早川権弥の生涯 – 廃娼運動に生涯を捧げた政治家

早川権弥の生涯 – 廃娼運動に生涯を捧げた政治家

明治17年の飯田事件と逮捕

明治17年の飯田事件と逮捕

明治17年の飯田事件と逮捕

早川権弥の政治家としての活動は、1884年(明治17年)の飯田事件から始まります。飯田事件とは、長野県飯田市で起こった大規模な娼妓暴動事件です。遊廓での暴動鎮圧に派遣された早川は、娼妓たちの悲惨な境遇に心を痛め、娼妓の救済と廃娼運動に生涯を捧げることを決意しました。

飯田事件後、早川は長野県会議員に当選し、廃娼運動に取り組み始めます。廃娼運動は困難を極めましたが、早川は諦めずに活動を続けました。1898年(明治31年)、早川は衆議院議員に当選し、国政の場でも廃娼運動を訴えます。

1900年(明治33年)、早川は衆議院議員を辞職し、世界巡回講演に出かけます。世界各地で廃娼運動について講演し、海外での人脈を築きました。帰国後、早川は再び衆議院議員に当選し、廃娼運動を推進します。

1907年(明治40年)、早川は衆議院議員を辞職し、廃娼運動に専念します。東京市会議員に当選し、東京市内の遊廓の閉鎖を目指しました。1918年(大正7年)、早川は東京市会議員を辞職し、廃娼運動団体の「日本廃娼会」を設立しました。

早川は廃娼運動に生涯を捧げ、1921年(大正10年)に亡くなりました。早川の廃娼運動は、日本の社会問題の解決に大きく貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました