岡崎運兵衛 – 明治~大正時代の島根県の実業家・政治家

岡崎運兵衛 – 明治~大正時代の島根県の実業家・政治家

島根の新聞王 - 「山陰新聞」「松江日報」「松陽新報」の発刊

島根の新聞王 - 「山陰新聞」「松江日報」「松陽新報」の発刊

-島根の新聞王 – 「山陰新聞」「松江日報」「松陽新報」の発刊-

岡崎運兵衛は、明治~大正時代の島根県の実業家であり、政治家でもありました。島根県の新聞界に大きな影響を与えた人物として知られています。

岡崎運兵衛は、1855年(安政2年)に島根県松江市に生まれました。1874年(明治7年)に上京して東京専門学校(現・早稲田大学)に入学し、1880年(明治13年)に卒業しました。その後、島根県に戻り、1882年(明治15年)に松江市で「山陰新聞」を創刊しました。

「山陰新聞」は、島根県初の新聞であり、岡崎運兵衛は島根県の新聞王として知られるようになりました。1885年(明治18年)には、松江市で「松江日報」を、1891年(明治24年)には「松陽新報」を創刊しました。

岡崎運兵衛は、新聞経営だけでなく、政治活動にも熱心に取り組みました。1889年(明治22年)には、島根県議会議員に当選し、1904年(明治37年)には、衆議院議員に当選しました。1912年(大正元年)には、島根県知事に任命されました。

岡崎運兵衛は、1925年(大正14年)に亡くなりました。新聞経営と政治活動を通じて、島根県の近代化に貢献した人物として、現在もその功績が称えられています。

事業家としての顔 - 島根県農工銀行や松江電灯の設立

事業家としての顔 - 島根県農工銀行や松江電灯の設立

-事業家としての顔 - 島根県農工銀行や松江電灯の設立-

岡崎運兵衛は、実業家としても成功を収めました。1898年(明治31年)には、島根県農工銀行を設立しました。島根県農工銀行は、島根県内の農家や工業者に対して融資を行い、農業や工業の発展に貢献しました。また、1905年(明治38年)には、松江電灯を設立しました。松江電灯は、松江市に電気を供給し、近代化に貢献しました。これらの事業により、岡崎運兵衛は島根県の経済発展に大きく貢献しました。

岡崎運兵衛は、島根県農工銀行の設立にあたり、島根県知事や島根県議会議員など、政界や財界の有力者と協力して、資金を集めました。また、松江電灯の設立にあたり、東京電灯の社長である渋沢栄一や、松江市の有力者である堀江荘一らと協力して、事業を進めました。

岡崎運兵衛は、実業家として成功を収めただけでなく、社会貢献にも熱心でした。1908年(明治41年)には、松江市に岡崎記念館を建設しました。岡崎記念館は、松江市の歴史や文化を紹介する施設として、現在でも多くの人々に親しまれています。

政治家として - 衆議院議員として7回当選

政治家として - 衆議院議員として7回当選

-政治家として - 衆議院議員として7回当選-

岡崎運兵衛は、明治~大正時代の島根県の実業家・政治家である。1867年に島根県鹿足郡〔現在の津和野町〕に生まれ、1892年に東京法学院を卒業した。

卒業後は、司法官僚として裁判官や検察官を歴任し、その後は弁護士として活動した。1902年に第7回衆議院議員総選挙に島根県第1区から立候補し、当選した。以後、7回連続当選を果たし、衆議院議員として活躍した。

岡崎運兵衛は、衆議院議員として法務委員長や予算委員長などの重要ポストを歴任し、司法制度や財政問題などに関して積極的に発言した。また、島根県の発展に尽力し、鉄道や道路の整備、産業振興に貢献した。

1924年に死去するまで、衆議院議員として島根県民の利益のために尽力した。島根県における功績を称え、津和野町には岡崎運兵衛の銅像が建立されている。

タイトルとURLをコピーしました