木津太郎平(1875-1950):明治-昭和時代の政治家、実業家

木津太郎平(1875-1950):明治-昭和時代の政治家、実業家

富山県高岡商業会議所会頭から衆議院議員へ

富山県高岡商業会議所会頭から衆議院議員へ

-富山県高岡商業会議所会頭から衆議院議員へ-

木津太郎平は、1875年(明治8年)に富山県高岡市に生まれました。1894年(明治27年)に東京高等商業学校(現一橋大学)を卒業し、高岡商業会議所に入所しました。1899年(明治32年)には富山県会議員に当選し、1902年(明治35年)には衆議院議員に当選しました。

木津は、衆議院議員として、鉄道や港湾の整備、産業の振興、教育の普及などに尽力しました。また、1911年(明治44年)には、富山県高岡商業会議所会頭に就任しました。高岡商業会議所会頭として、木津は、高岡市の経済発展に貢献しました。

木津は、1950年(昭和25年)に75歳で亡くなりました。木津は、明治-昭和時代の政治家、実業家として、富山県の発展に貢献した人物です。

-木津太郎平の主な功績-

* 富山県高岡商業会議所会頭として、高岡市の経済発展に貢献
* 衆議院議員として、鉄道や港湾の整備、産業の振興、教育の普及などに尽力
* 高岡市に木津記念館が建てられ、木津の功績を称える展示が行われている

高岡銀行頭取や高岡新報社長も歴任

高岡銀行頭取や高岡新報社長も歴任

-高岡銀行頭取や高岡新報社長も歴任-

木津太郎平は、明治・昭和時代に活躍した政治家・実業家です。1875年、富山県氷見市に生まれ、東京専門学校(現・早稲田大学)を卒業後、実業界に入ります。その後、高岡銀行の頭取や高岡新報の社長などを歴任し、地元の経済発展に貢献しました。

1920年に衆議院議員に初当選し、憲政会に所属しました。その後、内務政務次官や文部政務次官などを歴任し、1931年には逓信大臣に就任しました。逓信大臣としては、電話や郵便などの通信事業の近代化に取り組み、また、ラジオ放送の普及にも尽力しました。

1932年には内閣総理大臣に就任し、約1年間政権を担当しました。木津内閣は、満州事変後の混乱した情勢の中で、軍部と政党の対立を調整しながら、国内の安定と経済の復興に取り組みました。

1934年に内閣総理大臣を辞任した後も、政界や実業界で活躍を続けました。1946年には日本自由党を結成し、その総裁に就任しました。しかし、1947年に公職追放となり、政界から引退しました。1950年に東京都で死去しました。

木津太郎平は、明治・昭和時代の激動の時代にあって、政治家・実業家として活躍した人物です。彼の功績は、今日でも高く評価されています。

北陸人造肥料を設立し、高岡市長にも

北陸人造肥料を設立し、高岡市長にも

– 北陸人造肥料を設立し、高岡市長にも

木津太郎平は、1875年(明治8年)に富山県高岡市で生まれた。高岡中学校(現在の富山県立高岡高等学校)を卒業後、上京して東京帝国大学(現在の東京大学)法学部に進学した。卒業後は、法制局に入り、1903年(明治36年)に衆議院議員に当選した。その後、農商務政務官、大蔵政務官などを歴任し、1916年(大正5年)に高岡市長になった。

市長就任後、木津は市内のインフラ整備に力を入れた。電気やガスを整備し、道路や橋を建設した。また、教育にも熱心で、高岡市に尋常小学校を設立した。

1921年(大正10年)、木津は高岡市長を辞任し、政界を引退した。その後、北陸人造肥料を設立し、社長に就任した。北陸人造肥料は、化学肥料を製造する会社で、木津の経営の下で大きく発展した。

木津は、1950年(昭和25年)に亡くなった。享年75。

タイトルとURLをコピーしました