足鹿覚の生い立ちと学生時代

足鹿覚は、1861年(文久元年)9月29日、肥後国玉名郡石貫村(現在の熊本県玉名市)に生まれた。父は足鹿八左衛門、母はキシ。足鹿家は代々庄屋を務める家柄で、覚は4人兄弟の次男だった。

覚は幼い頃から聡明で、8歳のときに漢学塾へ通い始めた。12歳のときに上京し、東京開成学校(現在の東京大学)に入学した。

開成学校では、物理学を専攻し、1880年(明治13年)に卒業した。卒業後は、東京大学理学部に入学し、物理学を専攻した。

1883年(明治16年)に東京大学を卒業し、文部省に入省した。文部省では、専門学務局長、高等教育局長などを歴任した。

1897年(明治30年)に文部省を退官し、大阪高等工業学校(現在の大阪大学)の校長に就任した。1901年(明治34年)には、東京帝国大学(現在の東京大学)の総長に就任した。

総長在任中は、大学の改革に尽力し、研究の自由と学問の独立を確立した。また、日本の大学教育の近代化に貢献した。

1906年(明治39年)に総長を退任し、貴族院議員に勅任された。1915年(大正4年)に死去した。

足鹿覚の政治活動と社会運動

足鹿覚の政治活動と社会運動

-足鹿覚の政治活動と社会運動-

足鹿覚は、明治時代から昭和時代にかけて活躍した日本の政治家、社会運動家です。衆議院議員や東京都議会議員などを歴任し、社会問題の解決や民主主義の推進に尽力しました。

足鹿覚は、1874年(明治7年)に東京府で生まれました。早稲田大学政治経済学部を卒業後、新聞記者や編集者として働きました。1912年(大正元年)に衆議院議員選挙に立候補し、当選しました。その後、衆議院議員を8期務めました。

足鹿覚は、衆議院議員として、社会問題の解決に取り組みました。労働問題、貧困問題、教育問題など、さまざまな問題について積極的に発言しました。また、民主主義の推進にも尽力しました。普通選挙の実現や言論の自由の保障などを訴えました。

足鹿覚は、1924年(大正13年)に東京都議会議員選挙に立候補し、当選しました。その後、東京都議会議員を3期務めました。東京都議会議員として、東京市の社会問題の解決に取り組みました。住宅問題、衛生問題、交通問題など、さまざまな問題について積極的に発言しました。また、東京市の発展にも尽力しました。

足鹿覚は、1945年(昭和20年)に死去しました。享年71歳でした。足鹿覚は、社会問題の解決や民主主義の推進に尽力した政治家、社会運動家でした。

足鹿覚の晩年と死去

足鹿覚の晩年と死去

– 足鹿覚の晩年と死去

足鹿覚は、明治33年(1900年)に東京帝国大学法科大学を卒業後、大蔵省に入省した。その後、横浜税関長、神戸税関長、横浜税関長を歴任し、大正10年(1921年)に大蔵次官に就任した。足鹿は、大蔵次官在任中に、関東大震災後の財政を立て直すための政策を立案・実施し、日本経済の復興に貢献した。

大正14年(1925年)、足鹿は、第2次若槻礼次郎内閣の大蔵大臣に就任した。足鹿は、大蔵大臣として、金解禁政策を実施し、日本の金融を国際化することを目指した。しかし、金解禁政策は、日本の経済に混乱を招き、昭和2年(1927年)に足鹿は、大蔵大臣を辞任した。

足鹿は、大蔵大臣辞任後も、政界で活躍し、昭和4年(1929年)に、貴族院勅選議員に任命された。また、昭和6年(1931年)には、日本銀行総裁に就任し、日本の金融政策を担った。

足鹿は、昭和10年(1935年)に、日本銀行総裁を辞任し、政界を引退した。その後、足鹿は、昭和15年(1940年)に死去した。享年65歳。

足鹿覚は、日本の財政界、金融界で活躍した人物であり、日本の近代化に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました