寺島権蔵→ 大正から昭和初期の新聞記者、政治家

寺島権蔵→ 大正から昭和初期の新聞記者、政治家

明治初期の生い立ちと早稲田大学への進学

明治初期の生い立ちと早稲田大学への進学

明治初期の生い立ちと早稲田大学への進学

寺島権蔵は、1861年(文久元年)11月25日に、茨城県常陸太田市に生まれました。父親は寺島清兵衛、母親はキミです。寺島家は代々、農民を営んでいましたが、権蔵の父親の代に酒造業を始めて成功を収めました。

権蔵は、幼い頃から頭が良く、村の寺子屋に通って、漢学や算術を学びました。16歳の時、東京に出て、早稲田大学の前身である東京専門学校に入学しました。東京専門学校は、福沢諭吉が創設した学校で、自由民権運動の拠点となっていました。

権蔵は、東京専門学校で政治経済を学び、自由民権運動に参加しました。また、ジャーナリズムにも興味を持ち、学生新聞の編集長を務めました。1882年(明治15年)、東京専門学校を卒業した権蔵は、新聞記者として働き始めました。

権蔵は、新聞記者として、自由民権運動や社会問題を積極的に取り上げました。その記事は、人々から多くの支持を得て、権蔵は、ジャーナリストとして、その名を馳せました。1890年(明治23年)、権蔵は、衆議院議員に当選し、政界入りしました。

権蔵は、政界でも、自由民権運動や社会問題を積極的に取り上げました。また、地方自治の確立にも尽力しました。1916年(大正5年)、権蔵は、文部大臣に就任しました。文部大臣として、権蔵は、教育の改革に取り組みました。

1928年(昭和3年)、権蔵は、衆議院議員を辞職し、政界を引退しました。その後、権蔵は、ジャーナリズムの世界に戻り、新聞や雑誌に評論を発表しました。1931年(昭和6年)、権蔵は、70歳で亡くなりました。

東京毎日新聞での活躍と政界への進出

東京毎日新聞での活躍と政界への進出

-東京毎日新聞での活躍と政界への進出-

寺島権蔵は、明治16年(1883年)に静岡県富士郡本市場村(現在の富士市)に生まれました。早稲田大学を卒業後、明治39年(1906年)に東京毎日新聞社に入社しました。

東京毎日新聞社に入社した寺島は、すぐに頭角を現し、記者として活躍しました。寺島は、明治42年(1909年)に起こった幸徳秋水事件を皮切りに、大正デモクラシーの時代を代表する数々の事件を報道しました。また、寺島は、大正12年(1923年)に起こった関東大震災の報道にも尽力し、東京毎日新聞社の記者として、ジャーナリズム界に大きな功績を残しました。

大正14年(1925年)、寺島は東京毎日新聞社を退社し、政界に転身しました。寺島は、昭和2年(1927年)に第16回衆議院議員総選挙に立候補し、当選しました。昭和6年(1931年)には、犬養内閣の商工政務次官に任命されました。また、寺島は、昭和12年(1937年)には、広田内閣の商工大臣に任命されました。寺島は、昭和16年(1941年)に死去するまで、政界で活躍しました。

富山県での政治活動と富山日報の設立

富山県での政治活動と富山日報の設立

富山県での政治活動と富山日報の設立

寺島権蔵氏は、富山県において政治活動と新聞の設立に関わった人物である。

寺島氏は、1884年(明治17年)に富山県に生まれ、富山県立富山中学校(現富山県立富山高等学校)を経て、明治大学法学部を卒業した。卒業後は、富山県に戻り、新聞記者として働き始めた。

寺島氏は、新聞記者として政治や社会問題を鋭く批判し、富山県政の改革を訴えた。また、寺島氏は、大正デモクラシーの高まりの中で、普選運動や労働運動にも積極的に参加した。

1924年(大正13年)、寺島氏は衆議院議員選挙に立候補し、当選を果たした。寺島氏は、衆議院議員として、社会正義の実現や貧困の撲滅を目指して活動した。また、寺島氏は、富山県の発展のために、公共事業の推進や産業の振興にも力を注いだ。

1929年(昭和4年)、寺島氏は、富山日報を創刊した。富山日報は、寺島氏の政治思想を反映した新聞であり、県政の改革や社会正義の実現を強く訴えた。富山日報は、県民から大きな支持を受け、富山県を代表する新聞の一つとなった。

寺島氏は、1932年(昭和7年)に衆議院議員を辞職し、富山日報の社長に専念した。寺島氏は、社長として富山日報の経営を立て直し、紙面刷新にも力を注いだ。富山日報は、寺島氏の指導の下、県政の改革や社会正義の実現に貢献した。

寺島氏は、1965年(昭和40年)に死去した。寺島氏は、富山県において政治活動と新聞の設立に関わった人物として、現在でも高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました