三輪寿壮 – 大正・昭和期の政治家、弁護士

三輪寿壮 – 大正・昭和期の政治家、弁護士

労働農民党の初代書記長から衆議院議員へ

労働農民党の初代書記長から衆議院議員へ

労働農民党の初代書記長から衆議院議員へ

三輪寿壮は、1926年に結成された労働農民党の初代書記長を務め、1928年の第16回衆議院議員総選挙で衆議院議員に当選しました。

この選挙では、労働農民党は12議席を獲得し、衆議院の第3党となりました。三輪寿壮は、労働農民党の党首として、社会政策や農民政策を推進し、労働者や農民の権利向上に努めました。

しかし、1931年に労働農民党は解散し、三輪寿壮は政界を引退しました。その後、彼は弁護士として活動し、1953年に83歳で亡くなりました。

三輪寿壮は、大正・昭和期の政党政治において重要な役割を果たした政治家の一人であり、彼の功績は今日でも高く評価されています。

戦時中の産業報国会の役職

戦時中の産業報国会の役職

戦時中の産業報国会の役職

三輪寿壮は、戦時中、産業報国会の役職を歴任しました。産業報国会は、1941年(昭和16年)に設立された団体で、戦時下の産業政策を推進し、国民の戦意を高揚させることを目的としていました。三輪寿壮は、1942年(昭和17年)に産業報国会の理事に就任し、翌1943年(昭和18年)には副総裁に就任しました。産業報国会では、戦時下の生産増強や国民の戦意高揚のための各種事業を推進し、戦時体制の強化に貢献しました。

戦時下の産業報国会の事業には、次のようなものがありました。

* 戦時下の生産増強のための各種施策の実施
* 国民の戦意を高揚させるための講演会や座談会の開催
* 戦時下の生活必需品の配給や価格統制の実施
* 戦時下の労働力確保のための各種施策の実施

三輪寿壮は、産業報国会の役職に就くことで、戦時下の産業政策の推進や国民の戦意高揚に貢献しました。

戦後、三輪寿壮は産業報国会の役職を辞任し、1946年(昭和21年)に公職追放の対象となりました。しかし、1951年(昭和26年)に公職追放が解除され、1952年(昭和27年)に参議院議員に当選しました。三輪寿壮は、その後、農林大臣や法務大臣を歴任するなど、政界で活躍しました。

戦後の東京第二弁護士会会長と衆議院議員

戦後の東京第二弁護士会会長と衆議院議員

戦後の東京第二弁護士会会長と衆議院議員

三輪寿壮は、戦後、東京第二弁護士会会長に選出され、1946年から1947年までその任を務めました。東京第二弁護士会は、戦前からの弁護士会の流れを汲む団体で、戦後、東京弁護士会と改称されました。三輪寿壮は、東京弁護士会の会長として、戦後の司法改革に尽力しました。

また、三輪寿壮は、1946年の総選挙で衆議院議員に当選し、以後、5期連続で当選しました。衆議院議員在任中は、法務委員長や懲罰委員長など、重要な役職を歴任しました。三輪寿壮は、衆議院議員として、戦後の日本の法整備や民主化に貢献しました。

三輪寿壮は、戦後、東京第二弁護士会会長と衆議院議員を務め、戦後の日本の法整備や民主化に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました