山県勝見 – 実業家、政治家として活躍した昭和時代の人物

山県勝見 – 実業家、政治家として活躍した昭和時代の人物

辰馬汽船から政治家への転身

辰馬汽船から政治家への転身

辰馬汽船から政治家への転身

山県勝見は、辰馬汽船の社長を務めた後、政界に転身し、運輸大臣や防衛庁長官などの要職を歴任した。

山県が辰馬汽船に入社したのは、1923年(大正12年)のことである。辰馬汽船は、山県の祖父である辰馬吉左衛門が創業した海運会社であり、山県は入社後、順調に出世を重ねていった。

1942年(昭和17年)、山県は辰馬汽船の社長に就任した。当時、日本は太平洋戦争の最中で、海運業界は厳しい状況にあった。しかし、山県は経営手腕を発揮し、辰馬汽船を戦時下の苦難を乗り越えさせた。

戦後、山県は辰馬汽船の社長を辞任し、政界に転身した。1946年(昭和21年)、山県は衆議院議員に当選し、以後、10期連続で当選した。山県は、運輸大臣や防衛庁長官などの要職を歴任し、日本の交通インフラの発展に大きく貢献した。

山県は、1989年(平成元年)に政界を引退した。しかし、その後も日本財界や政界に大きな影響力を持ち続け、2005年(平成17年)に亡くなるまで、政財界の重鎮として活躍した。

吉田内閣で国務相および厚生大臣を歴任

吉田内閣で国務相および厚生大臣を歴任

吉田内閣で国務相および厚生大臣を歴任

山県勝見は、1948年3月に吉田茂が組閣した吉田内閣で国務相に任命されました。国務相は、内閣総理大臣を助けて国政を審議し、決定するための会議である閣議に出席し、意見を述べる役割を担います。山県勝見は、国務相として、内閣の重要事項について審議し、決定を行うことに携わりました。

1948年10月には、吉田茂が組閣した第二次吉田内閣で厚生大臣に任命されました。厚生大臣は、国民の健康と福祉を推進するための施策を立案・実施する役割を担います。山県勝見は、厚生大臣として、国民の健康と福祉を向上させるための施策を推進しました。

山県勝見は、吉田内閣で国務相および厚生大臣を歴任し、内閣の重要事項について審議し、決定を行うとともに、国民の健康と福祉を向上させるための施策を推進しました。

山県勝見の多彩な活動と功績

山県勝見の多彩な活動と功績

– 山県勝見の多彩な活動と功績

山県勝見は、昭和時代の実業家、政治家です。1892年(明治25年)、広島県に生まれました。東京帝国大学卒業後、安田保善社に入り、調査局長、総務部長などを歴任しました。1936年(昭和11年)に安田保善社理事長に就任しました。

山県勝見は、実業家としてだけでなく、政治家としても活躍しました。1945年(昭和20年)に貴族院議員に勅選されました。1947年(昭和22年)に公職追放の対象となりましたが、1951年(昭和26年)に解除されました。1953年(昭和28年)に衆議院議員に当選し、1955年(昭和30年)から1957年(昭和32年)まで通商産業大臣を務めました。

山県勝見は、実業家、政治家として、日本の経済界と政界に大きな影響を与えました。

以下に、山県勝見の多彩な活動と功績を具体的に紹介します。

-# 1. 安田保善社での活躍

山県勝見は、安田保善社に入り、調査局長、総務部長などを歴任した後、1936年(昭和11年)に理事長に就任しました。安田保善社の理事長として、山県勝見は、社会福祉事業の充実や、経済界との連携強化などに努めました。また、安田保善社を財団法人化し、その基礎を固めました。

-# 2. 政治家としての活躍

山県勝見は、1945年(昭和20年)に貴族院議員に勅選されました。貴族院議員として、山県勝見は、戦後日本の復興に尽力しました。また、1947年(昭和22年)に公職追放の対象となりましたが、1951年(昭和26年)に解除されました。

その後、山県勝見は、1953年(昭和28年)に衆議院議員に当選しました。衆議院議員として、山県勝見は、1955年(昭和30年)から1957年(昭和32年)まで通商産業大臣を務めました。通商産業大臣として、山県勝見は、日本の経済成長に貢献しました。

-# 3. その他の活動

山県勝見は、実業家、政治家として活躍する傍ら、財団法人日本生産性本部総裁、財団法人日本貿易振興会会長、財団法人国際協力事業団理事長などの要職も歴任しました。また、山県勝見は、国際協力にも尽力し、1960年(昭和35年)に国際協力事業団を設立しました。国際協力事業団は、開発途上国への技術協力や経済協力を行う機関です。

山県勝見は、実業家、政治家として、日本の経済界と政界に大きな影響を与えた人物です。また、山県勝見は、社会福祉事業の充実や、国際協力にも尽力しました。山県勝見は、日本の近代化に貢献した人物として、高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました