大坂金助 – 明治-大正時代の実業家、政治家

大坂金助 – 明治-大正時代の実業家、政治家

青森生まれの実業家

青森生まれの実業家

青森生まれの実業家

大坂金助は、明治-大正時代に活躍した実業家、政治家です。青森県青森市に生まれ、小学校卒業後上京。1887年に実業家となり、1900年に衆議院議員に当選しました。その後、鉄道や銀行などの経営に携わり、青森県の経済発展に貢献しました。

大坂金助は、青森県青森市に、父・大坂金兵衛、母・はるの長男として生まれました。小学校を卒業後、上京して1887年に実業家となりました。1900年には衆議院議員に当選し、3期連続で務めました。政治家としては、鉄道敷設や銀行設立など、青森県の経済発展に尽力しました。

また、大坂金助は、地元の文化や教育振興にも貢献しました。1907年には青森県立図書館の前身である青森県立図書館を開設し、1912年には青森高等商業学校(現在の青森大学)を創立しました。また、青森県内の多くの神社や寺院の建立に寄付を行い、地元の人々から敬愛されました。

大坂金助は、1925年に68歳で亡くなりました。彼の遺した功績は、青森県の経済発展と地域社会の振興に大きく貢献し、今でも人々から尊敬されています。

青森商業銀行の設立に貢献

青森商業銀行の設立に貢献

-青森商業銀行の設立に貢献-

大坂金助は青森県出身の実業家・政治家であり、青森商業銀行の設立において重要な役割を果たしました。

青森商業銀行は1901年に設立された青森県最初の商業銀行であり、青森県における産業振興に大きく貢献しました。大坂金助は青森商業銀行の設立準備から実際の設立まで中心的な役割を果たし、初代頭取に就任しました。

大坂金助は青森県屈指の富裕層であり、金融業界にも精通していたため、青森商業銀行の設立には最適な人物でした。大坂金助は青森商業銀行の設立に際して、自らの資金を提供するだけでなく、地元有力者を説得して出資を募るなど、多大な尽力をしました。

青森商業銀行は設立当初から順調に経営を進め、青森県における産業振興に大きな役割を果たしました。青森商業銀行の設立は、青森県における経済発展のきっかけとなり、青森県の発展に大きく貢献しました。

大坂金助は青森商業銀行の設立以外にも、青森県の産業振興に大きく貢献しました。大坂金助は青森県内の鉄道や道路の建設を支援し、青森県の産業発展に貢献しました。

大坂金助は青森県の発展に大きく貢献した人物であり、青森県民から尊敬を集めていました。大坂金助は1940年に亡くなりましたが、その功績は現在でも語り継がれています。

青森県会議員・青森市長・衆議院議員を歴任

青森県会議員・青森市長・衆議院議員を歴任

– 青森県会議員・青森市長・衆議院議員を歴任

大坂金助は、明治・大正時代の実業家であり、政治家でもあります。青森県八戸市に生まれ、1883年に青森県会議員に当選しました。1889年には青森市長に就任し、1894年まで務めました。その後、1898年に衆議院議員に当選し、1908年まで務めました。

青森県会議員時代には、青森県の発展に貢献しました。青森県庁舎の建設や、青森県内の道路や鉄道の整備などに尽力しました。青森市長時代には、青森市の水道事業や、青森市内の公園の整備などに尽力しました。衆議院議員時代には、青森県の産業振興や、青森県の教育振興などに尽力しました。

大坂金助は、青森県の発展に貢献した偉大な政治家であり、実業家でした。青森県の人々から尊敬され、愛された人物です。

タイトルとURLをコピーしました