ボース- インドの独立運動家

ボース- インドの独立運動家

ガンジーと対立し離党した男

ガンジーと対立し離党した男

– ガンジーと対立し離党した男

ボースは、インド独立運動において、ガンジーと対立し、インド国民会議派を離党して独立運動を展開した人物である。1897年にオリッサ州のカットタックで、裕福な弁護士の家に生まれた。

ボースは、カルカッタ大学とケンブリッジ大学で学び、弁護士となる。1921年にインド国民会議派に参加し、1923年にはガンジーの指導する非協力運動に参加して投獄される。1927年に釈放されてからは、インド国民会議派の左派を率いて、ガンジーの穏健な方針を批判した。

1939年に、ボースはインド国民会議派を離党し、インド国民軍を結成して、イギリスに対して武力闘争を開始した。1941年に、ボースは日本軍の支援を受けてビルマ(現在のミャンマー)に進攻し、イギリス軍と戦った。しかし、1945年に日本軍が敗北すると、ボースも姿を消した。

ボースの死については、さまざまな説がある。1945年に飛行機事故で死亡したという説、1947年にソ連で死亡したという説、1952年に北京で死亡したという説などがある。しかし、彼の死の真相は今もなお不明である。

ボースは、インド独立運動の英雄として、今もなおインド国民に尊敬されている。彼の功績は、インド国民会議派の右派と左派の対立を深め、インド独立後の政局を不安定にしたとされる。しかし、その一方で、ボースの武力闘争は、イギリスに対してインド国民の独立への決意を示し、インド独立運動を加速させる効果があったとも言われている。

反英運動で拘留され,のちドイツへ脱出

反英運動で拘留され,のちドイツへ脱出

-反英運動で拘留され、のちドイツへ脱出-

ボースは、1920年代にインド国民会議の中心人物となり、非暴力の市民的不服従による独立運動を主導した。しかし、1930年にイギリス当局によって逮捕され、投獄された。2年間の獄中生活の後、ボースは釈放されたが、すぐにまた反英運動に参加した。1939年、第二次世界大戦が勃発すると、ボースはイギリスとドイツのどちらかの支援を受けてインド独立運動を進めるべきだと主張した。この意見はインド国民会議の主流派とは対立し、ボースはインド国民会議を脱退した。

1940年、ボースはヨーロッパに渡り、ドイツに亡命した。ドイツでは、ボースはインド国民軍を組織し、イギリス軍と戦った。インド国民軍は、1942年にイギリス軍によって撃破されたが、ボースは日本に逃亡した。日本の支援を受けて、ボースは1943年にビルマ(現ミャンマー)に臨時政府を樹立した。しかし、日本が1945年に終戦を迎えると、臨時政府も瓦解した。

ボースは、終戦直後に日本軍の飛行機で台湾に向かう途中で、乗っていた飛行機が消息を絶った。ボースの死に関しては、さまざまな説があるが、真相は依然として明らかになっていない。

自由インド仮政府を樹立したボース

自由インド仮政府を樹立したボース

-自由インド仮政府を樹立したボース-

スバス・チャンドラ・ボースは、インドの独立運動家であり、自由インド仮政府の初代首相であった人物です。

1897年1月23日、ベンガル州のカットタックに生まれました。カルカッタ大学で学び、1919年に卒業しました。その後、イギリスに留学し、ケンブリッジ大学で経済学を学びました。

イギリスで留学している間に、ボースはインドの独立運動に参加しました。インド国民会議に参加し、1921年にはインド国民軍を組織しました。1922年に逮捕され、1年間投獄されました。

1927年に釈放された後、ボースはインドに戻りました。インド国民会議の指導者として活躍し、1939年には議長に選出されました。しかし、ボースはインド国民会議の穏健な方針に不満を持ち、1940年にインド国民会議を離党しました。

ボースは、インドの独立を達成するためには武力闘争が必要であると考え、1941年にドイツに渡りました。ドイツでインド国民軍を再組織し、1943年には自由インド仮政府を樹立しました。

ボースは、自由インド仮政府の首相として、日本軍と協力してイギリス軍と戦いました。1944年には、ビルマで日本軍とともにイギリス軍と激戦を繰り広げました。しかし、1945年8月に日本が降伏したため、ボースのインド独立運動は失敗に終わりました。

ボースは、1945年8月18日に台湾で飛行機事故で死亡したとされています。しかし、ボースの死には多くの謎があり、現在でもその死因は不明です。

ボースは、インドの独立運動の英雄として、現在でも多くの人々に尊敬されています。

タイトルとURLをコピーしました