三好英之 – 大正から昭和時代の政治家

三好英之 – 大正から昭和時代の政治家

政治家としての経歴

政治家としての経歴

-政治家としての経歴-

三好英之は、1883年(明治16年)10月10日に、広島県広島市で三好主税の二男として生まれた。1908年(明治41年)東京帝国大学法科大学を卒業し、司法官試補となる。1910年(明治43年)には、広島地方裁判所判事に任命された。

1912年(大正元年)に、三好英之は政治家としての道を歩み始める。第11回衆議院議員総選挙に広島県第1区から立候補し、当選を果たした。三好英之は、立憲政友会に所属し、政界で活躍した。

1914年(大正3年)に、三好英之は憲政会に入党し、引き続き政治活動を行った。1918年(大正7年)には、第14回衆議院議員総選挙で当選し、衆議院議員を3期務めた。

1924年(大正13年)の第15回衆議院議員総選挙では、三好英之は落選したが、1928年(昭和3年)の第16回衆議院議員総選挙で当選し、衆議院議員に返り咲いた。三好英之は、昭和初期の政界で、立憲政友会の重鎮として活躍した。

1932年(昭和7年)に、三好英之は内閣書記官長に任命され、政権の中枢で活躍した。1934年(昭和9年)には、文部大臣に就任し、教育政策を担当した。

1936年(昭和11年)に、三好英之は衆議院議員を引退し、政界から引退した。1939年(昭和14年)12月27日に、三好英之は死去した。享年56歳であった。

早稲田大学での教育

早稲田大学での教育

– 三好英之 – 大正から昭和時代の政治家

-# 早稲田大学での教育

三好英之は、早稲田大学で法学を学びました。彼は、1912年に早稲田大学専門部政治経済学科に入学し、1916年に卒業しました。在学中は、学生自治会の委員長を務めるなど、積極的に学生運動に参加しました。また、早稲田大学弁論部にも所属し、弁論大会で活躍しました。

早稲田大学卒業後は、三好は朝日新聞社に入社しました。朝日新聞社では、記者として活躍し、1920年に政治部記者になりました。政治部記者としては、政党や政治家の動向を報道し、政界の裏側を暴く記事を多く書きました。

1924年、三好は朝日新聞社を退社して政界入りしました。彼は、第15回衆議院議員総選挙に立候補し、当選を果たしました。衆議院議員としては、憲政会に所属し、文部政務次官や郵政政務次官を歴任しました。

1932年、三好は憲政会を離党して昭和会を結成しました。昭和会は、政党政治の弊害を打破し、国家改造を目指して結成された政党でした。三好は、昭和会の幹事長に就任し、政党政治の改革を訴えました。

1936年、昭和会は政友会と合同して政友本党を結成しました。政友本党は、戦前最大の政党であり、三好は政友本党の幹部として活躍しました。

1942年、三好は翼賛政治体制協議会の会長に就任しました。翼賛政治体制協議会は、戦時体制を強化するために結成された組織であり、三好は翼賛政治体制協議会の会長として、戦時体制の整備に取り組みました。

1945年、日本は太平洋戦争に敗北しました。三好は、翼賛政治体制協議会の会長を辞任し、政界を引退しました。戦後は、著述活動に専念し、1952年に亡くなりました。

鳥取県出身の政治家

鳥取県出身の政治家

-鳥取県出身の政治家-

三好英之は、鳥取県出身の政治家で、衆議院議員を17期務めた。自由党、進歩党、立憲民政党の党員であり、若槻礼次郎内閣第2次政権の農林大臣を務めた。

三好は、1870年(明治3年)に鳥取県八頭郡岩美村(現・岩美町)に生まれた。1896年(明治29年)に東京帝国大学農科大学を卒業後、農商務省に入省した。1903年(明治36年)に農商務省を退官し、1904年(明治37年)に第10回衆議院議員総選挙に自由党公認で鳥取県第一区から立候補し、当選した。

三好は、自由党、進歩党、立憲民政党の党員として、衆議院議員を17期務めた。1931年(昭和6年)に若槻礼次郎内閣第2次政権の農林大臣に就任し、1932年(昭和7年)まで務めた。

三好は、1946年(昭和21年)に公職追放となり、1948年(昭和23年)に解除された。その後、1952年(昭和27年)に第25回衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。

三好は、1953年(昭和28年)に死去した。

タイトルとURLをコピーしました