大島寛爾:明治・大正時代の政治家実業家の生涯

大島寛爾:明治・大正時代の政治家実業家の生涯

嘉永六年から昭和八年までの激動の生涯

嘉永六年から昭和八年までの激動の生涯

-嘉永六年から昭和八年までの激動の生涯-

大島寛爾は、嘉永六年(1853年)に薩摩藩士・大島正一の長男として鹿児島に生まれた。幼名は「寛助」といい、諱は「寛爾」といった。通称は「八三郎」である。大島は、薩摩藩の藩校である造士館で学び、明治維新後は新政府に出仕した。

明治五年(1872年)、大島は外務少丞としてアメリカ合衆国に派遣された。その後、外務大丞、外務次官を歴任し、明治一二年(1879年)には外務卿に就任した。外務卿として大島は、清国との間で日清修好通商条約を締結し、日本と清国の関係を改善した。また、朝鮮との間で日朝修好通商条約を締結し、日本と朝鮮の関係を樹立した。

明治一六年(1883年)、大島は外務卿を辞職し、参議に就任した。その後、農商務卿、内務卿、逓信卿を歴任した。内務卿として大島は、地方制度の改革を行い、町村制と郡制を制定した。また、逓信卿として大島は、郵便制度と電信制度を整備した。

明治二九年(1896年)、大島は政界を引退し、実業界に転身した。大島は、日本郵船の社長、横浜正金銀行の頭取、東京瓦斯の社長などを歴任した。実業界で活躍する一方、大島は日露戦争期間中には陸軍慈善会会長を務め、戦傷者の救護活動に尽力した。

昭和八年(1933年)、大島は東京で逝去した。享年八一歳であった。大島は、明治・大正時代の政界と実業界において活躍した人物であり、日本の近代化に貢献した。

-大島の功績-

大島は、明治・大正時代の政界と実業界において活躍した人物であり、日本の近代化に貢献した。大島の功績は以下の通りである。

* 日清修好通商条約と日朝修好通商条約の締結
* 地方制度の改革
* 郵便制度と電信制度の整備
* 日露戦争期間中の陸軍慈善会会長としての活動

大島は、日本の近代化に貢献した功績が認められ、死後、贈正二位を追贈された。

政友会所属の衆議院議員として活躍

政友会所属の衆議院議員として活躍

政友会所属の衆議院議員として活躍

大島寛爾は、1863年に岐阜県に生まれ、慶應義塾で学びました。その後、1890年に衆議院議員に当選し、政友会に所属しました。政友会は、当時、立憲政友会と呼ばれており、伊藤博文が率いる最大政党でした。

大島は、政友会の中で、次第に頭角を現し、1900年に農商務政務次官、1906年に逓信大臣、1908年に内務大臣を歴任しました。内務大臣時代には、市制・町村制改正や警察制度の改革などを行い、地方自治の充実を図りました。

1912年、政友会が分裂すると、大島は、原敬率いる立憲同志会に移籍しました。立憲同志会は、1913年に政友会と合同して、憲政会を結成しました。大島は、憲政会の最高幹部として、政権獲得に尽力しました。

1918年、憲政会が内閣を組織すると、大島は、内務大臣に就任しました。内務大臣時代には、米騒動の鎮圧や労働運動の取り締まりなどを行い、社会安定に努めました。

1920年、大島は、憲政会の総裁に就任しました。総裁就任後、大島は、護憲運動を展開し、普選の実現や政党内閣の確立を目指しました。しかし、1922年に政友会と憲政会が合同して、大政翼賛会を結成すると、大島は、政界を引退しました。

大島寛爾は、政友会・立憲同志会・憲政会に所属し、衆議院議員として活躍しました。また、農商務政務次官、逓信大臣、内務大臣を歴任し、社会安定と政治改革に尽力しました。

浦和町長、武州銀行取締役としての功績

浦和町長、武州銀行取締役としての功績

-浦和町長、武州銀行取締役としての功績-

大島寛爾は、明治・大正時代の政治家、実業家です。浦和町長、埼玉県議会議員、衆議院議員、貴族院議員を歴任し、武州銀行の取締役も務めました。

浦和町長としては、浦和発展に尽力しました。1918(大正7)年に町長に就任すると、すぐに浦和開墾組合を組織して、荒川西岸の開墾や入植を進めました。また、浦和駅周辺の都市計画を策定し、道路や公園を整備しました。さらに、浦和女子商業学校(現・埼玉県立浦和商業高等学校)の設立にも尽力しました。

埼玉県議会議員としては、1919(大正8)年に初当選を果たし、1930(昭和5)年まで3期連続で当選しました。議長にも2度選出されました。県議会議員時代には、県政の発展に尽力し、特に県営鉄道の敷設に尽力しました。

衆議院議員としては、1932(昭和7)年に初当選を果たし、1936(昭和11)年まで2期連続で当選しました。衆議院議員時代には、特に農村政策に尽力しました。

貴族院議員としては、1936(昭和11)年に勅選議員に任命され、1946(昭和21)年まで務めました。貴族院議員時代には、特に教育政策に尽力しました。

武州銀行の取締役としては、1919(大正8)年に就任し、1945(昭和20)年まで務めました。武州銀行は、埼玉県の有力銀行で、大島寛爾は経営に参画し、銀行の発展に貢献しました。

大島寛爾は、浦和町長、埼玉県議会議員、衆議院議員、貴族院議員、武州銀行の取締役を歴任し、明治・大正時代の埼玉県の発展に尽力した功績のある人物です。

タイトルとURLをコピーしました