「大芝惣吉」

「大芝惣吉」

明治-大正時代の司法官,政治家

明治-大正時代の司法官,政治家

-明治-大正時代の司法官,政治家-

大芝惣吉(おおしば そうきち、1853年11月6日 – 1934年1月12日)は、明治-大正時代の司法官、政治家。
東京府出身。

1853年11月6日、武蔵国豊島郡下谷仲御徒町(現・東京都台東区下谷)で、大芝多仲の次男として生まれる。
1872年(明治5年)に司法省に出仕し、検事、裁判官を歴任。
1892年(明治25年)に東京府知事となり、1896年(明治29年)まで務めた。

その後、法制局長官、司法次官、文部大臣、農商務大臣を歴任。
1916年(大正5年)、大審院院長に就任。
1921年(大正10年)には、貴族院議員に勅任された。

1934年(昭和9年)1月12日、東京市麹町区一番町(現・東京都千代田区一番町)の自宅で死去。80歳没。

大芝惣吉は、明治-大正時代の日本の司法界と政界を代表する人物の一人である。
法制局長官として、民法、商法、刑法などの制定に携わり、日本の近代法制の整備に貢献した。
また、司法次官として、司法制度の改革を進め、文部大臣として、教育制度の充実を図った。
さらに、農商務大臣として、農林業の発展に尽力した。

大芝惣吉は、日本の近代化に多大な貢献をした人物である。

司法官から政界へ

司法官から政界へ

-司法官から政界へ-

大芝惣吉は、司法官から政界入りを果たした人物です。

1862年(文久2年)に肥後国(現在の熊本県)に生まれ、1883年(明治16年)に東京大学法学部を卒業しました。卒業後は、司法省に入り、判事として各地で裁判官を務めました。

1904年(明治37年)、熊本県知事に任命され、政界入りを果たしました。1908年(明治41年)には、第2次桂太郎内閣で法務大臣に任命されました。

法務大臣として、大芝は、刑法改正や少年法の制定など、司法制度の改革に取り組みました。また、朝鮮総督府の初代総監も務め、朝鮮統治に尽力しました。

1918年(大正7年)には、第2次原敬内閣で文部大臣に任命されました。文部大臣として、大芝は、初等教育の充実や高等教育の拡充など、教育制度の改革に取り組みました。

1923年(大正12年)に、大芝は政界を引退しました。引退後は、東京帝国大学総長や日本学士院院長などを務め、教育界や学術界に貢献しました。

大芝は、司法官として、政界人として、教育者として、日本の近代化に貢献した人物です。

郷土先人の人物像に迫る

郷土先人の人物像に迫る

郷土先人の人物像に迫る

大見出し「 「大芝惣吉」」の下に作られた小見出しの「郷土先人の人物像に迫る」は、郷土にゆかりのある人物の人生や功績を紹介する記事のタイトルとしてよく使われます。この小見出しは、郷土の人々が郷土の先人の人物像を知ることで、郷土の歴史や文化、伝統などに興味を持ち、郷土を愛する気持ちを持ってもらいたいという願いが込められています。

この小見出しは、郷土の人々にとって身近なテーマであり、郷土の歴史や文化、伝統などを知りたいというニーズに応えることができます。また、郷土の偉人を紹介することで、郷土の人々の郷土への愛着心を高めることができます。

この小見出しを使って記事を書く際には、郷土の先人の人物像を詳しくリサーチして、その人物の人生や功績を正確に伝えることが大切です。また、郷土の先人の人物像をわかりやすく、興味深く伝えるために、具体的なエピソードや逸話を交えることも効果的です。

郷土の先人の人物像を知ることで、郷土の歴史や文化、伝統などを知ることができます。また、郷土の偉人を紹介することで、郷土の人々の郷土への愛着心を高めることができます。この小見出しは、郷土の人々に郷土の歴史や文化、伝統などを知ってもらうための有効な手段です。

郷土の先人の人物像を知ることは、郷土の歴史や文化、伝統などを知るための重要な手がかりとなります。また、郷土の偉人を紹介することで、郷土の人々の郷土への愛着心を高めることができます。この小見出しは、郷土の人々に郷土の歴史や文化、伝統などを知ってもらうための有効な手段です。

タイトルとURLをコピーしました