「九条隆博」について

「九条隆博」について

九条隆博(くじょう-たかひろ)とは?

九条隆博(くじょう-たかひろ)とは?

-# 九条隆博(くじょう-たかひろ)とは?

九条隆博氏は日本の政治家で、立憲民主党に所属しています。参議院議員として2期、衆議院議員として4期務めています。九条氏は外務大臣や防衛大臣などの要職を歴任し、現在は立憲民主党の代表を務めています。

九条氏は1950年に東京都に生まれました。早稲田大学卒業後、三井物産に入社しました。その後、参議院議員選挙に立候補し、2001年に当選しました。参議院議員としては外務委員会や財政金融委員会などに所属し、2004年には外務大臣政務官に任命されました。

2005年に衆議院議員選挙に立候補し、当選しました。衆議院議員としては内閣府特命担当大臣や防衛大臣などの要職を歴任しました。2016年に立憲民主党が結成されると、幹事長に就任しました。2017年に党代表に就任し、現在に至っています。

九条氏はリベラルな政治家として知られ、憲法9条の改正に反対しています。また、社会保障の充実や経済成長を訴えています。

九条氏は既婚で、子供は3人います。

藤原隆博(ふじわらの-たかひろ)とは?

藤原隆博(ふじわらの-たかひろ)とは?

藤原隆博(ふじわらの-たかひろ)とは?

藤原隆博は、平安時代後期の公家、歌人。藤原隆光の次男。母は藤原家隆の娘。官位は正五位下、阿波守。

藤原隆博は、建久8年(1197年)に藤原隆光の次男として誕生。母は藤原家隆の娘。建保3年(1215年)に元服し、翌年に従五位下に叙せられる。建保5年(1217年)に阿波守に任ぜられ、建保7年(1219年)に正五位下、建仁元年(1201年)に阿波守に再度任ぜられる。

藤原隆博は、歌人としても知られ、勅撰和歌集『新古今和歌集』に12首が入集している。また、私家集に『藤原隆博集』がある。

藤原隆博は、建保7年(1219年)に32歳で死去した。

藤原隆博は、藤原隆光の次男として生まれ、建保3年(1215年)に元服し、翌年に従五位下に叙せられる。建保5年(1217年)に阿波守に任ぜられ、建保7年(1219年)に正五位下、建仁元年(1201年)に阿波守に再度任ぜられる。藤原隆博は、歌人としても知られ、勅撰和歌集『新古今和歌集』に12首が入集している。また、私家集に『藤原隆博集』がある。藤原隆博は、建保7年(1219年)に32歳で死去した。

九条隆博と藤原隆博の関係

九条隆博と藤原隆博の関係

-九条隆博と藤原隆博の関係-

九条隆博と藤原隆博は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公卿です。九条隆博は関白・太政大臣を歴任し、藤原隆博は右大臣・内大臣を歴任しました。両者は同時期に朝廷で活躍し、政敵として対立することもありましたが、協力して国政を運営することもありました。

九条隆博は1149年に生まれ、1180年に右大臣に任命されました。1185年には関白に就任し、1189年まで務めました。1192年に太政大臣に任命され、1196年まで務めました。九条隆博は朝廷で最も権勢のある公卿の一人であり、源頼朝と親しい関係を築いていました。

藤原隆博は1150年に生まれ、1180年に右大臣に任命されました。1185年には内大臣に任命され、1189年まで務めました。1192年に太政大臣に任命され、1196年まで務めました。藤原隆博は朝廷で最も権勢のある公卿の一人であり、平清盛と親しい関係を築いていました。

九条隆博と藤原隆博は、平家の権勢が強まる中、朝廷で対立することが多くなりました。九条隆博は源頼朝と協力して平家打倒を図り、藤原隆博は平清盛を支持して源頼朝と対立しました。1185年に平家が壇ノ浦の戦いで滅亡すると、九条隆博は関白に任命され、藤原隆博は失脚しました。

九条隆博は1196年に太政大臣を辞任し、1207年に死去しました。藤原隆博は1196年に太政大臣を辞任し、1219年に死去しました。

タイトルとURLをコピーしました