三好重夫 – 昭和時代の官僚

三好重夫 – 昭和時代の官僚

三好重夫の生涯

三好重夫の生涯

三好重夫の生涯

三好重夫は、1909年(明治42年)に東京都に生まれた。1931年(昭和6年)に東京帝国大学法学部を卒業し、同年大蔵省に入省した。大蔵省では、主税局や理財局などを歴任し、1942年(昭和17年)には主計局長に就任した。

1945年(昭和20年)、三好重夫は終戦処理のために内閣総理大臣秘書官に就任した。戦後は、経済安定本部事務局長や経済企画庁長官などを歴任し、1952年(昭和27年)には大蔵大臣に就任した。大蔵大臣在任中は、ドッジ・ラインと呼ばれる緊縮財政を実施した。

1956年(昭和31年)に三好重夫は退官し、その後は日本銀行総裁や日本輸出入銀行総裁などを歴任した。また、1964年(昭和39年)には国民生活審議会長に就任し、国民生活の向上に努めた。

三好重夫は、1999年(平成11年)に東京都で死去した。享年90歳。

三好重夫の経歴

三好重夫の経歴

-# 三好重夫の経歴

三好重夫は、1909年(明治42年)3月8日に、奈良県奈良市に生まれた。東京帝国大学法学部を卒業後、1933年(昭和8年)に大蔵省に入省した。入省後は、主計局や理財局で勤務し、1941年(昭和16年)に主計局主計官に就任した。

1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結すると、三好はGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の財政顧問を務めた。その後、1946年(昭和21年)に大蔵省主計局長に就任し、1948年(昭和23年)には大蔵次官に就任した。

1952年(昭和27年)、三好は経済安定本部総務長官に就任し、経済安定政策を推進した。1954年(昭和29年)には、経済企画庁長官に就任し、経済成長政策を推進した。

1960年(昭和35年)、三好は内閣総理大臣に就任した。三好内閣は、所得倍増計画を推進し、日本経済の高度成長をもたらした。1964年(昭和39年)には、東京オリンピックが開催され、日本は世界にその存在感を示した。

1965年(昭和40年)、三好は内閣総理大臣を退任し、1970年(昭和45年)に死去した。

三好重夫の功績

三好重夫の功績

-# 三好重夫の功績

三好重夫は、昭和時代の官僚です。1901年に岩手県に生まれ、1924年に東京帝国大学を卒業しました。その後、大蔵省に入省し、主計局長、理財局長などを歴任しました。1945年に大蔵次官に就任し、1946年に財務次官に就任しました。1948年に退官し、1949年に第一勧業銀行の頭取に就任しました。1954年に辞任し、1955年に死去しました。

三好重夫は、戦後の日本の財政再建に尽力しました。戦後、日本の財政は赤字続きで、インフレが進行していました。三好重夫は、緊縮財政を断行し、インフレの抑制に努めました。また、税制改革を行い、税収を増やしました。これらの政策により、日本の財政は健全化に向かいました。

三好重夫は、日本の経済復興にも尽力しました。三好重夫は、財政再建を進めながら、同時に経済政策にも力を入れていました。三好重夫は、民間企業への融資を増やし、公共事業を推進しました。これらの政策により、日本の経済は復興に向かいました。

三好重夫は、日本の財政再建と経済復興に尽力した功績が高く評価されています。三好重夫は、日本の戦後復興の立役者の一人と言われています。

タイトルとURLをコピーしました