林敬三:昭和時代の官僚

林敬三:昭和時代の官僚

林敬三の生涯

林敬三の生涯

-林敬三の生涯-

林敬三は、1906年(明治39年)6月10日に、岡山県岡山市に生まれた。東京帝国大学法学部を卒業後、1929年(昭和4年)に大蔵省に入省した。主計局長、理財局長、事務次官を歴任し、1957年(昭和32年)に大蔵大臣に就任した。

大蔵大臣在任中は、池田勇人内閣の経済政策「所得倍増計画」を推進し、日本の経済成長に大きく貢献した。また、国際通貨基金(IMF)総裁と世界銀行総裁を兼任し、国際社会においても活躍した。

1964年(昭和39年)に大蔵大臣を辞任した後、日本銀行総裁に就任した。日本銀行総裁在任中は、高度経済成長期の金融政策を運営し、1971年(昭和46年)のドル・ショックにも対応した。

1974年(昭和49年)に日本銀行総裁を辞任後、参議院議員に当選し、1980年(昭和55年)まで務めた。1989年(平成元年)12月11日に東京都港区の病院で死去した。享年83歳。

林敬三は、日本の経済成長に大きく貢献した官僚・政治家である。大蔵大臣、日本銀行総裁、参議院議員を歴任し、日本の経済政策を指導した。その功績は高く評価されており、現在でも日本の経済界に大きな影響を与えている。

林敬三の功績

林敬三の功績

林敬三の功績

林敬三は、昭和時代に活躍した日本の官僚である。1906年生まれ。東京帝国大学法学部を卒業後、内務省に入省した。内務省では、地方自治、警察、消防などの分野で活躍し、1948年に内務次官に就任した。1951年に退官後は、日本銀行総裁、日本開発銀行総裁、日本商工会議所会頭を歴任した。

内務省次官時代には、地方自治制度の改革や、警察制度の近代化に尽力した。また、日本銀行総裁時代には、経済の安定と成長に貢献した。日本開発銀行総裁時代には、日本の産業発展に貢献した。日本商工会議所会頭時代には、日本の経済界を代表して政府に政策提言を行った。

林敬三は、昭和時代の日本の経済発展に大きく貢献した官僚である。その功績は高く評価されている。
林敬三の主な功績は以下の通りである。

* 地方自治制度の改革
* 警察制度の近代化
* 経済の安定と成長
* 日本の産業発展
* 日本の経済界を代表して政府に政策提言

林敬三は、日本の経済発展に大きく貢献した官僚である。その功績は高く評価されている。

林敬三の死

林敬三の死

-林敬三の死-

林敬三は、1990年10月11日、肝臓不全のため東京都内の自宅で死去した。享年75歳であった。

林は、1915年10月11日、愛知県名古屋市に生まれた。旧制第一高等学校を経て、東京帝国大学法学部卒業後、内務省に入省した。戦後、愛知県人事委員会委員、財政局長、総務局長などを歴任し、1962年に北海道開発庁長官に就任した。1964年に、田中角栄内閣で自治大臣兼国家公安委員会委員長に就任し、1966年に、第1次佐藤内閣で内閣官房長官に就任した。その後、1971年に、第3次佐藤内閣で総務長官に就任し、1972年に、第1次田中角栄内閣で官房長官に就任した。

林は、戦後日本の政治の中心人物の一人として活躍し、昭和から平成にかけての日本の政治に大きな影響を与えた。

林の死は、日本政界に大きな衝撃を与えた。昭和の時代を代表する政治家の一人が失われたことに対し、多くの人々が哀悼の意を表した。

タイトルとURLをコピーしました