北島謙次郎(1893-1957):日本の官僚

北島謙次郎(1893-1957):日本の官僚

大蔵省から拓務省へ

大蔵省から拓務省へ

-大蔵省から拓務省へ-

北島謙次郎は、1917年に大蔵省に入省し、主税局勤務を皮切りに、主計局、理財局、国庫局などで勤務しました。1927年に大蔵省を退官し、民間企業に勤務した後、1931年に拓務省に入省しました。

拓務省は、1929年に内務省から分離独立した省で、朝鮮、台湾、樺太、南洋群島などの日本の海外領土の統治を担当していました。北島謙次郎は、拓務省入省後、拓務局長、次官などを歴任し、1942年に拓務大臣に就任しました。

拓務大臣在職中、北島謙次郎は、日本の海外領土の統治政策を強化し、朝鮮人や台湾人などの植民地住民に対する同化政策を推進しました。また、南洋群島での資源開発にも力を入れました。

1945年に日本の敗戦により、拓務省は廃止され、北島謙次郎も退官しました。その後、北島謙次郎は、公職追放となり、公職に就くことができなくなりました。1957年に死去しました。

南洋庁長官として

南洋庁長官として

-南洋庁長官として-

北島謙次郎は、1932年から1936年まで南洋庁長官を務めた。この間、彼は南洋諸島の行政を担当し、日本の統治の確立に尽力した。

北島は、南洋庁長官就任後、まず南洋諸島の視察を行った。この視察で、彼は南洋諸島の現状を把握し、日本の統治に必要な政策を立案した。

北島が立案した政策の中で、最も重要なのは、南洋諸島の産業振興政策であった。北島は、南洋諸島の産業を振興することで、日本の経済発展に寄与することを目指していた。

北島は、南洋諸島の産業振興のために、様々な施策を実施した。その一つが、南洋諸島への移民政策である。北島は、日本国内から南洋諸島への移民を奨励し、南洋諸島の産業発展を図った。

もう一つの施策が、南洋諸島のインフラ整備である。北島は、南洋諸島のインフラ整備を進め、南洋諸島の経済発展を促進した。

北島の政策により、南洋諸島の産業は振興し、日本の経済発展に寄与した。しかし、北島の政策は、南洋諸島の住民の権利を無視したものであり、後に南洋諸島の住民の反発を招くこととなった。

拓務次官時代

拓務次官時代

-拓務次官時代-

1939年、北島謙次郎は拓務次官に任命されました。拓務次官は、台湾、朝鮮、南洋諸島などの日本の植民地を統治する拓務省のナンバー2の役職です。北島は、拓務次官として、これらの地域の施政方針立案や実施、予算編成などに関わりました。

北島は、拓務次官として、日本の植民地政策を強化することを目指しました。彼は、植民地の経済開発を促進し、日本の企業や資本を誘致しました。また、植民地の住民に対して、日本語教育や皇民化教育を推進しました。さらに、彼は、植民地の治安維持にも力を入れて、反日運動や独立運動を取り締まりました。

北島の植民地政策は、日本の植民地支配の強化につながりました。しかし、それは、植民地の住民の弾圧や搾取にもつながりました。北島の植民地政策は、日本の植民地支配の負の側面を象徴するものとして、今日でも批判されています。

1943年、北島は、拓務次官を辞任しました。その後、彼は、日本銀行総裁、大蔵大臣などを歴任しました。1957年、北島は、64歳で亡くなりました。

タイトルとURLをコピーしました