紀藤閑之介 – 明治・昭和時代の政治家

紀藤閑之介 – 明治・昭和時代の政治家

紀藤閑之介の生涯

紀藤閑之介の生涯

-紀藤閑之介の生涯-

紀藤閑之介は、明治・昭和時代の政治家です。1871年(明治4年)に東京に生まれ、1895年(明治28年)に東京帝国大学法科大学を卒業しました。卒業後は、内務省に入り、地方官として各地を歴任しました。1902年(明治35年)には、衆議院議員に当選し、1913年(大正2年)には、文部大臣に就任しました。1918年(大正7年)には、内務大臣に就任し、1924年(大正13年)には、首相に就任しました。紀藤首相は、シベリア出兵やワシントン海軍軍縮条約の締結など、多くの外交問題を処理しました。1926年(大正15年)、紀藤首相は、政変のために辞任しました。その後、紀藤は、貴族院議員や枢密顧問官を務めました。1948年(昭和23年)に死去しました。

紀藤閑之介は、明治・昭和時代の日本の政治を担った重要人物です。紀藤は、内務官僚として地方行政に携わり、その後、衆議院議員や文部大臣、内務大臣、首相を歴任しました。紀藤は、シベリア出兵やワシントン海軍軍縮条約の締結など、多くの外交問題を処理しました。紀藤は、明治・昭和時代の日本の政治を担った重要人物です。

紀藤閑之介の経歴

紀藤閑之介の経歴

-紀藤閑之介の経歴-

紀藤閑之介は、1861年(文久元年)12月25日、京都府船井郡和知村(現在の京丹後市)に生まれた。父は紀藤庄右衛門、母はハルである。幼名は貞七郎。

1873年(明治6年)に小学校に入学する。1879年(明治12年)に京都府立尋常中学校(現在の京都府立洛北高等学校・附属中学校)に入学する。1884年(明治17年)に東京帝国大学法学部政治学科に入学する。1886年(明治19年)に東京帝国大学を卒業する。

1887年(明治20年)に内務省に入省する。1890年(明治23年)に警視庁警部補に任官する。1893年(明治26年)に警視庁警視に昇進する。1897年(明治30年)に警視庁警視正に昇進する。1900年(明治33年)に警視庁警視監に昇進する。

1901年(明治34年)に衆議院議員に当選する。1903年(明治36年)に第1次桂太郎内閣の文部大臣に任命される。1906年(明治39年)に第1次西園寺公望内閣の司法大臣に任命される。1912年(大正元年)に第3次桂太郎内閣の文部大臣に任命される。1913年(大正2年)に第1次山本権兵衛内閣の文部大臣に任命される。

1914年(大正3年)に第2次大隈重信内閣の文部大臣に任命される。1916年(大正5年)に第2次寺内正毅内閣の文部大臣に任命される。1918年(大正7年)に第3次寺内正毅内閣の文部大臣に任命される。1920年(大正9年)に第1次原敬内閣の文部大臣に任命される。

1922年(大正11年)に第2次高橋是清内閣の文部大臣に任命される。1923年(大正12年)に第2次山本権兵衛内閣の文部大臣に任命される。1924年(大正13年)に第1次清浦奎吾内閣の文部大臣に任命される。1925年(大正14年)に第1次加藤高明内閣の文部大臣に任命される。

1927年(昭和2年)に第1次若槻礼次郎内閣の文部大臣に任命される。1929年(昭和4年)に第2次田中義一内閣の文部大臣に任命される。1931年(昭和6年)に第2次若槻礼次郎内閣の文部大臣に任命される。1932年(昭和7年)に第1次犬養毅内閣の文部大臣に任命される。

1934年(昭和9年)に第1次近衛文麿内閣の文部大臣に任命される。1936年(昭和11年)に第2次近衛文麿内閣の文部大臣に任命される。1937年(昭和12年)に第1次近衛文麿内閣の文部大臣に任命される。1938年(昭和13年)に第1次平沼騏一郎内閣の文部大臣に任命される。

1939年(昭和14年)に第2次阿部信行内閣の文部大臣に任命される。1940年(昭和15年)に第2次近衛文麿内閣の文部大臣に任命される。1941年(昭和16年)に第3次近衛文麿内閣の文部大臣に任命される。1942年(昭和17年)に第1次東條英機内閣の文部大臣に任命される。

1943年(昭和18年)に第2次東條英機内閣の文部大臣に任命される。1944年(昭和19年)に第2次小磯國昭内閣の文部大臣に任命される。1945年(昭和20年)に第2次鈴木貫太郎内閣の文部大臣に任命される。

1946年(昭和21年)に公職追放となる。1951年(昭和26年)に公職追放を解除される。1953年(昭和28年)に死去する。

紀藤閑之介の功績

紀藤閑之介の功績

紀藤閑之介の功績

紀藤閑之介は、明治・昭和時代の政治家です。1875年(明治8年)に高知県に生まれ、1959年(昭和34年)に東京都で亡くなりました。衆議院議員や参議院議員を歴任し、内閣総理大臣も務めました。

紀藤閑之介は、大正デモクラシー運動に積極的に参加し、普選運動を推進しました。また、護憲運動にも参加し、憲法を守ろうとしました。1918年(大正7年)には、第2次護憲運動の指導者として活躍し、政府の弾圧に抵抗しました。

紀藤閑之介は、1925年(大正14年)に衆議院議員に当選し、政界入りを果たしました。1929年(昭和4年)には、第1次若槻内閣で逓信大臣に任命されました。1931年(昭和6年)には、第2次若槻内閣で内務大臣に任命されました。1932年(昭和7年)には、第1次犬養内閣で内務大臣に任命されました。

1934年(昭和9年)、紀藤閑之介は、内閣総理大臣に就任しました。紀藤内閣は、軍部の圧力を受けて総辞職しましたが、紀藤閑之介は、軍部の横暴に抵抗し、民主主義を守ろうとしました。

紀藤閑之介は、1946年(昭和21年)に参議院議員に当選し、政界に復帰しました。1950年(昭和25年)には、第3次吉田内閣で運輸大臣に任命されました。1952年(昭和27年)には、第4次吉田内閣で内閣官房長官に任命されました。

紀藤閑之介は、1959年(昭和34年)に東京都で亡くなりました。享年84歳でした。紀藤閑之介は、大正デモクラシー運動や護憲運動に積極的に参加し、普選運動を推進しました。また、内閣総理大臣としても、軍部の圧力に抵抗し、民主主義を守ろうとしました。紀藤閑之介は、日本の民主主義の発展に貢献した政治家です。

タイトルとURLをコピーしました